普段から「得する人」・「損する人」の違いとは?

sectionImage_4_1_20170506145726902-1

どうも仁藤です。

 

つい先日

・あるスペシャリストの2人

と対談動画を撮りました!

 

ひとつは

これから独立開業・新規出店

を考えている方に

 

もうひとつは

継続的・安定的に
半自動で集客できるツール

を手に入れたい方に

 

オススメの対談動画
になっています!

 

なかなか知ることのできない
「ある業界の裏事情」

 

ネット時代が大きな転換期を迎え
「今までの集客には限界」
がある事

 

2017年→2018年以降には
「全く新しい集客ノウハウが必須」
になった事

 

などなどを、
丸っと分かりやすく
お伝えします!

 

もちろん
無料の対談動画になりますので、
楽しみに待っていてくださいね!

 

今後こういった告知は

LINE@のみでの公開

が多くなりますので

 

興味がある方は
登録しておいてくださいね。

 

LINE@登録はこちら
もしくは @yohenito でID検索してください)

 

では今日の本題です。

 

こういった情報発信をしていると

「業種が違うから、俺には関係ない」

と言う方がいます。

 

その”視点”って

非常にもったいない

んですよね。

 

そういう方に限って

店も上手くいってない

ケースが多い。

 

それは僕からの情報だけでなく

・日常に溢れている情報すべて

に言えること。

 

「その情報を
生かすも殺すも
あなた次第」

 

なんです。

 

分かりますかね?

 

例えば、最近

テレビや雑誌などの
マスメディアの情報はムダ

のような風潮があります。

 

けど、その情報も

「どういう視点で見るか?」

によって

 

自分の店に

「活用・応用できる」

わけです。

 

僕もあまり
テレビを見る方では
ありませんが

 

先日なんとなく
テレビをつけてみたら

 

ある番組で

・ボードゲームカフェ
・フィッシュバーガー屋

が取り上げられていました。

 

僕はこの店(情報)を見て

「良いポジショニング」

ができてるなぁと感じました。

 

ただの

「おいしいカフェ」
「おいしいハンバーガー屋」

だったら

 

他店と競合化し
埋もれてしまう。

 

ということは

 

お客様に存在すら
知ってもらえない
可能性もある。

 

ですが、

・ボードゲームと組み合わせる
・肉じゃなくて魚にする(ズラす)

ことにより

 

競合がいない

「唯一無二の
ポジションを獲得できる」

わけです。

 

そうすると

 

単純に目立つことができ
集客できる可能性が
高くなるんです。

 

そうですよね?

 

このように
日常に溢れる情報を
なんとなく見流すのではなく

 

常に
興味・関心・疑問
を持って見ること。

 

今のは分かりやすく
お店の情報を例として
挙げましたが

 

今売れてる商品や
今人気のマンガやドラマ
映画なども

 

なぜ売れてるのか?
なぜ人気なのか?
なぜ流行っているのか?

 

という視点で見ることで

あなたに生かせる情報に
様変わり

します。

 

(ここらへんを伝え出すと
長くなってしまうので(笑)
LINE@でお伝えしますね。)

 

スポーツ選手もオフの時に
まったく違う競技の練習を
取り入れたりしますよね?

 

野球選手なのに
水泳やったり、
滝行やったり。

 

そういった他業界の情報も
すべて興味・関心・疑問を持ち
自分に生かすようにしましょう。

 

「違う業界だから」という理由で
シャットアウトしたら
損しかありませんからね。

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。