競合店を無力化!有名繁盛店に共通する強力な「違い」の作り方とは?

ババガンプ

どうも仁藤です。

 

いよいよ来週から
広告のプロである長妻さんと
運営する新コミュニティ

 

『爆速繁盛クラブ』

 

が始まります!

 

これから1年間

約50人ほどの参加者の方々と
一緒に繁盛店を作り上げていく!

と考えると

 

楽しみしかありません。

 

このクラブでは

『集客と副収入をアップする
広告ノウハウ』

をみっちり教えます。

 

実は、参加者には
すでにチャットなので
ノウハウをお伝えしてるのですが、

 

ほんの2週間ほどで

“副収入が発生した人も”

出てきました。

 

この調子で、参加者全員が
集客も、副収入もアップ
して頂けるよう

 

長妻さんと一緒に
1年間、徹底的に関わって行こう
と思います!

 

全ては教えることはできませんが
その広告ノウハウを
LINE@でもお伝えしますので、

 

興味がありましたら
登録してくださいね^ ^

 

LINE@登録は、こちらから。
(もしくは @yohenito でID検索してください)

 

では本題です。

 

今日は金曜日ということで
Podcastの配信日です!

 

今日のテーマは

【競合店を無力化!
有名繁盛店に共通する
強力な「違い」の作り方とは?】

です。

 

“完全無料”の音声ですので
気軽に聴いてくださいね!

 

iPhoneユーザーはこちらから。

 

iPhoneじゃない方は、
こちらから聴いてください。

 

前回もお伝えしましたが、

 

僕に相談にくる店舗関係者は

「”右向け右”精神」

の人が多いんですね。

 

例えば
自分の憧れの店があったとしたら
それと”似たような店”を出す。

 

または、

・有名な店
・流行ってる店
・かっこいい店

があったら

 

それと”似たような店”を出す。

 

そうすると、

『他店と競合化』

してしまうんですね。

 

それはなぜか?

 

多くの人が

“同じ発想をするから”

です。

 

僕に今まで相談にきた
数百店舗の方がそうでした。

 

また、

カリスマ美容師ブームの時

もそうですよね?

 

似たような
オシャレな美容室が
次々に出店しました。

 

そのせいで

どの店も競合化し
潰れる店も増えた

わけです。

 

つまり

真似される先駆者とも競合化

しますし、

 

それを

真似する多くの他店とも競合化

してしまいます。

 

そうやって

“他店と競合化”してしまうと
同じような店と判断される

わけですから、

 

価格競争や、賃金競争
などに陥り、

 

集客も、求人も、
上手くいかなくなって
しまうんです。

 

あなたも、
ネットで飲食店などを探したとき
似たような店ばかりで迷った経験
ありますよね?

 

いつも言ってますが
今、床屋(BARBER)業界も
似たような流れを感じます。

 

メディアもここぞとばかりに
BARBERを取り扱っているので
踊らされないよう注意
が必要です。

 

じゃあ、
“他店と差別化”するには
どうすればいいのか?

 

それは、しっかり

『根本を見つめ直す』

必要があります。

 

どういうことか?というと

 

あなたの店の
基盤となり、軸となる

 

『コアコンセプト=ウリ』

 

を今一度よく考え
作りあげるということです。

 

とはいえ、難しいですよね?

 

よく分かります。

 

僕に相談に来る方のほとんどが
そこで悩まれてますから・・・

 

なので、

『競合化せず、繁盛し続ける
”コアコンセプト=ウリ”の作り方』

について、

 

今回のpodcast

【競合店を無力化!
有名繁盛店に共通する
強力な「違い」の作り方とは?】

で詳しく解説しました。

 

iPhoneユーザーはこちらから

 

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらから聴いてください。

 

僕が最近行った
「面白い」と思った店を
例に挙げて

 

「なぜ、その店のウリが面白いのか?」
「なぜ、その店のウリがいいのか?」

 

について
分かりやすく解説しています。

 

完全無料なので
気軽に聴いてみてくださいね!

 

iPhoneユーザーはこちらから

 

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらから聴いてください。

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。