【本日終了】SNS集客「向き」な店と「不向き」な店とは?

23584930_706437986219961_1451251383_o

どうも仁藤です。

ただいま

・『ホームページ集客3.0』全貌公開中
(詳細はこちら。本日受付終了)

ですが、

ご覧頂いている方から、こんなメッセージをいただきました。

「今ってSNSの時代だからfacebookやinstagram集客に
力を入れればいいと思ってました」

とのこと。

仰る通り、確かにSNSの時代なんですが、
そもそもSNSの根本的な用途は「集客」ではなく「コミュニケーション」ですよね?

友達の日常を見たり、友達やフォロワーと仲を深めるためのツールに過ぎないんです。

ですから「集客しよう」「物を売ろう」とビジネス使用し、
欲が見え隠れしているアカウントはユーザーから拒否されてしまいます。

あなたもそういうアカウント嫌いじゃないですか?笑
(僕は嫌いです。笑)

もちろん集客できる可能性は秘めています。
ただ、無料で使えるので簡単に参入できてしまうので、すべてのSNSが飽和状態となっています。

結局、SNSで集客できている人を見ると、カリスマ級の影響力やセンスがあったり
容姿端麗などなどの「特別な人」なんですね。

SNSって、芸能人よりも”身近の憧れの人”を求める世界なんで。
私も含め、“凡人の日常”なんてどうでもいい訳ですよ。笑

ですから私たちのような凡人が、まず考えるべき店舗集客は

ホームページ集客

なんです。

しかも、これが

凡人の店舗集客の核

となる部分なんです。

とはいえ、「ホームページから集客できるイメージが湧かない」という人も多いのではないでしょうか?

そんなあなたに私の床屋を事例に説明させて頂きます!

まず、店を探している見込み客というのは
googleやyahooで「地域名」+「業種名」などと検索します。

うちの床屋であれば
「高円寺 床屋」「高円寺 美容室 メンズ」
「吉祥寺 床屋」「吉祥寺 美容院 メンズ」
などですね。

そのキーワードで検索したときに

・『ホームページ集客3.0』を取り入れることで
・googleやyahoo上の1ページ目にランクイン

させることができます。

そうすると当然、見込み客は気になりホームページを見るわけです。

そして、ホームページの中身で「面白い店だな」「行ってみたいな」
と思わせることができれば「来店(集客)に結びつく」わけです。

また、そういった集客力の高いホームページを制作できていれば、
広告を出すことで相乗効果を発揮し、さらに新規集客が望めます。

そうやって実際にうちの床屋は

ホームページから月50〜80人ほどの新規集客

に成功しています。

あなたも普段、なにかしらのお店を探す時にスマホで検索してますよね?

つい先ほどの私なら「新宿 とんかつ」「新宿 カツ丼」
とスマホで検索し、1ページ目にでているサイトから店を探しました。
(やたらカツ系が食べたかったので。笑)

2ページ目、ましてや3ページ目以降なんて中々見に行きませんよね?
面倒臭くて、、、

ですから

・googleやyahooの上位1ページ目に
・ホームページを表示することが
・凡人や平凡店の「店舗集客の核」

となるわけです。

イメージできますよね?

・・・ただ。

昨年末に、

そのホームページ集客で対策するべき
googleのルールが大きく変わってしまった

のです。

googleのルールが大きく変わる、ということはホームページ集客においては死活問題。

上位1ページ目に表示されてたものが、5ページ目以降などの下位に落とされる。
そんな悲劇が、起こってしまいました。

今も、そのgoogleの新ルールに対応できず
「ホームページを上位表示できない」「下位に落とされたまま」
という店が後を絶ちません。

あなたは大丈夫でしょうか?

もしそんな方がいるのであれば、ぜひ現在公開中の

『ホームページ集客3.0』

の詳細を確認してみて頂けたらと思います。

無料登録して頂いた方限定で配信される動画プログラムの中で、
googleの新ルールの対策について詳しくお伝えしていますので。

しっかりご覧いただければ全て解決できます。

今現在あなたは、facebookやinstagramを使って
月30人~100人の新規集客ができていますか?

facebookやinstagramを毎日更新していても
全く集客できていませんよね?

できていたとしても、月2~3人じゃないでしょうか?

ぜひ

「毎日更新など煩わしい事をせずに、30~100名の新規集客をしたい」

という方は”ホームページ集客3.0″を取り入れてくださいね!

まだ動画プログラムを受け取ってない方は、下記リンクから無料登録して頂けたらと思います。

本日で受付終了しますので。お急ぎください。

【ホームページ集客3.0】無料登録はこちら:
(本日で完全終了)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。