ムダな競争を無くす!あなたの店の「聖域」の作り方とは?

FullSizeRender (3)

どうも仁藤です。

今、パリにいます。笑

実は、友人であり一緒にビジネス展開も企てている
ファッションデザイナーのヒデが、
パリでPOP UP STOREを開催したからです。

当然、日本で開催したことはありますが、
パリでの評価も高く、協力者もいてくれた事で
開催が決まったという経緯だそうです。

ファッションの国・パリに友人の作った服が並び、
現地の人が購入していく姿を見ると、なぜか私まで誇らしくなりました。笑

昨日で3日間のPOP UP STOREは終了したので、
少し観光や買い物を楽しみたいと思います。

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

キングコングの西野さんが作った「レターポット」
サイバーエージェントが作った「abemaTV」
ヴァージルアブロー×NIKEが作った「THE TEN」

どれも

・今までにないモノ

を作ったことにより注目、話題を集めました。
(レターポットはまだ始まったばかりだけど)

これは、私たち店舗ビジネスにおいても言えることで、
“今までにないモノ”を打ち出すことで繁盛店に繋がります。

それはウリや内外装もそうですし、細かいことを言えば
作るスタイルや料理や商品などもそうです。

けれど、なぜか多くの店舗経営者が、

「今までにないモノを生み出そう」という意識が足りない

と感じています。

だから、ムダに競合・競争し、経営が苦しくなるわけですね。
(価格競争、技術競争、商材競争などに陥るパターン)

これは日本の教育が大きく関わっていると思います。

会社に属し、言われた事をやるよう教育されてしまい
「前ならえ・右向け右思考」になっていて
周りと逸脱した行動ができない人が多いのでしょう。

(偉そうに言ってますが、私もその1人です。苦笑)

また、文化人類学者のベネティクトによると、日本人は恥をかきたくない種族らしく
その「恥をかきたくないマインド」が問題とも言えるかもしれません。

ですが、だからこそ無理やりにでも

・今までにないモノを生み出す意識

を持つこと。

それこそが、他店とのムダな競合・競争を無くす
あなたの店だけの”聖域”を作ることに繋がるのです。

じゃあ具体的にはどうすればいいのか?

極端に言えば、冒頭に挙げた「レターポット」「abemaTV」「THE TEN」も、

・すでにあるモノからヒントを得ている

だけなのです。

「レターポット」であれば、郵便で送る手紙や、結婚式に送る電報、メールやSNSからヒントを得て、
暗号通貨付きでネットを通じて手紙を送れるようにしたのでしょう。

暗号通貨は換金もできるようになるらしく、
間に入る業者などに手数料を払うくらいなら、その方がお互いにとっていいし、

メールやSNSと違ってお金がかかるから、関係性が構築できてる人からしか送られてこない。
ですから、本当の意味で気持ちも伝わると思います。

また、被災地への支援金や物資問題からもヒントを得ています。

よく分からない団体に支援金を送ったり、現実問題ゴミになってしまってる物資を送るより
レターポットを通じて暗号通貨を送れば、ネット上とはいえ
直接手渡せて必要な資金に使ってもらえる。

そんな風に、今までにないサービスが生み出されました。

「abemaTV」であれば、コンプライアンスを気にし過ぎるテレビや、
定額かかる動画配信サービス系、なんでもありの無料動画サイト系からヒントを得て、
今までにない”第2のテレビ”という聖域を作れてると思うし、

「THE TEN」であれば、既存のNIKEのアイテム、今までのNIKEとのコラボアイテムからヒントを得て、
“10種類のNIKEスニーカーとのコラボ”という今までにないアイテムを生み出しました。

ただそれは、
「天才だから、特別な人間だからできるんでしょ?」
と思いますよね?

確かに、ここまでの規模感のレベルを生み出すことは
私たち凡人には難しいかもしれません。

ですが、”あなたの店があるエリア内”での話ならどうでしょうか?

例えば、イルミナカラーなどの商材を押してる美容室が多いなら
「カラーは診断が命!あなただけの最強カラーレシピを作るカラードクター在籍!」
と打ち出してみてもいいかもしれません。

入りづらそうなオシャレなBARが多いなら
「バーテンダーからお酒を学べる”一見様”歓迎BAR!」
と打ち出してみてもいいかもしれません。

そんな風に、

・エリア内にあるライバル店をつぶさに見ていき
・あなたの店が得意なこと、優れてることの中から
・他店が打ち出していないモノはないか?

探してみてください。

そうやって、”今までにないモノ”を生み出せれば
あなただけの聖域を作れ、ムダな競合・競争をする危惧が無くなるでしょう。

ぜひ、参考にして取り組んでみてくださいね!

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。