【新動画】「選択力」の鍛え方

スクリーンショット 2018-08-05 14.32.33

どうも仁藤です。

最近、なにも告知してないのに「ホームページ制作」の依頼が殺到しています。
(NYのマッサージ師さんからも依頼がきました)

店舗集客ブートキャンプに参加したり、私の情報発信を見て

ホームページの重要性

に気づいた方が増えたからだと思います。

そこで、そんなハイセンスな方々のために(笑)、

実際に制作した「ホームページの実績紹介と解説」をしている新動画
(今回は「神奈川県横浜市の床屋バルビエーレ」のホームページの実績と解説)

を公開しました。

この動画では

仁藤は、どんな考えでウリや文章を作ったのか?
制作側の鎌田さんは、どこに気をつけてSEO対策やデザインをしてるのか?

という事について詳しく解説しています。

これからホームページ作ろう、作り直そうと思ってる方、
どこかのホームページ業者に依頼しようと思ってる方に、とても参考になるかと思います。

ぜひ、興味がある方はこちらの動画をご覧ください!

【新動画】「神奈川県横浜市の床屋バルビエーレ」のホームページの実績と解説:

また、他にも50店舗以上ホームページを制作させて頂いてますが、その一部を公開させていただきました。
今後ホームページを作る上で、参考にして頂けたら幸いです。下記リンクからどうぞ。

鎌田×仁藤によるホームページ制作実績:

ーーーーーーーーーーーーー

「選択力」を鍛えよう!

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

多くの店舗の方が、

あらゆる「選択ミス」

を犯しています。

物件の場所、ウリの設定、店舗デザインの参考例、
掲載する集客サイト、利用する広告、、、などなどです。

もっと細かく言えば色々ありますが、
冒頭で触れた「ホームページ」で言えば、

依頼する制作業者、SEO対策するべきキーワード、ウリのキャッチコピー、
デザインや構成、掲載する文章や写真、、、などなどです。

では、なぜこれらの選択ミスを犯してしまうのか?というと、

失敗している(上手く行っていない)店のマネをしてる

からです。

そりゃあ上手く行きませんよね?

なぜそんな事をしてしまうのか?というと、本職の技術や知識を教えてくれる人はいても、
経営やマーケティングを教えてくれる人がいないし、そういった環境もないからです。

それに店舗業界全体が苦しく、特に私たちのような小さな店は「上手く行ってない店ばかり」だからでしょう。

では、どうすればいいのか?

それは前回の最後にも触れましたが、単純に

選択力(セレクトセンス)を鍛える

必要があります。

今後、あらゆる”選択ミス”をしないようにです。

では、その選択力(セレクトセンス)を鍛えるためには、どうすればいいのか?

それも単純明快、

上手く行っている店のマネをする
上手く行っている店から学ぶ

しかありません。

そうですよね?

前回DJの話をしましたが、DJは曲と曲を繋いでオーディエンスを盛り上げることが仕事ですが、
最初は有名な海外のDJプレイなどを聞いて、新しい曲を見つけたり、曲と曲の繋ぎ方をマネしたりします。

それを続けていく内に、選択力(セレクトセンス)が鍛えられ、独自性(オリジナリティ)が生まれてくるわけです。

逆に、下手なDJやセンスのないDJのマネをしたり学んだりしてたら、そうなるわけないですよね?笑

けどあなたは、「教えてくれる人がいない」「やり方がわからない」からと言って
それと同じようなミスを犯してしまっている、ということなんです。

分かりますよね?

ですからあなたが今後、”選択ミス”を犯さないように「選択力(セレクトセンス)」を見に付けること。

そしてそのためにも

上手く行っている店のマネをする
上手く行っている店から学ぶ

ようにすることです。

冒頭でお伝えした新動画では、

地域問わず30〜100名のホームページ集客に成功している私たちが
実際に制作したクライアントのホームページの成功事例を解説

していますので、必ず役立つでしょう。

ぜひ動画を観て、マネをしたり学んで頂けたら幸いです。

では、下記リンクからどうぞ。

【新動画】「神奈川県横浜市の床屋バルビエーレ」のホームページの実績と解説:

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。