超初心者向け!本当に集客できる理容室・美容室の集客方法とは?

7df36022a469e3b1c9cf83b310bbfd08_s

こんにちは、仁藤洋平です。

 

私は現在、代表になり6年目です。

赤字店からのスタートでしたが、

今では都内に4店舗を構え

 

そのノウハウをお伝えし

累計100店舗以上を繁盛させてきました。

 

その中で、ありとあらゆる

集客方法を使ってきたので

 

「これはかなり使えたな」

「あれはイマイチだったな」

 

という経験があります。

 

そこで今回は、初心者の方向けに

理容室・美容室が使える集客方法には

どんな方法があるのか?

 

そして、結局

「初心者は何から始めるべきなのか?」

という部分についてお伝えしていきます。

 

理美容室が使える集客方法は

大きく分けて2種類あります。

 

リアルネット

 

です。

 

まずリアルの方から説明していきます。

 

リアルの集客方法は

「チラシ」

です。

 

これだけです。

 

ただし、撒き方が3種類あります。

 

・ポスティング

・ビラ配り

・新聞折込

 

の3つです。

 

念のため1つ1つ解説しておくと

 

ポスティングとは、業者に頼んで

各家庭のポストにチラシを入れてもらう方法です。

 

ビラ配りは、店頭や駅前などで

従業員自らビラを配布することです。

 

新聞折込は、そのままですが

新聞に挟んで撒いてもらう方法です。

 

一通りやってみた感想としては、

どれも一定の効果はあります。

 

ただ、ある程度の費用はかかるので

お財布と相談ですね。

 

特に、チラシは文章が命です。

 

コピーライティングなどを勉強したことがなければ

お客さんをたくさん呼ぶチラシを作ることは難しいので

あまりオススメはしません。

 

そういった講座は世の中にたくさんあるので

勉強されたい方は

行ってみると良いかもしれませんね。

 

では、次にネットの集客方法についてです。

 

ネットの集客方法は

 

・ホームページ

・美容サイト

・SNS

 

です。

 

ホームページは、自分の店のページから

お客さんに興味を持ってもらったり

予約をしてもらう方法です。

 

美容サイトは、ホットペッパーや

楽天ビューティーなどのサイトに

広告を掲載して集客する方法です。

 

SNSは、アメブロや

Facebook、Twitterなどを使って

集客する方法です。

 

具体的な活用法については

別の記事で解説しますので

ここでは割愛しますが

 

「ふーん、けっこう色々な方法があるんだな」

と分かっていただければ幸いです。

 

ちなみに、私のオススメは

ホームページ美容サイト

です。

 

この2つを使って、私は

わずか5席の店に月1000人を集めています。

 

その辺りの具体的な方法については

メルマガでたくさん公開していますので

 

ぜひ登録してくださいね。(無料です)

メルマガの登録はこちらから

 

というわけで今日は

理美容室の集客方法について

お伝えしました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。