アンダーグラウンドに”戦略”を

UNDERGROUND

ウチの床屋には

「原宿とか表参道の店で働いてカリスマになるんだ!」とか、
「厳しい店で切磋琢磨してガツガツやっていきたい!」っていう

“メインストリーム志向”のスタッフじゃなくて、

「郊外の店で楽しく働きたい!」みたいな、ある意味
“アングラ志向”のスタッフが集まってくるんですね。笑

コンサルとして活動していても、小さなお店の経営者さんばかりなので、
基本的には”アングラ志向”の方々です。笑

そんな私と同じような考えの人達に、

俺らでもこんな事ができるんだ!
こんなビジョンも描けるんだ!

っていうのを見せて行きたいし、

極論、

人生って楽しいんだ!

って思ってもらえるようにと想い、日々活動しているわけですが、

私も含め、そういった人達って、

「あいつらは凄いなー」
「俺には無理だー」

って感じで、

少なからずメインストリームに対してのコンプレックス(劣等感)を持っている人が多く、

「小さな店で細々やっていけりゃいいや」
「生活できればいいや」

って感じで、

「自分の限界を勝手に決めたり、安定に走る人が多い」

んですね。

アナタはそんなことありませんか?

でも、ですよ?

そんな私たちでも

「戦略次第で伸し上がれる」

んです。

例えば、

独自のウリを作ることで、他店が参入・マネできない、
ニッチで異端なポジションを確保できます。

その上で情報発信を広げることで、
ニッチ層だけでなく、結果的に幅広い層にもアプローチでき、
かなりの集客が望めます。

だって人間って

異端なモノに惹かれる特性がある

じゃないですか?

学生時代にヤンキーに何故か魅力を感じるのと一緒で。笑

でもソレらって、

初めから幅広い層を狙い、
ブランドを気にする大手などのメインストリームのお店にはできない戦略

ですよね?

しかも、
独自のウリ(ニッチで異端な世界観)に共感・魅了されて来店した新規のお客様ですから、
必然リピートも単価も上がり、繁盛するわけです。

そうすれば、収入も増え、資金があれば店舗展開だったり、
新たな活動に充てられるようになり、ヤリたいことがヤレるようになるのです。

突然ですが、

上野と御徒町にある「中田商店」って有名な店がありますが、知ってますかね?

あそこって「軍モノ(ミリタリー)」しか置いてないんですよ。
服やら小物などの、複製品から現用品からデッドストックまで、とにかくミリタリーで埋め尽くされています。
まさにソレが”ウリ”なわけですが、明らかにマニア層にしかウケなそうですよね?

けど全然そんなことはなく、
ファッション誌などのマスメディアにも取り上げられたりして、

「ミリタリーと言ったら中田商店」と言われるほどになり、
ミリタリーウェア等を探す一般層も来店し、創業45年(!)と繁盛し続けています。
福岡や札幌にも提携店があるそうです。

1940年頃ドイツ車フォルクスワーゲンの「丸っこくてカワイイ車」の”ビートル”だって、
無骨でデカイ車が流行っていたアメリカ市場に挑戦したときは、
売れるわけない、失敗だ、って言われていました。

けど、コツコツと”ウリ”を宣伝をすることで、
マニア層から火がつき、一般層にまで飛び火し、
最終的には車市場で全世界NO.1の売れ行きを記録したんです。

そんな風にアングラ戦略さえあればアナタも伸し上がれるんです。

ぜひ勝手に限界を決め、安定に走るなんてツマラナイ事はせず、アングラ戦略で伸し上がりましょう。

そんなアングラで伸し上がる活動に興味がある人は、ぜひメルマガ登録をしくよろです。→http://yohenito.com/lp/1462-2/
(アングラ戦略ノウハウ垂れ流し中です。笑)

でわ。

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。