スタッフに良い想いをさせたいのなら「とっとと現場を退こう」

dismaland-staff

どうも仁藤です。

昨日は東京で、
10名限定の新コミュニティの説明会
をやってました!

よくある説明会の内容だけでなく、
ワークショップのような形をとり、
今一人ひとりが抱えてる問題に対し、
アドバイスをさせて頂きました!

沖縄や神奈川など遠方から来て頂いたり、
理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロンなど、
様々な業種の経営者が集まり、スゴく楽しかった!

一ヶ月弱の間で、
福岡、大阪、東京、東京と
計7回のセミナーをやりきりましたが、

その中から、
私が新しく始めるコミュニティにも
たくさんの人が参加表明してくださり、
さらに気合が入りました!

一人残らず繁盛店にするぞーい!

昨日も話しましたが、

「人間、環境を変えないと人生変わらない」

から。

だって人間は環境に適応する生き物でしょ?
良い意味でも、悪い意味でも。

いつもあなたの近くにいる10人の平均年収が1000万円なら、
あなたも年収1000万円くらいだし、

いつもあなたの近くにいる10人の平均年収が300万円なら、
あなたも年収300万円くらいになる

というのは、よく言われる事です。

環境を変える事で、
入ってくる情報の質も変わるし、
周りに刺激し合える仲間が増えることで、
自分を奮い立たせることができます。

こうすることでしか、
私たち普通の人間は頑張れないからね。

イチローみたいに努力の天才じゃないんだから。

だから、あなたも一早く、

「環境を変える」

ようにしましょうね。

では本題。

毎週金曜日に配信している新音声ですが、

今日は、

店舗系マーケターへの第一歩!スタッフへの正しい仕事の任せ方とは?

です。

podcastのリスナーから来た、

「佐賀県で整体院をしています。
正規スタッフ2名、パート1名。
売り上げ300万くらいですが、
なかなかそれ以上のレンジにあがりきれません。
そして売り上げの7割弱を自分が作っている現状です。
スタッフのみで300万を実現したいです。」

という質問に対してお答えしています。

このリスナーのように、

「どんどんスタッフに仕事を任せて、
自分は現場から離れて経営だけに力を入れたい!」

という店舗経営者ってたくさんいるんですよね。

私にもよく相談がきます。

私は、一切現場に出てませんからね。

だからこうして情報発信に時間を使ったり、
コンサル活動やコミュニティ運営に時間を費やすなど、
自分が純粋にやりたいことをやれているわけです。

全ては、うちのスタッフのおかげです。
本当にスタッフには感謝しかありません。

だから私は、もっとスタッフに良い想いをさせたいし、

「床屋でもこんな事ができるんだよ」

と、大きなビジョンを描いてもらいたいと思っています。

あなたも私と似たような想いを持っていますよね?

そうであれば、ぜひ今日の新音声

店舗系マーケターへの第一歩!スタッフへの正しい仕事の任せ方とは?

を聴いて参考にしてくださいね。

スタッフに良い想いをさせたいのなら

「とっとと現場を退くこと」

ですので。

iphoneユーザーは、こちらからどうぞ。
(購読、ダウンロードもしてねん)

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

では。

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。