集客に困ったら「趣味を活かそう」

air-jordan-1-fragment-design

どうも仁藤です。

やはり私に来る相談でも多いのが、

「客数が減ってしまっている」

「新規の集客方法が分からない」

ってこと。

最近もこんな相談が・・・

「こんにちは!
よろしくお願いします。

母と2人で散髪屋をしてますが
4月まで20年店に勤めてた店長が居て
その人が近くに開業しました。

7月くらいまでは忙しかったのですが
ここ最近は
お客様がかなり減りました(泣)

平日の夕方は凄く忙しかったのに
最近は全然駄目です。

最近はフェイスブックとか
色々やり始めたのですが
どうやって良いか解らずで・・・

どうしたら良いのか
解らない現状です(泣)」

とのこと。

長くいた店長が辞め、
すぐ近くに開業され、
客数が激減・・・

この質問を見て、
「俺の事か?」って思うほど
境遇が似ていてビックリ。笑

僕もこの方とまったく同じ事が
6年前に起きました・・・

客数が激減。
集客しなきゃと焦り、
とりあえずfacebookを始めてみる。
けど上手くいかない・・・

痛いほど気持ちが分かります。

ただ、

”そこ”じゃない

んですよね。

集客をアップするには、

「まずやるべき事」

があるんです。

それが、

「ウリ作り」

です。

独自のウリが無ければ、
facebookをやった所で、
なんらかの広告を出した所で、
集客はできません。

そうですよね?

日本の実店舗は飽和状態です。
似たような店で溢れ返っています。

もしかしたらアナタは、

「自分の店は、他とは違う!」

と思っているかもしれません。

しかし残念ながら

何も知らない
お客様(素人)から見たら、
同じ店にしか見えない

のです。

その時に

お客様(素人)から見ても
他店との違いが分かる
独自のウリ

があれば、

目を引き、
興味が湧き、
来店してくれるのです。

じゃあどうしたら

「独自のウリを作れるのか?」

というと、

私がオススメするのは、

「あなたの趣味を活かす」

ということ。

そうすることで、

「他の店とは全く違う店に生まれ変わる」

のです。

例えば、

特別に私の新店舗の
“ウリの種明かし”
をしましょう。

(もったいぶる事でも無いですが笑)

新店舗は、スタッフが好きな

「スニーカー」

がウリの要素になっています。

それを床屋と組み合わせ、

・スニーカーショップのような
内外装にしたり

・スニーカー好きが集まる床屋
と広告文に入れたり

する。

そうすれば、

お客様(素人)から見ても、
他のヘアサロンとは
全く違う店

になりますよね?

そうする事で、

「集客が激増する」

という仕組みなのです。

その辺りについて、
今週のpodcastで
詳しく解説しましたので、

ぜひ聴いてくださいね。

iPhoneユーザーは、
こちらからpodcastを聴いてくださいませ。

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらからYouTubeチャンネルで聴いてくださいませ。

逆に、独自のウリがないと

・典型的な内外装
・よくある広告文

に必ずしてしまいます。

そうすると、

・集客が上手く行かない
・客数が減る
・売上が落ちる
・出店しても上手くいかない

といった事になってしまうので、

当てはまる方は、
ぜひ聴いてくださいね。

iPhoneユーザーは、
こちらからpodcastを聴いてくださいませ。

iPhoneユーザーじゃない方は、
こちらからYouTubeチャンネルで聴いてくださいませ。

それでは、Podcastでお会いしましょう。

仁藤
yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。