【本日終了】SNS集客「向き」な店と「不向き」な店とは?

どうも仁藤です。

ただいま

・『ホームページ集客3.0』全貌公開中
(詳細はこちら。本日受付終了)

ですが、

ご覧頂いている方から、こんなメッセージをいただきました。

「今ってSNSの時代だからfacebookやinstagram集客に
力を入れればいいと思ってました」

とのこと。

仰る通り、確かにSNSの時代なんですが、
そもそもSNSの根本的な用途は「集客」ではなく「コミュニケーション」ですよね?

友達の日常を見たり、友達やフォロワーと仲を深めるためのツールに過ぎないんです。

ですから「集客しよう」「物を売ろう」とビジネス使用し、
欲が見え隠れしているアカウントはユーザーから拒否されてしまいます。

あなたもそういうアカウント嫌いじゃないですか?笑
(僕は嫌いです。笑)

もちろん集客できる可能性は秘めています。
ただ、無料で使えるので簡単に参入できてしまうので、すべてのSNSが飽和状態となっています。

結局、SNSで集客できている人を見ると、カリスマ級の影響力やセンスがあったり
容姿端麗などなどの「特別な人」なんですね。

SNSって、芸能人よりも”身近の憧れの人”を求める世界なんで。
私も含め、“凡人の日常”なんてどうでもいい訳ですよ。笑

ですから私たちのような凡人が、まず考えるべき店舗集客は

ホームページ集客

なんです。

しかも、これが

凡人の店舗集客の核

となる部分なんです。

とはいえ、「ホームページから集客できるイメージが湧かない」という人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに私の床屋を事例に説明させて頂きます!

まず、店を探している見込み客というのは
googleやyahooで「地域名」+「業種名」などと検索します。

うちの床屋であれば
「高円寺 床屋」「高円寺 美容室 メンズ」
「吉祥寺 床屋」「吉祥寺 美容院 メンズ」
などですね。

そのキーワードで検索したときに

・『ホームページ集客3.0』を取り入れることで
・googleやyahoo上の1ページ目にランクイン

させることができます。

そうすると当然、見込み客は気になりホームページを見るわけです。

そして、ホームページの中身で「面白い店だな」「行ってみたいな」
と思わせることができれば「来店(集客)に結びつく」わけです。

また、そういった集客力の高いホームページを制作できていれば、
広告を出すことで相乗効果を発揮し、さらに新規集客が望めます。

そうやって実際にうちの床屋は

ホームページから月50〜80人ほどの新規集客

に成功しています。

あなたも普段、なにかしらのお店を探す時にスマホで検索してますよね?

つい先ほどの私なら「新宿 とんかつ」「新宿 カツ丼」
とスマホで検索し、1ページ目にでているサイトから店を探しました。
(やたらカツ系が食べたかったので。笑)

2ページ目、ましてや3ページ目以降なんて中々見に行きませんよね?
面倒臭くて、、、

ですから

・googleやyahooの上位1ページ目に
・ホームページを表示することが
・凡人や平凡店の「店舗集客の核」

となるわけです。

イメージできますよね?

・・・ただ。

昨年末に、

そのホームページ集客で対策するべき
googleのルールが大きく変わってしまった

のです。

googleのルールが大きく変わる、ということはホームページ集客においては死活問題。

上位1ページ目に表示されてたものが、5ページ目以降などの下位に落とされる。
そんな悲劇が、起こってしまいました。

今も、そのgoogleの新ルールに対応できず
「ホームページを上位表示できない」「下位に落とされたまま」
という店が後を絶ちません。

あなたは大丈夫でしょうか?

もしそんな方がいるのであれば、ぜひ現在公開中の

『ホームページ集客3.0』

の詳細を確認してみて頂けたらと思います。

無料登録して頂いた方限定で配信される動画プログラムの中で、
googleの新ルールの対策について詳しくお伝えしていますので。

しっかりご覧いただければ全て解決できます。

今現在あなたは、facebookやinstagramを使って
月30人~100人の新規集客ができていますか?

facebookやinstagramを毎日更新していても
全く集客できていませんよね?

できていたとしても、月2~3人じゃないでしょうか?

ぜひ

「毎日更新など煩わしい事をせずに、30~100名の新規集客をしたい」

という方は”ホームページ集客3.0″を取り入れてくださいね!

まだ動画プログラムを受け取ってない方は、下記リンクから無料登録して頂けたらと思います。

本日で受付終了しますので。お急ぎください。

【ホームページ集客3.0】無料登録はこちら:
(本日で完全終了)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内6店舗の理美容室代表 【店舗経営者として】 理容師になり5年目に、前店長の突然の退職をキッカケに自身が店長に就任。5席で月商105万円、新規客ほぼゼロ、スタッフ3名の赤字床屋の経営を任される。その後2年間で、1席当たり70万円売り上げれば優秀とされる理美容業界で、月商500万円を売り上げる繁盛店になる。怒涛の衰退産業である理美容業界でこの数字は圧倒的。2018年9月には「Chill Chair 高円寺北口店」をオープンするなど新店舗を続々出店中。 【コンサルタントとして】 現在では他店舗のコンサルティングにも力を入れている。店の「ウリ」を発掘し、独自の「スタイル」を軸に売上アップを実現する手法で実績多数。クライアント数は累計350店舗以上(2018年10月現在)。業種は理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロン、治療院、製菓店、ワインショップ、眼鏡店、スポーツスクール、ダンススタジオ、通販など様々。エリアは北海道から沖縄まで日本全国、海外ではニューヨークなど各地にクライアントがいる。SEO対策に特化したホームページ制作も行なっており、制作実績は70店舗以上。全くのゼロベースからの新規出店プロデュースも手掛ける。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は、当時絶大な人気を得ていた芥川賞受賞作「火花」を抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得。さらに同年の「Amazon2015年大賞」を受賞した。2016年9月には4冊目となる著書「店舗系マーケター」を出版。 【メディア掲載実績】 ・メンズプレッピー2016年3月号掲載(表紙) ・メンズプレッピー2016年4月号掲載 ・テレビ東京経済情報番組「モーニングチャージ」2016年8月出演 ・・・など多数。