あなたは大丈夫?みんなやりがち!間違いだらけの目標設定方法

header

どうも仁藤です。

あけましておめでとうございます!

どうぞ今年も宜しくお願いします。

 

さてさて、2017年が始まったわけですが

きっとまだお店がお休みの方も多いでしょう。

 

私の店も5日までお休みです。

 

思い思いに過ごされていると思いますが

私としてはこの年始の時間を使って

あなたに、今年の目標を立てて欲しいと思っています。

 

やはり目標があることで

去年の売上を超えられるし

去年の自分を超えられるからです。

 

ただし、ただなんとなく目標を決めても意味がありません。

 

「去年の最高月商はいくらだったから

今年はそれより30万円プラスを目指そう」

 

「今年は自分の収入を

去年の+5万円取れるようにがんばろう」

 

といった目標では意味がないんです。

 

目標を立てる上でのポイントは

「自分のあり方を決める」

ことです。

 

「自分がどういった存在であるか?」

「どういった存在を目指すか?」

「2017年が終わった時にどんな存在でいるか?」

を決めるということです。

 

少しだけ考えてみてください。

あなたは今年、どんな存在になりたいでしょうか?

 

私としてはあなたに

「専門店舗経営者を目指してほしい」

と考えています。

 

つまり、仕事で最も注力する部分を

経営にしてほしいということです。

 

お客様の髪の毛をカットするとか

厨房で調理をするとか

店頭で接客対応するとか

ではなく経営をメインの仕事にしてほしいのです。

 

例えば、あなたが美容室経営者なら

2017年が終わる頃には

サロンワークをスタッフに任せ

 

自分は週1,2回常連さんを担当するだけで

残りのほとんどの時間は経営に使い

 

売上を上げたり

集客を増やしたり

新店舗を続々出店する。

 

そんな存在になってほしいと考えています。

 

そうすることで売上的にも、集客的にも

もちろん収入面でも2017年に飛躍できます。

 

そしてなによりスタッフのためになります。

 

私はスタッフが最も大切だと考えています。

スタッフの成長、スタッフの未来を広げることが最も重要です。

 

まあ小さな店の経営者の方なら

みなさんスタッフが大事だし

スタッフを大切していると思います。

 

ただ、あなたが店にいなければいけないという

状況を抜け出さない限り

スタッフの成長は止まります。

 

あなたがお客様の髪を切っているということは

スタッフが髪を切る時間・チャンスを

奪っているということになります。

 

あなたが売上を作っていたら

スタッフが売上を作るチャンス・経験を

奪っているということになります。

 

あなたが現場にいることが

実はスタッフの成長を止めてしまう

原因になっているということです。

 

だから、1日も早く現場から離れることが重要なのです。

 

スタッフの成長を加速させる上でも

店の売り上げや集客を増やしたり

自分の収入を増やす上でも重要なのです。

 

実際、私はこの考え方があったから

都内で4店舗も持つことができたし

それなりに繁盛させることができたのだと思います。

 

「自分自身が現場にいなければいけない状況から

早く抜け出して経営側に回ろう」

 

「スタッフだけで店が回る状態を

1日でも早く作ろう」

 

と考えていたから、店舗数を増やすことができたし

売上も増やすことができました。

 

当然、スタッフの人数も増やすことができました。

かけがえのない仲間が増えました。

 

最近告知していたオリジナルシャンプーも

スタッフが店を支えてくれていたからこそ

開発できた物です。

 

売上が上がる見込みがあったり

新規出店する計画を立てられなければ

オリジナル商品なんて開発できないですからね。

 

ずっと現場にいなければいけなかったら

商品開発に費やす時間もありませんし。

 

もちろんこうしたコンサル活動をすることも

できなかったでしょう。

 

スタッフに店を任せられているから

自由な活動ができています。

 

また、このように自分が自由に活動している姿を見せることで

スタッフにも良い影響を与えられているんじゃないか

とも思っています。

 

つまり、専門店舗経営者という在り方を追求したからこそ

自分の可能性も、スタッフの可能性も、店の可能性も

広げることができたということです。

 

なにより楽しいですよね。

多くの人に出会い、新しいことにチャレンジできるのは。

 

なので、あなたにもぜひ

専門店舗経営者になるということを

2017年の目標にしてほしいと思います。

 

そのためにスキルだったり、知識だったり、技術を

磨いていく1年にしてほしいと思います。

 

2017年はここだけに力を入れて

発信していく予定です。

 

専門店舗経営者を目指す方のために

 

・売上アップ

・集客アップ

・ウリ作り

・マーケティングスキル

・経営知識

 

をお伝えしていきます。

 

なので、もし専門店舗経営者になるつもりがないとか

一生店に立ってサロンワークをしていたいという方は

もう私の情報を受け取らなくていいと思います。

 

メルマガもfacebookもブログも読まなくて大丈夫です。

時間の無駄になってしまうので。

 

私は、自分と同じ思いを見ている人以外とは

関わる気はありませんので。

 

専門店舗経営者になりたくない人は

新年早々さようならで結構です。笑

 

ただし

「専門店舗経営者を目指したいけど、売上がまだまだ少ない・・」

「不安はあるけど、挑戦してみたい」

「どんどん店舗数を増やしてガンガン稼ぎたい」

という方はぜひ私の情報を受け取ってほしいと思います。

 

当然、いきなり専門店舗経営者になれる人は少ないでしょう。

 

私自身、店長になりたての頃は

売上も集客もカスみたいなもので(むしろ赤字)

スタッフの数も足りなかったです。

 

初めて店をスタッフに任せる時は

自信もなかったし、不安もありました。

 

常連のお客様を他のスタッフに任せることも

最初はとても心配でした。

 

あなたもきっと同じ心配をしていると思います。

 

つまり、私は今のあなたと全く同じ状況だったわけです。

そんな自分でもここまでやれることができました。

 

今では自分が何もしなくても4店舗が回っています。

店に行く日の方が少ないくらいです。

スタッフには本当に感謝です。

 

2017年は3店舗出店したいと考えています。

良い物件さえ見つかれば。笑

 

つまり、あなたにもなれるんですよと言いたいわけです。

専門店舗経営者という在り方を目指せば絶対になれるんです。

 

なので、ぜひ専門店舗経営者を目指したいという方は

一緒に頑張っていきましょうね。

 

2017年もよろしくおねがいいたします。

あなたにとって飛躍の年になりますように。

 

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。