スタッフ真意は「待遇」より「○○」

KAUFMAN1710043_0208

どうも仁藤です。

今週も金曜日になりましたので、Podcastを配信します。

今日は、

「求人に困ってる」

とLINEで相談を受けたので回答しました。

求人困難な時代に、どうすれば優良スタッフを獲得できるのか?

その辺りついて具体的に話しています。
ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね。

【Podcast】「求人」と「集客」は同じ!人を集める本質とは?:
(完全無料。YouTubeでも聴けます)

ーーーーーーーーーーーーー

スタッフ「真意」を知ること

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

私の店では「スタッフ第一・スタッフの自立」という理念を掲げているので

スタッフが楽しい日々(人生)を送るためには
会社としてどうして行けばいいか?

ということを常に考えています。

多くの店では、ここを本当の意味で考えられていないから
スタッフ育成や求人が上手く行かないんじゃないだろうか?

そう思うのです。

あなたの店はどうでしょうか?

私自身そこを突き詰めた時に、行き着いた答えが

ブランド軸経営

です。

“ブランド”という定義は色々ありますが、まず

「○○○と言ったらあの店」

と、大勢のマインドシェアを奪えてること。

例えば、分かりやすいのが
モノグラムの高級バッグと言ったら「ルイヴィトン」
高級スポーツカーと言ったら「フェラーリ」。

高級品に限らず、ハンバーガー屋と言ったら「マクドナルド」
コーラと言ったら「コカコーラ」とイメージする人多いですよね?

それが、”ブランド化”ができてるという事です。

さらに私が考えるブランドは、

「誇れる店」「憧れられる店」

という定義も含めます。

そういったブランドを目指すことを、”経営の軸”にするべきだと考えました。

ですから、今後

・「メンズサロン=CHILL CHAIR」というマインドシェアを奪う
・「誇れる店」「憧れられる店」になるよう名声や人気を得る

よう活動していくことを決めました。(かなり大それた事を言ってますが。笑)

「マクドナルド」や「コカコーラ」は私の考える”ブランド”ではない。

かと言って、高級系の「ルイヴィトン」や「フェラーリ」はイメージしづらい。

なので、ストリートブランドで言えば「シュプリーム」
インディアンジェリーブランドなら「ゴローズ」

といった所を目指したい。(さらに大それた事を言ってますが。笑)

では、なぜそう考えたのか?というと

待遇を良くしたり、店舗数を増やそうが、
「ブランド力」がない店は、離職も防げないし求人も難しい

と思うからです。

世の中見渡すと、待遇が良い店はたくさんあるし、
待遇を良くしようと思えばどこの店でもできる。

店舗数が多くても、ダサい店で働きたいと思わないし、
店舗数が多いからと言って、スタッフの働く意欲には全く繋がらない。

高待遇と店舗増のどちらも出来てる大手チェーン店が、
離職や求人に困ってる現状が、それを物語っています。

そうですよね?

じゃあどうすればいいのか?と考えた時に

・「高待遇」「店舗増」ではなく「ブランド化」

が、離職&求人問題を防ぐだろうと思ったわけです。

例えば、例に挙げた「シュプリーム」なんかは、給料面などの待遇が悪いそう。笑
だけど、募集をしなくても働かせて欲しいと連絡が来るし、離職も少ないそうです。
(知り合いのアパレル関係者に聞いた話ですが)

キャンセル待ちが31万人(!)もいるヘッドスパ専門店「悟空のきもち」も
給料UPや店舗拡大よりも「人気」を得ることだけに注力するようになってから
離職も求人も困らなくなったそうです。

もちろん、あなたが例に挙げたようなブランドになる必要はありません。

それぞれ目標とする規模が違うでしょう。

ですから私が提唱したいのは

それぞれの地域内でのブランド化

です。

言うならば

地域ブランド軸経営

を、あなたにはして頂きたい。

そうすることで、集客も離職も求人も困らなくなる。

そう思うのです。

ある記事で「悟空のきもち」の経営者が、
今の人達はSNSで注目されたり、共感されることを求めてる人が多いから
「人気」を得ることに注力するようにしたと言ってました。

他人から「あの店で働いてるんだー!すごいねー!」と言われることは
気持ちいいし、誇らしいですからね。

要するに、あなたの地域であなたの店が、
そう思ってもらえる店を目指せばいいのです。

それならイメージできませんか?

では、具体的にブランド化するにはどうすればいいのか?

長くなってしまったので、詳しくは別でお伝えしたいと思います。(すみません。笑)

ですが、今日のPodcastでもその辺りについて話してますので、
ぜひ下記リンクから聴いて参考にしてみてくださいね!

【Podcast】具体的な手法を大公開!今すぐ取り組むべき平日集客の処方箋とは?:
(完全無料。YouTubeでも聴けます)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。