US産!飽和市場で差別化する”最先端の方法”

yg

どうも面白い店を見つけた仁藤です。

その面白い店がこちら、

Dr.トレー二ング

です。

ホームページを見て頂ければ分かると思うのですが、

「カラダ作りにおいての
あらゆるプロフェッショナルが集まった
トレーニングジム」

なんですね。

すごく面白いですよね?

他のよくあるトレーニングジムに比べて、

・インパクトがあって
・競合他社と差別化できていて
・なかなかマネできるものでは無い

と思いませんか?

これこそが私がよく言ってる、

「”絶対領域化”ができている」

ということなんですね。

今って市場が飽和してますから、
どこも似たり寄ったりの店ばかり。

今後もどんどん店は増えて行きます。

そんな中で、Dr.トレー二ングのように、

プロフェッショナルとコラボした店を出す事で
競合店と差別化できるし、中々マネできない

わけです。

そう思いませんか?

アメリカ在住の成功者に聞いたところによると、

世界の最先端を行ってるアメリカでも多くなっていて、
流行ってる店は大抵プロフェッショナルとコラボしてる店

だそうです。

ってことは、私たちも

いち早く取り入れるべき

なんですね。

アメリカで流行ったものが、
数年後に日本に流れてくるのは
誰もが周知のことですから。

 

職人気質が邪魔をする”コラボ意識”

 

それなのに日本では、

1人でやたらと色んな技術や知識を身につけようとしたり、
店単体で何から何まであらゆるモノを取り入れようとしたり、

しちゃってる人(店)が本当に多い。

もちろんその意識は大事ですが、

あまりソコに執着しすぎると、
マスターするまでに時間がかかり過ぎるし、

結局プロレベルには及ばない、
中途半端なレベルで終わってしまう
ことが多いんです。

例えば、

美容室でオリジナルの服を作って販売してる店って
超中途半端だし、大抵ダサいし、笑

美容室でBARを併設してる店もありますが、
お酒の知識やノウハウは、
プロには絶対に負けるわけです。

または、

「ヘッドスパを導入しましたー」
って言ってる美容室より、

「ヘッドスパ専門店とコラボした店を作りました!」
って言ってる美容室の方が、

専門知識も豊富そうだし、
技術もしっかりしてそうだし、
なんか行きたくなりませんか?

そうですよね?

さらにソレだけじゃなく、

中途半端なレベルだと、
競合店に簡単にマネをされる

んですね。

ってことは、

「”絶対領域化”できてない」

ってことなんですよ。

そうですよね?

だから私は以前から、

「その道の”超プロ”とコラボしよう」

って言ってるんです。

その方が圧倒的に早いし、

中途半端なレベルで色々やってる店より、

「その道の”超プロ”とコラボした店」

の方が圧倒的にインパクトがあるし、中々マネできないでしょ?

だから私は、

アパレルの超プロ
ハンバーガーの超プロ
BARの超プロ

などとコラボした店を出そうと企ているんですね。

(他の超プロたちとも企画中。お楽しみに。笑)

今って10〜20年前より、

時代の流れの早さが
3倍以上になっている

と言われているほどなので、

すごくスピードが重要になっています。

プラス、

市場も飽和してるし
人口も減っていってる

ということも考えると、

Dr.トレー二ングのように

「超プロとコラボすること」

をいち早く取り入れ、

“絶対領域化”しておくべきなんですね。

 

超プロとコラボを実現する”2つ”のこと

 

とはいえ、

「どうしたらコラボなんてできるの?」
「仁藤さんの店だからコラボできるんでしょ?」

とかって思う人もいると思いますが、

僕がやったことは、

「2つ」

だけです。

それは、

・唯一無二のウリを作る事
・意識の高い人が集まる異業種コミュニティに入る事

です。

あなたの店がつまらなく、
魅力がなければ、
だれもコラボしたいなんて思わないし、

どんなにコラボしたい店があっても
その人が意識が低かったり、
現状で満足しちゃってる人だとしたら、
コラボは実現できませんし、

実現できたとしても、絶対に上手く行きません。

ですので、あなたも

・唯一無二のウリを作る
・意識の高い人が集まる異業種コミュニティに入る

ようにしてくださいね。

ウリ作りに関しては、
今後も詳しく伝えていきますが、

過去のメルマガやブログやpodcastでも
たくさん伝えてきている事なので、
過去の私の情報発信もチェックしてみてください。

また、

「仁藤に直接”ウリ”の相談をしたい」

ということであれば、

訪問コンサルもさせて頂きますので、
お気軽に連絡いただけたらと思います。
一回行けば一発でウリを作れますので。

(さすがに費用はいただきますが。笑)

 

編集後記:もうすぐ店舗系マーケター講座が始まります!

 

本日のブログはいかがでしたか?

もうすぐ私の新コミュニティ

「店舗系マーケター講座」

が始まります!

参加表明してくれた
意識の高い仲間と会えることが
楽しみすぎる!

絶対繁盛させるぞー!

今回参加できなかった方は、
またなにかしらで会える機会は設けたいと思いますので、
会いに来てくださいね。

では。

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。