【店舗向け】客層を広げてさらに集客する方法!女性も男性ももれなく集客する「ウリ」の作り方

くも漫。

どうも仁藤です。

facebookでもお伝えしましたが、
地元の仲間小林トシマサが、映画監督デビューを果たしました!

「風俗店で絶頂の瞬間、クモ膜下出血を発症したマンガ家中川学さんご自身に降りかかった
”生命の危機”と”人生最大の恥”を描いたマンガ『くも漫。』を原作にした映画」
となっております。

これだけで読んでも面白そうでしょ?笑

(女子にはちょっとアレかもしれませんが、”風俗のくだり”はほんと最初だけのようですので、ご安心を。)

映画を作る事が夢で、テレビの制作会社に就職して早10年・・・
トシからやっと念願叶ったと聞いて、私まで嬉しくなっちゃいました!

しかもテレビ業界の下積み時代ってほんと大変らしく・・・

会社の通路で寝袋で寝るのなんて当たり前。
1ヶ月間まるまる休みがないのなんて当たり前。
ロケ先のラーメン店の頑固店主に怒鳴られるのなんて当たり前。

そんな苦労を乗り越え、こうして映画監督して、
小さな映画作品かもしれないけど、大きな一歩を踏み出せた事、
自分の事のように嬉しい!

この作品が好評であれば、次の作品のオファーも来るかもしれないので、
ぜひ1度、いや2度でも3度でも、観に行ってやってください!

(お友達もたくさん誘って〜)

来年の1月新宿バルト9という映画館で公開されるということでまたお知らせしますね〜。

てことで、今日は告知です!

毎週金曜日に配信してる新音声ですが、今日は、

『客層を広げてさらに集客する方法!女性も男性ももれなく集客する「ウリ」の作り方』

です。

【本日18時】に配信しますので、
まだpodcastチャンネルを購読してない方は、こちらから購読してくださーい↓

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。
(今までpodcastで配信された音声すべてアップ済みです)

今日は、podcastのリスナーから来た、

「長崎県で一人治療院を開業して、現在1ヵ月です。
ウリをつくるのにスポーツ特化治療で行うつもりですが、
朝の時間帯の客数を保つには女性客もターゲットにし、確保した方が良いのか考え中です。
ウリは一つに絞った方がよろしいのでしょうか? 」

という質問にお答えしています。

治療院もたくさんありますからね〜。
お客さん(素人)からすると、どこの治療院に行ったらいいか迷いますよね〜。
私もいざ行くとなったら同じような治療院ばかりで絶対迷うと思います。

そういった競合店と差別化するために、
「ウリ」をしっかり考えてる事は素晴らしい事だと思います!

でもこのリスナーのように“ウリ”を作るときって必ずと言っていいほど、

「もっとニッチな市場にマーケットを絞ったほうがいいのかな?」
「でもコレ以上客数が減っちゃっても困るしな」

ってスゴく迷っちゃうんですよねー。

あなたもそうじゃありませんか?

けど、それもなぜ、迷ってしまうのか?というと、

「そもそもウリを作る上での”考え方”が分かっていないから」

なんですね。

【本日18時】に配信するpodcast

『客層を広げてさらに集客する方法!女性も男性ももれなく集客する「ウリ」の作り方 』

で、そのウリを作る上での”考え方”について話していますので、

自分や、自分のお店のウリ作りに迷ったり、悩んだりしている人は、
ぜひ聴いて、解決させちゃってくださいねー!

ってことで、下記リンクから購読・登録しておいてねん。

podcastチャンネルへの購読はこちらから。
(購読してね〜)

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。
(こっちでもちゃんとアップしますよ〜登録しといてね〜)

では。

仁藤

p.s.

podcastでは、皆様から送られてくる質問に答える、
「言わば、”公開コンサル”」
という形で毎週金曜日に音声配信していますので、
「自分も質問してみたい!」
という方は、こちらの質問フォームからお願いしますー!

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。