ウリがなければ「ルーツ」を探ろう

26-c-1024x683

どうも仁藤です。

先日もお伝えしましたが、

・明日18日の朝6時に
・「Podcast収録会」の募集

を開始します。

仁藤に直接相談できるこの機会を、お見逃しなく。

「先着10名限定」で、参加費用も異常に安いので(笑)、
スグに締め切ることになると思います。

いつものセミナー形式と違い、一人ひとりと対談することになるので、
あなたとお話しする時間はたっぷりあります。
集客でも求人でも、聞きたい事を何でも聞いてください。

メールやLINEじゃ質問しづらいこともあるでしょう。
この機会に私に直接ブチまけてください。笑

とはいえ、何となく仁藤に会ってみたい、なんか仁藤と話したい
という軽い気持ちでも全然オーケーです。笑

私が話を上手く聞き出しますので気軽にご参加ください!
私の秘密のアジト(笑)で待ってます。

では、明日の朝6時に送られるメールを必ずチェックしてくださいね!

先日配信されたPodcastでも
Podcast収録会について詳しく話していますので
まだ聴いてない方は、下記リンクから聴いてください。

【Podcast】Podcast収録会について:
(このリンク先からYouTubeも選べます)

ーーーーーーーーーーーーー

では今日の本題です。

多くの方が、”他店とは違うウリを作ること”
苦戦しているようで、よく相談をされます。

そんな方には

あなたの好きなスタイルやジャンルは何なのか?
あなたの得意な技術や客層は何なのか?
あなたの拘っている事や特に力を入れてる事は何なのか?

と質問します。

そうすると、多くの方が「特にない」と答えがちなのですが、
それは、無意識でいるからです。考えていないだけなんです。

そこを改めて意識して、よーく考えて欲しいのです。

なぜ、そんなことをさせるのか?というと

・そこにあなただけの”オリジナリティ”があるから

です。

オリジナリティ溢れるウリが作れれば
当然、他店と差別化できますし、
欲しい客層を存分に集客することができます。

では、どうすればいいのか?

好きなスタイルやジャンルの”ルーツ”を探ってみたり、
“不得意”や“嫌い”から考え、消去法で見つけてみてもいいでしょう。

分かりますかね?

例えば、あなたが
今流行りのロックバンド「ONE OK ROCK」の
スタイルやジャンルが好きだとします。

そうしたら、その「ONE OK ROCK」の

・”ルーツ”を探る

んです。

「ONE OK ROCK」ボーカルのTAKAが好きなアーティストは?
「ONE OK ROCK」のメンバーが影響を受けた音楽やジャンルは?

ネットで検索したり、雑誌を読んだりすれば出てくるでしょう。

そのルーツを知ることで、あなたはより知識が深くなりますし、
そのルーツをあなたのウリに変換・引用できるかもしれません。

私は「ONE OK ROCK」に興味がないので、よく分かりませんが
彼らが「ランシド」や「NOFX」が好きだったとします。
そして、あなたもそのバンドを好きになれたとします。

そうなると、「ランシド」や「NOFX」は”西海岸パンク”なので、
そのスタイルやジャンルを、ウリに変換・引用できるかもしれない。
そのテイストを、店の内装や外装にも活かせるかもしれない。

そんな風にルーツを探り、ウリに変換・引用することで
あなただけの”オリジナリティが滲み出てくる”んです。

何となくイメージできましたかね?

また、”不得意”や”嫌い”な技術や客層から絞り込み
前面に打ち出す技術や客層を決めることで
さらにオリジナリティ溢れるウリに強化させていもいい。

そんな風にウリを作るからこそ

・他店と差別化し
・新規客を引き寄せる
・唯一無二のウリを作れる

んですね。

日本唯一の”ファッション”フォトグラファーと言われ
海外の一流ブランドや一流ファッション誌から依頼が殺到する
鈴木ちかしさんもインタビューで同じようなことを言っていました。

「日本のフォトグラファーは、流行りやソレっぽい芸風をコピーするだけ。
だから海外や一線で活躍できない。
海外や一線で活躍するには、絶対的な”オリジナリティ”が必要。

そのためには好きな写真の模写から始めるのはいいが、
そのフォトグラファーの”ルーツ”を知ること。解釈すること。」

また、

「そこから斬新なロジックやアイディアが生まれ”オリジナリティ”になる」

というような事も言っていましたね。

ぜひ、あなたもルーツを探り、あなだだけの絶対的なオリジナリティを見つけ、
唯一無二のウリを作っていただけたら幸いです。

もし、ウリ作りで悩んでる方がいれば、今度開催する

・Podcast収録会

で相談してください。

先にも言いましたが、Podcast収録会の募集は

・明日18日の朝6時

に開始します。

送られるメールを必ずチェックしてくださいね!

ではまたメールします。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。