【店舗経営戦略】サロンワークから離れて「店舗系マーケター」になるための秘訣とは?

デムナヴァザリア

どうもキャンセル待ちが多くて殺到していて嬉しい悲鳴の仁藤です。

店舗系マーケター養成入門講座ですが、

「忙しくてメルマガ見落としてました!もう東京は埋まっちゃいましたか?
ぜひ参加したいです!仁藤さんにお会いしたいです!」

という方がたくさんいて、

特に東京会場では、キャンセル待ちに溢れている状態です。汗

本当にありがとうございます。

そりゃやっぱ

「会いたい!」

なんて言われちゃうと素直に喜んじゃう私ですので、笑

どうにか増やしてあげたいとこなんですが、

今回は本当に少人数を相手にして、

「1人1人と向き合い勝たせたい!」

という想いが強いんですね・・・

なので、今回は申し訳ありません。

本当に心が痛みますが、
こういったチャンスを逃さないのも人生を変える上で大事なことなので、
メルマガ配信を欠かさずチェックしといてもらえたらなと思います。

あと何でもそうですが、どっかで

「勝負」

しないと絶対勝てないんで。

迷ったら

「勝負しないとダメ」

ですよ、ほんと。

私の今までの経験上、

勝負したから、成長したし
勝負したから、繁盛したし、
勝負したから、人生が変わった

ので。

私はそういった人生の分岐点が3、4回ありましたが、

あなたも

「人生の分岐点を意識的に起こす」

ようにしましょうね。

待ってても絶対こないんで。

では、本題。

今日は金曜日ということで、新音声(podcast)配信の日です。

今日の内容は、

『サロンワークから離れて「店舗系マーケター」になるための秘訣とは?』

です。

【本日18時頃】に配信しますので、こちらから登録(購読)
しといて下さいねん。

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

podcastのリスナーから来た、

「博多で美容室を経営しています。
仁藤さんと同じく、5席のお店です。スタッフは3名います。
いつかサロンワークを離れて、経営側に回ったり、
仁藤さんのおっしゃっている店舗系マーケターになって、誰かのお店を繁盛させたいです。
どうすればサロンワークから離れられますか?」

という質問にお答えしています。

私に相談に来る方の中でも、

・サロンワーク(現場)から離れたい
・誰かのお店のコンサルをしてみたい

という方すごく多いんですが、

サロンワーク(現場)から離れることは

「簡単」

なんですよ。

でも、なぜかできない。

一個言えることは、みんな

「うぬぼれ屋さん」

なんじゃないかなってこと。笑

あなたも、そうじゃないですか?

私なんか全くもって自信なんか無いから。

けど、だからこそサロンワーク(現場)から離れて、

・最新マーケティングを学び、自分の店に取り入れ、常にバージョンアップさせたり、
・他のお店をコンサルし、繁盛させたり

っていう活動ができるんですよ?

わかりますかね?

これは、私やこのリスナーのような理美容業界だけじゃなく、
どの業界でも当てはまる事です。

その辺りについて、今日のpodcastで話してるので、

ぜひ今日の新音声

サロンワークから離れて「店舗系マーケター」になるための秘訣とは?

を聴いてくださいね。

また、音声の中では触れてませんが、

「まず自分のお店を繁盛させなきゃ、サロンワーク(現場)は抜けられない」

んで。

だってそうですよね?

・毎月、安定的に集客できるルートを確保したり
・ちょっと下がったくらいじゃなんの影響もないような売上だったり

に、してあれば心配や不安も減りますよね?

だから、

「店舗系マーケターになろう」

ってしつこく言ってきたのもあるんですね。

などで、そういった事み前提で、本日のpodcastを聴いてねん。

チャンネル登録(購読)もよろしくです。
(「本日18時頃」配信されます)

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

では。

にとう。

yohe-blog-footer10

相談

fb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。