【実店舗・起業】ゼロから繁盛する4つの具体的な方法

warriors

どうも仁藤です。

「顧客もいない状態でオープンして、繁盛させるにはどうすればいいの?」

って聞かれることが多いんですね。

なぜそういった質問が多いのか?って、実店舗ビジネス系って、

「技術を習得したら独立できてしまうから」

です。

どうやったらお客様を集められるのか?
どうやったら売上を上げられるのか?
どうやったら繁盛させられるのか?

などの

「戦い方を教えてくれる人がいない」

んですね。

でも気持ちはスゴく分かるんです。
ワタクシもほんと困りましたので。。。泣

で、ちょっと戦い方についておベンキョすると、

“マーケティング戦略”とかって言葉が出てきて、

STP(セグメンテーション,ターゲッティング,ボジショニング)

だったりがあるのですが、

すごーーーく難しく聞こえますよね?笑

結局どうしたらいいのかも分からないし、
そういう横文字聞くだけで勉強する気が失せませんか?笑

ま、私が頭悪いからだけかもしれませんが。笑

けど、全然難しく考えなくてイイんですよ?

例えば、どんなスポーツだって、
試合前に相手のチームに勝つための戦い方を普通に考えますよね?

私はバスケットをやってましたが、

うちのチームは背が低いからオールコートマンツーマンで足を使って守り、
パス&ランで攻めて掻き回そう
相手が3ポイントシューターとビッグマンがいるなら
ボックスワンで守って速攻主体で攻めよう

とかね。

自分のチームの持ってる強み・弱みはなんなのか?
相手のチームに付け入る隙はないのか?
相手のチームに勝てる場所はどこなのか?

とかって普通に考えればいいだけ。

お店の戦い方もソレと一緒なんです。

アナタの、アナタの店の戦い方がありますので、
ぜひ難しく考えずに、シンプルに考えてみてくださいね。

そこら辺についてはpodcast音声

ゼロから繁盛する4つの具体的な方法

で話しているので、ぜひコチラから聴いてくださーい。

でわ。

仁藤

p.s.

podcastでは、皆様から送られてくる質問に答える、

「言わば、”公開コンサル”」

という形で毎週金曜日に音声配信していますので、

「自分も質問してみたい!」
という方は、こちらの質問フォームからお願いします〜

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。