【店舗・集客・広告】ムダな情報発信を”価値に変える”3つの秘訣

dangelo

どうも仁藤です。

先日YouTube集客実践講座のセミナーをやっていたんですが、
講座も終盤に差し掛かっても脱落者も全くいないし、
受講生同士で積極的に交流してくれて、

我ながら「良いコミュニティーだなー」と、感慨に耽っていました。笑

(たくさんのコミュニティーに入ってきた経験上、およそ半分の人は途中脱落しますからね。苦笑)

ただし。

実際に新規客が増えたり、講演依頼が来たりと、
いろいろな形で結果を出される人が増えてきた一方で、

「集客できそうもない動画」を作ってる人もいました。

なので、今日はそういう人が

・なぜそういった情報発信をしてしまうのか?
・どういう視点や思考が情報発信には必要なのか?
・どうすれば集客できる情報発信ができるようになるのか?

という事を解説しながら、

《ムダな情報発信を一瞬で価値ある情報発信に変える3つの秘訣》

について話して行きたいと思います。

動画だけでなく、文章でも音声でも同じです。

あなたもそういった情報発信をするときに、今日の話を抑えておかないと、

「無意味」「無価値」「無駄」

になってしまっている可能性がありますので、

情報発信をビジネスに繋げたい人は最後まで必ず読んでねー!

=================

情報=コンテンツ?

=================

まず前提として肝に銘じて欲しい1つ目の秘訣は、

『情報=コンテンツ』

だということ。

あなたが持っている情報が、相手が求めている情報であれば、
それは”価値あるコンテンツ”なのです。

例えば、車が好きで、修理とかも自分でやってしまうような人がいたとして。

「車検費用が格安になる!セルフ車検を簡単に通す方法」

みたいな情報発信をしてたとしたら。

それだけで、安く車検を通したい!って人からすれば、
「価値あるコンテンツ」じゃありませんか?

そうですよね?

なので、まず”情報=コンテンツ”だということを肝に銘じておいてください。

情報発信をビジネス利用したいと思っているのに、

今日は○○ランドに行って楽しかったです!
昨日は○○料理を食べて美味しかったです!
一昨日はテレビの○○番組を見て面白かったです!

みたいな、

「ただの自己満日記のような情報発信」は今すぐ辞めよう
ってこと。

念のため繰り返しますが、
情報発信をビジネス利用する気がないなら、ソレでも全然問題ありませんからね?笑

=================

情報発信がビジネスに繋がらない致命的な理油

=================

ではその上で。

多くの人の情報発信には、「なによりも重要な事」が抜けてしまっているんです。

それが2つ目の秘訣、

『アンビションを持つ』

という事。

※アンビションとは「大望・野望」などの意味。

そもそも「情報発信をするのは、ビジネス利用したいから」なワケで、

・集客したい
・商品を売りたい
・反応を伺いたい

などの、先を見据えた”アンビション”なく情報発信をしていると、

「無意味」「無価値」「無駄」な情報発信になり、

集客できないし、
商品も売れないし、
反応も取れないから、

どんどん情報発信する意義を感じず、続かなくなるんですね。

アナタはそんな事ありませんか?

例えば、
アンビションなく、なんとなくお店のチラシやPOPを作ったとしても、
なんの効果や結果が出ないから続かない、なんて事は容易にイメージできますよね?

当たり前ですが。笑

チラシやPOPも情報発信だし、ネットでのあらゆる情報発信すべて共通することなんです。

なので、

どういったお客様を集客して行きたいのか?
新しく仕入れたオススメ商品を売りたいのか?
将来どんな事をやって行こうと考えているのか?

など、

あなたが、店が、今なにをしたいのか?今後どうして行きたいのか?というアンビションを持ち、

『アンビションを達成するために情報発信する事』

が、なによりも重要だという事です。

=================

情報発信の存在意義

=================

と、いうことはですよ?

3つ目の秘訣

「情報発信を使って、ブロモーションする」

べきなんです。

アンビションを達成するために情報発信するのですから。

そうですよね?

例えば、私の床屋なら、

・ストリート系スタイルが好きな男性を集客したい
・近日発売予定のオリジナルシャンプーをバカ売れさせたい
・床屋のサービス・商品だけでなくライフスタイルを売って行きたい

というアンビションがあるので、

ストリート系ヘアスタイルの有名人のカット方法や、
そういったスタイルのセルフスタイリング方法などを、
YouTubeでアップしたり、

オリジナルシャンプーが発売される期日までに、
市販のシャンプーの危険性やシャンプーの選び方を
LINE@やメルマガで発信したり、

将来ファッションや音楽やスケボー事業などもやり、
CHILL CHAIRのライフスタイルを提唱して売って行きたいから、
今のうちから、その関連の情報発信をして匂わせておく。

そうやって

『情報発信を使って、プロモーション』

しているわけです。

プラス、先に伝えた通り、”情報=コンテンツ”なので、

「プロモーションしつつも、一つ一つの情報を”価値あるコンテンツ”にする」

という事をお忘れなく。

そうじゃないと、ただの宣伝になっちゃうので。
宣伝だけの情報発信ってウザいですからね。笑

って感じで、アホ面だからなんにも考えて無さそうに見えると思いますが、
ちゃんと考えてるんですよ?笑

けっこう大変そうに感じるかもしれませんが、当たり前の事しか言ってなくて、

・アンビジョンを持つ=目的設定をする
・コンテンツを作る=価値ある情報を作る
・プロモーションする=目的のための宣伝をする

という事だけです。

音楽フェスとかだって同じように情報発信してますよね?

例えば、ロックフェスだとしたら、

・○○年○月○日にロック好きを集客するために、
・出演バンドや、注目バンドの情報を
・あらゆるネット媒体などを使って宣伝する

って事をやってますよね?

ぜひアナタも、この

《ムダな情報発信を一瞬で価値ある情報発信に変える3つの秘訣》

を頭に叩き込んで、ビジネスに繋がる情報発信をして行ってくださいねー!

でわー。

にとー。

yohe-blog-footer10

相談

fb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。