【次世代エクステの秘密③】馴染むエクステはこうして生まれた!〜次世代エクステ開発秘話〜

客単価5万円でも予約が取れない超人気サロンの裏側を明かす「次世代エクステの秘密」連載企画第3弾。前回の記事では、次世代エクステの技術的特徴について聞いた。今回は、山本氏がどのようにして次世代エクステを習得したのか?その開発秘話を明らかにする。

「次世代エクステの秘密」LINE@を友達追加すると、対談音声が聞けます。

友だち追加

(もしくは「@vij3373e」でID検索をお願いします)

「自然に馴染むエクステ」を探求し続けた20年

仁藤洋平
こんにちは。仁藤です。今日も次世代エクステについて話していきたいと思います。山本さん、よろしくお願いします。
山本智昭
よろしくお願いします。
仁藤洋平
今回で3本目になるんですけども、前回は「今までのエクステの問題点」と次世代エクステがその問題点を解消できてるというところで話してきました。

今回は山本さんが「どうやって今の次世代エクステの技術に行きついたのか」というところを話していきたいんですが、最初にエクステに注目したのって、どういったキッカケだったんでしょうか?

「エクステを武器にしたい」と美容師初期から注目

次世代エクステの秘密「なぜエクステに興味を持ったかというと…」

山本智昭
20年ぐらい前に美容師になったんですけど、その時からエクステにちょっと興味があったんですね。
仁藤洋平
最初は普通の美容師さんだったんですか。
山本智昭
そうです。普通の美容師です。

で、就職するときにエクステをやってるお店を探してたんですよ。その当時「エクステって何だ?」っていう。やってるところがほとんどなかったんですよ(笑)そこで、エクステをやってる美容室に就職して。

エクステを武器にしたかったんですね、自分の中で。人と違うもので戦いたいっていう思いなんで。エクステを武器にしてる人ってあんまりないので、それ(エクステ)を自分の武器にしたくて「もっと習得したいな」と思ってエクステを学んでいったっていう感じですね。

宣伝なしでも客が溢れかえったギャルブーム時代


90年代ギャルブームのイメージ(Google検索)

仁藤洋平
なるほど。

これを聞いてる人って普通の美容師さんがすごく多いと思うんですけど「何でわざわざエクステに注目したのかな」って思ってる人がいると思うし、何でそれを導入して技術を身に着けようかなと思った方もいると思うので、今回こうやってお話を聞いてるんですけど。

やっぱりエクステを自分で習得するようになってから、エクステブームっていうのがあったと思うんですよね。そのときはどうだったんですか。やはり繁盛もしたんですか?

山本智昭
そうですね。その時はもうすごかったです。

エクステブームの時は宣伝なんかしなくても、お客さんが溢れかえってました

でもその時は、ギャルとか高校生ばっかりです。

仁藤洋平
山本さんが自分のお店を出されたときは、もうエクステブームだったんですか?
山本智昭
そうです。もともと働いていた系列店を任された時が、ブームだったんです。ブームの時はまだ独立してなくて、雇われ店長。
仁藤洋平
なるほど。

ギャルブーム終焉で一気にどん底に

仁藤洋平
でも、それがずっと続いたわけではなかった?
山本智昭
そうですね。何年か、ずーっと続いたんですよ。

何年か続いたんですけど、ブームが去った時に、従業員に給料を払うのがやっとだったりとか、材料費を払えなかったりとか。そのブームが去った…去りそうなときに独立したんですよ。

仁藤洋平
(笑)そうだったんですか。
山本智昭
そうです(笑)

去りそうなときに独立して、そのときに従業員がいたんですけど、もう給料を払うのがやっとだったり、材料費も払えなかったり、遅れちゃったりとか。

家賃、光熱費が払えるかどうかドキドキするみたいな。毎月、そういう生活でしたね。

次世代エクステの秘密「ギャルブームの後はどん底でした」

仁藤洋平
かなりタイミングが悪かったですね。
山本智昭
そうです。悪かったです。ちょうど、落ち気味な時に(笑)そうなんです。
仁藤洋平
それはギャルブームというか、そういったときですよね。
山本智昭
はい、ギャルブームのとき。

「ギャル・高校生向け」ではお客さんの息が短い

次世代エクステの秘密「そこで店のスタイルを変えたんですか?」

仁藤洋平
じゃあ、そこからなんで今の次世代エクステにたどり着いたんですかね。
山本智昭
それまで高校生とかギャルとかっていうのをターゲットにしてたんですけど、そうすると、うちのお店が「高校生サロン」「ギャルの行く店」というイメージが付いちゃったんです。
仁藤洋平
まあ、そうでしょうね。
山本智昭
そうすると、高校を卒業すると来なくなったりとか、20歳超えたら全く来なくなるということが起きてしまって、そこで何か悲しいなと思って、ターゲットを変えようと決意したわけです。
仁藤洋平
なるほど。お客さんの息が短いというか。
山本智昭
そうです、そうです。
仁藤洋平
リピートしてもほんと高校生だけとか、その子のその時のブームで終わりとか。
山本智昭
そうそう、終わりみたいな(笑)
仁藤洋平
山本さんに頼む理由がないですもんね。お店に行く理由が。
山本智昭
そうそう、理由がなくなるんです。

「大人のエクステ」に店のスタイルを変更

仁藤洋平
そこで大人のエクステってとこなんですね。
山本智昭
そうです。そこを目指そうって思ったんですよね。
仁藤洋平
要は、ギャルの子もギャルを卒業した後にも来てもらえたりとか。ギャルじゃない一般の人にも来てもらいたいっていうとこで、大人のエクステというのを考えついたというとこなんですね。
山本智昭
そうですね。

徹底的なアンケート調査で「次世代エクステ」のヒントを発見

仁藤洋平
でも、山本さんがそれまで得た技術が、そのまま大人のエクステのターゲットの方々に提供できるものだったんですか?
山本智昭
いや、またそこでやっぱいろいろ勉強しました。自分の中で。

まず、来たお客さんに「今までどこで付けてたか」「何が嫌だったか」とか今までの不満を全部聞いていったんですよ、新規のお客さんに。徹底的に。

仁藤洋平
そういうとこから始めたんですね。
山本智昭
アンケートを徹底的に取って…
仁藤洋平
すごい、素晴らしい。
山本智昭
「あ、じゃあ、その逆をやりゃあいいじゃん」っていうことですよね(笑)
仁藤洋平
なるほどねえ。じゃあ、地道にそういうアンケートというのを取っていったんですね。
山本智昭
そうです。もうみんなの不満を聞いて。
仁藤洋平
それがまさに前回、2本目の音声で話していただいた問題点だったんですね。 で、それの逆をやろうと。
山本智昭
そう。「逆をやればいい」っていう話ですよね。

エクステを理解している美容師がいない

仁藤洋平
全て改善させればいいっていうとこですよね。そこからご自身で練習とか勉強をしたんですか。
山本智昭
そうです。で、やっぱりエクステを理解してる美容師さんがいないって分かったんですよ。日本に。

だから「これはもう自分で研究しなきゃいけない」ってなって、自分でいろいろ研究してエクステの理論っていうのを確立したんです、自分の中で。

仁藤洋平
なるほどですね。じゃあ、もう全く新しいというか、山本さんだけの知識と技術なわけですね。
山本智昭
そうです。
仁藤洋平
そうですよね。要は今までアンケートを山本さんが取っていって、いろんなサロンでやられてきたお客さんが、いろいろと問題点を出してくれたわけですよね。
山本智昭
そうです、そうです。
仁藤洋平
で、1個もそれを改善できているお店が無かったわけですもんね。
山本智昭
ないです。
仁藤洋平
だから山本さんは、独自で研究&練習して生み出した理論があるっていうことですね。
山本智昭
そうです。

美容師が分からないことは、お客様も分からない

山本智昭
やっぱり美容師さんがエクステのことを分かってないので、当然お客さんも分かってないじゃないですか。
仁藤洋平
当然そうですね(笑)
山本智昭
そうですよね。なので、お客さんに教えなきゃと思ったんですよ。「エクステってこういうもんなんだよ」とか。そこを説明してくれる店がないので、付ける前にとことん説明するんですよ。

「なぜこの髪型が馴染まないか」とか「なぜこんだけ本数が必要なのか」っていうのをちゃんと納得いくまで説明して、それで納得した人だけをやるっていう感じです。だから当然こんだけ値段いきますよっていうのを分かってもらえるので。

次世代エクステの秘密「お客さんに教えてあげないといけないんです」

仁藤洋平
なるほどですね。山本さんのお店は5万とか単価を取ってるけど、それなりに材料費がかかってるんですよね。
山本智昭
そうです。材料費も掛かるので。
仁藤洋平
そりゃそうですね。「そりゃあの単価になるよ」っていうのが、お客さんもイメージしやすいってことですよね。
山本智昭
そうです、そうです。
仁藤洋平
たぶん、今までいろんなところでエクステをやられてるお客さんが、山本さんのとこに駆け込んで来たりもすると思うんで。

今までのエクステを受けてきたときに、じゃあエクステ何本付けたらいくらとかいうのもわかるから、それに対しての金額っていうのがイメージもしやすいですしね。

山本智昭
そうですね。
仁藤洋平
そうですよね。そこから始めなきゃいけないんですよね。今までのイメージが悪すぎるから……
山本智昭
そう。一から全部。
仁藤洋平
安いエクステもやって来ちゃったりもしてるし。
山本智昭
そうです、そうです。
仁藤洋平
「だけどその分馴染まないよ」っていう話も山本さんが丁寧に…
山本智昭
ちゃんとして。はい。

ストレートでも馴染むエクステスタイルを発信

仁藤洋平
なるほど。それから次世代エクステを習得して、お客さんに提供するようになってからは、お店も上手く行き出したんですか?
山本智昭
そうですね。かなり上手くいきましたね。

ただ、最初はやっぱ「エクステ=ギャル」っていうイメージがすごくある中、大人のエクステなんて言ってるとこはうち以外全くなかったので(笑)ビフォー・アフターをどんどんネットとかで出しました。

しかも、ストレートで馴染むっていう。巻いたスタイルじゃないのをどんどん出していったんです。

次世代エクステの秘密
山本氏の美容室「セクション」のinstagram

仁藤洋平
なるほど。2本目の音声で言ってた…
山本智昭
「ストレートで馴染む」っていうのをどんどん出していって。1人1人教えていって、そこから口コミでどんどんちょっとずつ広めてもらってっていう。

そして現在は、予約の取れない超人気店に

次世代エクステの秘密「今はめちゃくちゃ繁盛してますよね(笑)」

仁藤洋平
で、僕のスクールに入ってネットでも発信する方法を覚えて。
山本智昭
そうです、そうです。 覚えて。
仁藤洋平
そしたらもう全国から来るようになったっていうことですよね。
山本智昭
そうですね。来るようになったっていう感じですね。
仁藤洋平
そこがすごいですよね。

やっぱりそれだけ確立したもの、本当に山本さんだけの技術だから、それは遠くからも来ていただけますよね。だって山本さんの店でしか、受けられないわけですからね。今はもう相当上手くいってるっていうことですよね。

山本智昭
そうですね。

1人では限界がある
次世代エクステを美容師に広めたい

仁藤洋平
お店はもう手一杯な感じですか。
山本智昭
そうですね。もっともっとエクステの本当の良さっていうのを知ってもらって、悩んでる人たちを助けてあげたいって思ってます。

次世代エクステの秘密「エクステの魅力を伝えていきたいんですよね」

仁藤洋平
なるほど、そうですよね。だって、山本さんは出来ても1日5人で、それも全国からもお客さんが来てるっていうことで。

例えば北海道の子なんて、なかなか山本さんの店には来れないわけですから、北海道の美容師さんに教えてあげて、北海道で悩んでる方にしてもらったりとか。

山本智昭
そうです。それが一番いいですよね。だから「お客さんがどの店に行っても馴染ませてあげたい」みたいな感じです
仁藤洋平
これ以上山本さんもやれないからってことですね。
山本智昭
そうです(笑)やれないので。
仁藤洋平
もう手一杯だから、ほかの美容師さんにお伝えして、世の中で髪が短すぎて悩んでたりとか、そういったお客さんに貢献してあげてくださいっていうことですよね。
山本智昭
そうですね。
仁藤洋平
なるほどですね。優しいですね(笑)
山本智昭
それだけ悩んでる人がいるってことなんです。
仁藤洋平
なるほどね。山本さんがエクステの良さを広げていきたい、広めていきたいという気持ちを本質的に持たれてるんですよね。

やっぱり今までの…というか今でも現在進行形でエクステのイメージって悪いと思うんですよ(笑)

山本智昭
そうです、悪いです。(笑)
仁藤洋平
そうですよね。でも、山本さん的にはエクステってこんなに素晴らしいものなんだよっていうことが、自分で気づけたし、エクステによって自分の人生も変わったわけじゃないですか。それを少しでも世の中に広めていきたいってことですよね。
山本智昭
そうですね。

今回のまとめ

次世代エクステの秘密「次回は具体的な技術を教えますよ」

仁藤洋平
今回、3本目の音声で山本さんがどういうきっかけでエクステと出会って、さらに次世代エクステまでたどり着いて、世の中に広めていきたいっていう気持ちもあるってことを聞いてきました。

で、今回この音声を聞いていて、たぶんその次世代エクステがどういうものなのかというか、どうやったら自分の身に着くのかとか、ポイントがあると思うんですよね。

それを次回の音声で山本さんに聞いていきたいなと思うんですけども、ある意味、飯のタネというか、そういうこと…

山本智昭
そうですね(笑)
仁藤洋平
そういうことも聞くことになっちゃうと思うんですけど、大丈夫ですかね。
山本智昭
大丈夫ですね。
仁藤洋平
大丈夫ですか。それもやっぱり広めていきたいっていう気持ちが…
山本智昭
そうそう、それがあるからです。
仁藤洋平
じゃあ「少しでも日本中の悩んでるお客さんを救えたら」っていう山本さんの気持ちから、次回の4本目の音声で、次世代エクステの技術のポイントを聞いていきたいと思いますので、音声を楽しみにしていただけたらなと思います。じゃあ、今日も山本さん、ありがとうございました。
山本智昭
ありがとうございました。

次世代エクステ開発の裏には、山本氏の並外れた情熱があった。次回は、次世代エクステの施術ポイントを明らかにする。

次の記事はこちら

【無料】LINE@友達追加で、記事掲載のお知らせ&対談音声プレゼント中!

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内6店舗の理美容室代表 【店舗経営者として】 理容師になり5年目に、前店長の突然の退職をキッカケに自身が店長に就任。5席で月商105万円、新規客ほぼゼロ、スタッフ3名の赤字床屋の経営を任される。その後2年間で、1席当たり70万円売り上げれば優秀とされる理美容業界で、月商500万円を売り上げる繁盛店になる。怒涛の衰退産業である理美容業界でこの数字は圧倒的。2018年9月には「Chill Chair 高円寺北口店」をオープンするなど新店舗を続々出店中。 【コンサルタントとして】 現在では他店舗のコンサルティングにも力を入れている。店の「ウリ」を発掘し、独自の「スタイル」を軸に売上アップを実現する手法で実績多数。クライアント数は累計350店舗以上(2018年10月現在)。業種は理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロン、治療院、製菓店、ワインショップ、眼鏡店、スポーツスクール、ダンススタジオ、通販など様々。エリアは北海道から沖縄まで日本全国、海外ではニューヨークなど各地にクライアントがいる。SEO対策に特化したホームページ制作も行なっており、制作実績は70店舗以上。全くのゼロベースからの新規出店プロデュースも手掛ける。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は、当時絶大な人気を得ていた芥川賞受賞作「火花」を抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得。さらに同年の「Amazon2015年大賞」を受賞した。2016年9月には4冊目となる著書「店舗系マーケター」を出版。 【メディア掲載実績】 ・メンズプレッピー2016年3月号掲載(表紙) ・メンズプレッピー2016年4月号掲載 ・テレビ東京経済情報番組「モーニングチャージ」2016年8月出演 ・・・など多数。