【音声プレゼント】最短最速で新規出店から繁盛店へ「戦う前から勝ち戦にすること」

CHILL吉祥寺店スタッフ集合写真2

どうも仁藤です。

 

昨日もチラッと告知したのですが、

『新規出店(ゼロの状態)から
最短・最速で繁盛店になるための
戦略について』

“読者限定・特別音声”を録りました!

 

ぜひ、これから

・独立開業を考えてる方
・店舗展開を考えてる方
・繁盛店にしたい方
・仁藤に新規出店の相談をしたい方

は、下記リンクから聴いてみてくださいね!

 

【特別音声】ゼロから繁盛店になるための戦略

 

いつも相談者に伝えてる事が

「なんとなく」という判断
が一番ダメ

ってこと。

 

ちゃんと物事の判断には

「根拠」がないといけない

と伝えています。

 

どういうことか?

 

あなたも今
独立開業や店舗展開を
目指している中で

 

「なんとなく」という
判断をしていないか?

 

ということです。

 

「なんとなく、
あの物件がいいかな」

 

「なんとなく、
内外装はこんな感じがいいかな」

 

「なんとなく、
前の店のお客様も来てくれるだろうし
上手く行きそうだな」

 

といった感じで。

 

そういった判断のもと
店作りを進めてしまうと

 

なんの根拠もなく
ただの感覚でしかない
わけですから

 

「必ず失敗してしまう」

 

んですね。

 

僕に相談にくる方の多くが
「なんとなく」の積み重ねで
失敗し、経営に苦しんでいます。

 

それが例えば、

 

「裏道だけど
店も連なってるし
人通りも多いから
この物件にしよう」

 

「フレンチレトロなヘアスタイルを
提案したいから
フランスのノスタルジックな
内外装にしよう」

 

「前の店のお客様とも
しっかりLINEで繋がったし
新規集客ルートも増やしたし
あとはオープン日を待つのみ」

 

といった感じなら
どうでしょう?

 

「なんとなく」よりも
上手く行きそうな気が
しますよね?

 

このように物事の判断には

「根拠」がないといけない

わけです。

 

うちのスタッフにも
同じことを伝えています。

 

例えば、毎月のキャンペーンを

「今月はヘッドスパキャンペーンにしよう」

と判断する場合も、

 

そこに根拠はあるのか?と。

 

例えば

 

「講習で
特別なヘッドマッサージを
習得したから」

 

「先月、
目が疲れてるお客様が
多かったから」

 

「夏の紫外線による
抜け毛が気になる時期だから」

 

などなどです。

 

そういった
ヘッドスパキャンペーンにする
根拠があれば

 

お客様にも
アプローチ・セールスできる
わけです。

 

逆にそれが

「なんとなく」

という理由なら

 

お客様にどうやって
アプローチ・セールスすれば
いいのか?なんて

 

特に新卒スタッフなんかには
分からないわけですよね。

 

ということは、
そのキャンペーンをやっても
絶対に上手く行かない。

 

だったら、やらない方がイイ。

 

そう思いませんか?

 

それは

店作りも、全く同じ

なんです。

 

新規出店するにあたって

・物件選び
・内外装工事
・集客
・融資
・求人

などなど

 

やる事がたくさんあります。

 

それらを一つ一つ
進めるにあたって
全て根拠がないといけない。

 

根拠なく
店作りを進めてしまうから
上手く行かないんです。

 

とはいえ、その

「正しい根拠が分からない」

という方も多いはず。

 

そして、分からないから

「なんとなく」

進めて行ってしまう。

 

そうですよね?

 

そこで今回、
そういった方のために

 

『新規出店(ゼロの状態)から
最短・最速で繁盛店になるための
戦略について』

 

“特別音声”を配信しました。
(音声はこちら)

 

まず
新規出店から繁盛店にする上で
やる事を明確にすること。

 

そして
そのやる事すべての
正しい根拠を知ること。

 

こういう物件を選べば
上手く行くよね。

 

こういう内外装にすれば
他店と差別化できるよね。

 

こういう集客の仕組みを作れば
新規集客で困ることはないよね。

 

といった事を知ること。

 

そうすれば
失敗することは
絶対ありません。

 

そうすることで

「戦う前から、勝ち戦になる」

わけです。

 

その辺りを詳しく知りたい方は
ぜひ、下記リンクから特別音声を
聴いてくださいね!

 

【特別音声】繁盛する正しい根拠を知る

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。