「なぜ、集客で困るのか?」99%の店舗経営者ができない”2つの当たり前のこと”

VETEMENTS_2016_17AW

横浜のホテルからこんにちわ。仁藤です。

あれ?引越したんじゃないの?と思ったソコのあなた。
甘いですよ。笑
契約が決まっただけで、引越しは今度の日曜日なんです。泣

でも昨日まではあるビジネスコミュニティーで仲良くなった人が、
しばらく家を空けるということで、
一週間くらい自分の家のように使わせて頂いてました。笑

いや〜ほんと助かりましたよ。
やっぱホテル暮らしってなんだかんだ金もかかるし、
なにより落ち着かない。

(たまにならいいんだけどね)

ほんと持つべきは”仲間”だな〜、としみじみ。

その人と知り合ってまだ1年くらいですよ?
それなのに、信頼してくれて長期の留守を預けてくれるっていうね。

もちろん、その人の性格の良さもあるとは思いますが、
お互いもっと人生を良くしたい!もっと人生を楽しみたい!
と、同じ志で繋がったコミュニティーの仲間だからこそ、だと思うんですね。

ぜひ、あなたもこんな”仲間”を増やすといいですよ〜。
それだけで一生楽しく生きていけると思うから。

===========================

2ヶ月でホームページ集客が3倍になったカラクリ

===========================

では本題。

つい先日、ホームページ制作をさせてもらった美容室のクライアントさんから、

「仁藤さんお疲れ様です。3月4月と一気に集客が増え、
5月6月と40名ほどホームページから集客できました。
しかも一気に増えてしまい、電話やネット予約の対応が間に合わず断ってもいるので、
実際は50名、いや、それ以上来ていると思います。
それまでは月15名ほどの新規数だったので、
急に忙しくなり歳のせいもあって正直、身体がキツいです。笑
とはいえ、新しくホームページを作って頂き、心から良かったと思っています。
本当にありがとうございました。」

と、報告を受けました。

いやー、嬉しい。。。

毎度毎度、同じリアクションで申し訳ありませんが、笑
クライアントさんに結果出してもらえるのって、ほんと嬉しいんですよね!

このホームページが完成したのが、今年の1月くらいだったので、

『2ヶ月〜3ヶ月で集客が3倍以上になった』

わけです。

しかも一過性のモノでは無く、

『何ヶ月も連続で』

ですよ?

スゴイと思いませんか?

もしかして、毎月そうとうお金かけてんじゃないの?とか思われそうですが、

『サーバー代だけなので、ほぼゼロ』

です。

(当たり前ですが、ホームページ制作代は最初に一括で頂いてます。)

じゃあ、どんなカラクリがあるんだろう?って思いますよね?

実は、

『2つの当たり前のこと』

しかやってないんです。

===========================

だからあなたは集客できないんです。

===========================

その”2つの当たり前のこと”とは、

・ウリを作る
・正しいマーケティングをする

ってことなんですね。

わかります?

具体的に説明すると、”ウリを作る”というのは、

「数ある競合店から差別化するために、
ウチはこんなお店ですよ!と分かりやすく定義する」

ということです。

このクライアントさんであれば、

・大人の男性にターゲットを絞り、
・古くてダサいイメージのあるアイロンパーマを、
今風のオシャレな髪型をラクに作れる「次世代アイロンパーマ」が得意と謳い、

それらをウリにしました。

そして、”正しいマーケティングをする”というのは、

「ウリをはじめ、店の詳細・情報を見込み客に知ってもらうために、
それぞれに適切な媒体を用いて、宣伝・告知・情報発信をする」

ということです。

このクライアントさんであれば、

・店舗ビジネスで必須のホームページ集客ができていなかったので、
・ホームページに、ウリを文章や画像、動画で分かりやすく載せ、
・スタッフの詳細な情報やお客様の声などの来店意欲を湧かせる情報を載せ、
・競合が弱く需要のある「地域名+美容室+ウリに基づくキーワード」でSEO対策をしっかり施し、検索エンジンで1ページ目にランクインさせる

など、正しいマーケティングをしました。

※ウリに基づくキーワードは、このクライアントさんの場合「メンズ」や「男」

これって、ほんと”当たり前のこと”しかやってないんですね。

逆にこれが、

「初めて聞いた」とか
「なるほど〜」とか
「めっちゃ勉強になる」とか

思ってたとしたら、

“完全アウト”です。笑

だから集客できないんです。
だから繁盛しないんです。

あなたは大丈夫ですかね??

けど、実は・・・

私も5,6年ほど前までは、知らなかったんですよ。

(偉そうな事言っときながら、すいません。汗)

ウチの床屋が大赤字で、どん底状態の時に、
なんとなくネットを勉強しなきゃ集客できない!って思って
“全く違う業界”のIT業界から情報を取っていたら・・・

市場飽和時代・情報化社会において競合他社と差別化するための
『ウリの重要性』と、
SEO対策やらSNS活用法などの、
『正しいマーケティングのやり方』が、

“当たり前のこと”のように伝えられていて、

「そうか!こうやるのか!」

と目から鱗が落ちるような感覚を得たのを今でも覚えています。

私もあなたと同じ感覚を5,6年前に持っていたんですよ?

なので、安心してください。
今からでも遅くありません。

ぜひ、あなたも繁盛させたい!ビジネスを軌道に乗せたい!と思うのであれば、

・ウリを作る
・正しいマーケティングをする

という事を意識してください。

===========================

情報弱者になるな!取捨選択しろ!使いこなせ!

===========================

私に相談にくる方のほとんどの実店舗経営者や個人事業主の人が、
分かってるようで、まっっっっったく分かってないんですね。苦笑

そういう人の傾向から言って、

・同業界の経営者とばかり関わってる人
・”店舗経営をしたことが無い”店舗コンサルタントに学んでる人
・ガンガン営業にくる業者の言う通りにする人

など、間違った集客方法や、間違った売り上げノウハウを鵜呑みにしてしまっている事が非常に多い。

だってよく思い出してみてくださいね?

どの人も、どこでも聞くような小手先の手法ばかり言ってませんか?

・アメブロを使えとか、インスタを使えとか、
・集客は難しいから単価上げるために、機材買えとか、商材売れとか、
・ホットペッパー載せろとか、SEO対策させろとか、

そんなテキトーな事ばっかり言ってませんか?

それも全ては、

・ウリを作る
・正しいマーケティングをする

この”2つの当たり前のこと”があるからこそ、 取捨選択できるし、使いこなせるわけです。

あなたもその”2つの当たり前のこと”を意識し、取り入れるためにも、
同業界や、エセコンサルタント、詐欺的な業者ではなく、
IT業界などの他業界や、実店舗経営もしつつ、様々な業界も成功させているコンサルタントから情報を取りましょう。

ちなみに他業界で”ウリを作る”のが上手いと思うのは、

『一流ファッションデザイナー』

ですね。

モードの世界では毎年、SSシーズンとAWシーズンとコレクションをやっていますが、
そのコレクションで毎回、ウリ(コンセプト)を作っています。

元々のブランドイメージに、

『音楽、映画、小説、アート』

などのクリエイティブなものと融合させて新しいウリを作り、新しいコレクションにしています。

ぜひ、注目してみてくださいねん。

もちろん今後も私からの情報もお楽しみに。笑

欠かさず・逃さず情報を取りたい方は、メルマガに登録を。
こちらからどうぞ。

でわ。

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。