【再送】『先着300名様限定』新規客が3倍に跳ね上がる今スグ使えるノウハウを無料プレゼント中!

店舗系マーケター養成プロジェクト

どうも仁藤です。

昨日のブログは読んでくれましたか?

もしかしたら、

「読んでないよ〜!」
「忙しくて読めてないよ〜!」

という方のために、もう一度連絡させて頂きます。笑

というのも、今回

【先着300名様限定】で
“繁盛店を作り方”をstep-by-stepで分かりやすく伝えている
3つの動画プレゼント

があるからです。

絶対あとで

「届いてないよ〜!」
「忙しくて見れなかったよ〜!」

って言う人が出てくるので。笑

この情報だけで「新規客が3倍にアップ」しちゃったお店があるほどなので、
早急にプレゼントを受け取ってくださいねー!
(300名なんて正直あっという間なんで、お早めに)

ってことで、昨日お知らせした通り”メルマガ読者最優先“で

店舗系マーケターになる方法を”期間限定”で公開

しています。

多くの人が、同業界のコミュニティーや、経営者仲間や、業者(ディーラー)などから
情報を取っていると思うんですが、

ロクな情報がないですよね?苦笑

私ももちろん、多少なり同業界から情報を取ってはいますが、

まーロクな情報がない。笑

だって

・そもそも店が上手く行ってない人達だったり、
・自社の商品を売りたい業者(ディーラー)だったり、
・同業界でみんな使ったら当然、飽和

するから。

例えば、理美容業界で言えば、

・不況だから今は売上が上がらなくても仕方ないだの、
・デジタルパーマや炭酸ヘッドスパを導入しろだの、
・アメブロやホットペッパーを使えだの、

言うわけですよ。

けど、上手くいかないですよね?
スグ飽和して、スグ使えなくなりますよね?
莫大な導入費用だけかかって。。。

それも、今朝のメールでもお伝えした、

「繁盛店の作り方を知る」「やり方を知る」
=「店舗系マーケターになる」

ことで、

「良い情報なのか、使える情報なのか、を楽勝で判断できる」

んですよね。

なので、同業界から情報を取る事しかせず、

・他店と差別化できず競合店に負ける
・集客できない
・リピート率や単価を上げられない
・売上が低迷する
・スタッフが辞める
・現場を離れられない
・やりたい事をやれない
・余裕がない

という状況に陥ってしまっている人は、

こちらのページをよく読み、繁盛店を作る上での”やり方”を知ってください。
(そして、プレゼントを受け取ってください)

さらに、同業界からではなく

「どういった所から、どういった視点で、どういった思考で、学ぶべきなのか」

という辺りについても具体的に伝えていますので、

ぜひこちらのページをよく読んで登録してくださいねん。

それでは、あなたも一緒に「店舗系マーケター」になりましょう。

でわ。

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。