【ウリも集客も】他人の意見は”答え”ではない。真の答えは自分の中にある。

IMG_1546

どうも仁藤です。

 

先日まで募集していた

『爆速繁盛クラブ』
(集客と副業をマスターするスクール)

ですが、

 

9月から本格始動します。

 

やる気がある人ばかりなので
すでに課題を出させて頂いたり
しているのですが、

 

さっそく結果を出した人も。

 

群馬で美容室を経営している方
なんですが、

 

ウリを明確にし、それを
ホームページに反映させたら

 

ホームページからの予約が
増えたそうです。

 

まだスクールも
本格的には始まってないのに。笑

 

本当に素晴らしい。

 

つい先日には
facebookのライブ配信機能を使って
ウェビナーを開催し

 

ネット上で受講生の皆さんの
質問に答えたりしました。

 

わざわざ
ウェビナーの収録現場に来て
直接質問してくれた人もいましたね。

 

ほんと意識の高い人ばかりで
ありがたい限りです。
こちらも俄然やる気になります。

 

『爆速繁盛クラブ』に
参加されてる皆さん
絶対に成功しましょうね!

 

では本題です。

 

よくこんな質問をされます。

 

「このウリで合ってますか?」
「この集客方法で合ってますか?」

 

と・・・。

 

もちろん
それで正しいのか不安だから
質問してくるのでしょう。

 

ただ初めに言っておくと

 

「答えなんてない」

 

んです。

 

というよりも

 

「答えは自分で見つけるモノ」

 

なんです。

 

ってコンサルタントが
こんなこと言っちゃいけない
ですよね。笑

 

誤解を招きそうなので
ちょっと説明させてください。

 

どういう事か?

 

もちろん

僕の経験則から出た
“僕の中での答え”

をお伝えする事はできます。

 

そして現状、僕よりも
あなたが上手く行っていない
と思うのであれば

 

ソレを

“参考にした方がイイ”

と自信を持って言えます。

 

そう・・・

「参考にして欲しい」

んです。

 

頭っから鵜呑みにするんじゃなく

「咀嚼し、深く考えて欲しい」

んです。

 

なぜか?

 

例えば、僕があなたのウリを

「ビジネスマンやキャリアウーマン向けの
アーバンスタイル美容室
とかどうですか?」

と提案したとします。

 

でもソレを

何も考えなしに
採用して欲しくない

んですね。

 

あなたの

・好きなカルチャー
・好きなファッション
・好きなテイスト

もそうですし、

 

あなたが求めている客層や
あなたの拘りやビジョンなども
深く考えて欲しいんです。

 

その上で
僕の提案を採用したのであれば

・どういう内外装にするか?
・どういうヘアスタイルを提案するか?
・どういうキャンペーンをやるか?
・将来どういった展開をするか?

などなど

 

アイディアもたくさん生み出せる
から。

 

また、
あなたが求めているお客様が来れば
会話も弾むし色々な提案もできる
からです。

 

そうですよね?

 

でも逆に、僕の床屋のウリは

「西海岸ストリートスタイルBARBER」

ですが、

 

それを”答え”だと思い

あなたの店もまったく同じウリにする

とします。

 

うちは
HIPHOPやスケートボードなどの
西海岸のカルチャーが好きだから
このウリにしていますが、

 

そうじゃない人が
このウリにしても
“フェイク野郎”になるだけ。笑

 

上手くいくわけないんですよね。

 

だって
そういうカルチャーが好きな
お客様が来ても会話も弾まない。

 

何も分からないから

・店の内外装どうするか?
・ヘアスタイルどうするか?
・キャンペーンどうするか?
・将来どう展開するか?

などなどの

 

アイディアも何も浮かばない。

 

当然そうなりますよね?

 

まぁこれは極端な例ですが、

 

しっかりあなたの中で

咀嚼し、深く考え、
あなただけの答え(ウリ)を出さないと
上手く行かなくなってしまう

ということです。

 

集客方法も同じことです。

 

冒頭で伝えた
『爆速繁盛クラブ』では
受講生に、

 

今熱い集客方法である

「PPC広告」

を中心に教えます。

 

ですが、それも同じで

 

ただ

「こうやれば集客できるよ」

と教えてもらい

 

はいはい、とやるだけでなく

「なぜ、そうやると集客できるのか?」

まで咀嚼し、深く考えることが重要です。

 

そうすることで

集客の原理原則を理解し
応用が効くようになるから

です。

 

こうすれば
もっと集客できるんじゃないか?

 

こうすれば
他のビジネスにも使えるんじゃないか?

 

とかね。

 

スポーツや料理だって
一緒だと思うんですよ。

 

先輩や先生に教えてもらったことを
咀嚼し、深く考えることで
さらに上達すると思うんです。

 

こうすれば
もっと早く投げられるんじゃないか?

 

こうすれば
もっと美味しくなるんじゃないか?

 

って感じで。

 

自分の適性や特性、
趣味趣向などもあるからです。

 

そうですよね?

 

ですから

 

「真の答えは自分で見つけるモノ」

 

なんです。

 

もちろん

自分より上手く行ってる人に
どんどん質問することが大前提

です。

 

それを咀嚼し、深く考え、
自分だけの答えを生み出す。

 

そうすることで

長きに渡って上手く行く

ようになりますので。

 

とにかく自分でやっても
現状上手く行ってない人は

 

自分より上手く行ってる人に
質問することです。

 

それをしなければ
何も始まりませんからね。

 

もし僕が
それに値する人間と思えるのなら
なんでも気軽に質問してくださいね!

 

必ず返答しますので。

 

質問・相談は【LINE@】まで。
(もしくは @yohenito でID検索してください)

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。