カツラで繁盛!?【地方の店舗向け】集客できるチラシとホームページの作り方

nice&smooth

どうも「業界誌メンズプレッピー8月号」の撮影をしてた仁藤です。

これで掲載されるの4回目かな?

理美容業界的には「メンプレ」と言ったら、(たぶん)有名で、
エイ出版社さんにはご贔屓いただいちゃって有難い限りです。笑

(そこら辺疎いのですいません。笑)

7月1日かなんかに発売されると思うので、
みなさん買ってください。笑

(Amazonで「メンズプレッピー2016年8月号」と調べるか、大きい本屋さんならあると思いますよ〜。笑)

では今日は告知。

毎週金曜日に配信してる新音声ですが、今日は、

【カツラで繁盛!?《地方の方向け》集客できるチラシとホームページの作り方】

です。

【本日18時】に配信したばかりのホヤホヤですので、
まだpodcastチャンネルに登録してない方は、こちらから登録してくださいねん。

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

今日は、podcastのリスナーから来た、

「私が理容師、妻が美容師で沖縄県で店を営んでいるのですが、新規の集客に悩んでおります。
私は、50・60代のナイスミドルの方をチラシ集客したい。
妻は、ウイッグ、病気による脱毛の方及び部分ウイッグのお客様をHPで集客したいと考えております。
アドバイスを宜しくお願いします。」

という質問にお答えしています。

まずは、理容師の旦那さんの悩み、

「沖縄県で50・60代のナイスミドルの方をチラシ集客したい」

ということについて。

私は普段

「今の時代チラシなんか捨てるから、ネット集客に力を入れろ」

と言っています。

けど、このリスナー(沖縄県・50〜60代がターゲット)の店のように、

「ネット集客がどうしても難しい地域・ターゲットのお店」

ってあると思うんですよね?

実際に私のクライアントでもいました。

そういう地域・ターゲットって確かに

「チラシが有効」

だったりするのは事実です。

(かなり少なくなって来ているとは思いますが)

なので、ぜひ
「ネット集客がどうしても難しい地域・ターゲットのお店」の方は、
下記から聴いてみて欲しいのですが、

(podcastチャンネルへの登録はこちらから。)
(iphoneユーザーじゃない方は、こちらのYouTubeチャンネルに登録を。)

チラシも要は、

「情報発信ツールの1つ」

だということ。

ネット集客と本質は変わりませんので、そこを踏まえて聴いてもらえたらなと思います。

次に。

奥様の

「ウイッグ、病気による脱毛の方及び部分ウイッグのお客様をHPで集客したい」

ということについて。

今回は

“このリスナーのお店のHPを実際に見ながらアドバイス”

させて頂いています。

これ結構ガチコンサルだと思いますよ?笑
(なので自分で言うのもなんですが、必聴!です。笑)

と、冗談(じゃないけど。笑)はさておき、

この美容師の奥様の方の事業内容だと、

ホームページを作っても、
「地域名+業種名」という鉄板キーワードでは狙えない

んですよね。

というのも、

「沖縄 病気 ウィッグ」と調べることはまずないし、
「沖縄 ウィッグ」と調べることも少ないから集客を望めない

からです。

(実際にツールで調べてみましたが、検索ボリューム数がかなり少ない)

わかりますかね?

とはいえ”ホームページはあった方がイイのは間違いない”です。

じゃあどうすれば

「集客できるホームページ」

にすることができるのか?

そこら辺について具体的にpodcastで話しています。

実店舗系だけでなく、

ネット通販系やコンサルタント系などの実店舗系ではない、
地域や業種名で検索することがないサービス・事業の方にも参考になる音声

になっていますので、

ぜひ下記リンクから必ず聴いてみてくださいねん。

podcastチャンネルへの登録はこちらから。

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

では。

仁藤

p.s.

podcastでは、皆様から送られてくる質問に答える、
「言わば、”公開コンサル”」
という形で毎週金曜日に音声配信していますので、
「自分も質問してみたい!」
という方は、こちらの質問フォームからお願いしますー!

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。