リピーターを増やす1%の積み重ね方とは?

0613

どうも仁藤です。

パリから帰ってきたら事件が起こりました。

あるスタッフから「辞めたい」と連絡がきたのです・・・

“スタッフ命”の私にとって1番の恐怖の瞬間です。

すぐに電話で1時間ほど話し、夜の予定をキャンセルし会いに行ったことで
辞めないことになりました。あぁ、良かった。

そのスタッフの話を聞いたら、モチベーションが下がっていて、
違う環境なら変われんじゃないかと思った、と言うことでした。

私はそれ自体は否定せず
「選択肢は無数にあるし、なんでもOK。やってみないと分からないし。
ただ、そういう精神状態の時こそ冷静な判断・選択をしてね」と伝えました。

マイナスの精神状態の時って、誤った判断をしがちですからね。

ここ1年くらい、幹部にスタッフ管理を任せっきりだったので
私がスタッフと1対1で話す機会を作らなきゃいけないなと、改めて思いました。

こうなってしまうのも、すべては私(経営者)のせい。

去年、吉祥寺店をオープンし5店舗になり、
大人数のスタッフを抱えるようになったからこそ、
よりスタッフ1人ひとりに気を配るようにしたいと思います。

ーーーーーーーーーーー

では本題です。

昨日配信されたPodcastは聴いて頂けましたか?

今回のテーマは

・繁盛店はリピートが鍵!リピーターを増やす1%の積み重ね方とは?

です。

「仁藤さんの店でやっている
リピートされるための工夫や、リピートに繋げるシステムを知りたい」

という質問をいただいたので回答しました。

お客様がリピートしてくれない!スタッフのリピート率が悪い!
という問題を抱えている方は、ぜひ下記リンクから聴いてくださいね!

繁盛店はリピートが鍵!リピーターを増やす1%の積み重ね方とは?:

店舗の相談・質問はLINE@へ。
完全無料ですので気軽にどうぞ。

LINE@登録してない方はこちら:
(仁藤の最新書籍プレゼント中!)

多くの美容室でも、リピーターを増やす工夫は
かなりされていると思いますし、
私の店でやっている事もあまり変わらないと思います。

ただ、リピーターを増やすには

・リピートしてくれる確率を1%ずつ上げる作業

が重要だと思っています。

技術力、知識力、商品力、接客力、人間力を上げる事もそうだし
細かい事を言えば、掃除、挨拶、言葉遣いを気をつける事もそうです。
もっと言えば、心理的なアプローチからお客様に気持ち良くなっていただく事もそう。

そういった、一つ一つを積み上げること。

地味で地道ではありますが、それこそがリピーターを増やす方法だと思っています。

でも私は、それよりも重要なことがあると思っています。
それは

・スタッフが働きやすい環境を作ること

です。

お客様のリピートの話をしてるんだよ?と言われそうですが、
お客様と接するのはスタッフです。

スタッフが気持ち良く働ける環境を作ってあげることで
お客様への接客も自然と向上するでしょうし、
お客様にとって居心地の良い環境になると考えています。

だって
「各スタッフが意欲的に楽しそうに働いてる店」と
「上司から大声で説教され、各スタッフが窮屈そうに働いてる店」だったら
どっちの店に行きたいですか?

圧倒的に前者のような店ですよね?
(たまに後者のような店があるんです・・・)

じゃあ、スタッフが働きやすい環境を作るにはどうすればいいのか?

それは簡単で、
積極的にスタッフとコミュニケーションを取り、
スタッフの意見に耳を傾け、取り入れることです。

そうすれば自ずと、スタッフが働きやすい環境になっていきます。

そしてそれこそが、

・最もリピーターを増やす秘訣

だと私は考えています。

グッチCEOであるマルコビッザーリも、会社の成長を続けるために
社員その人のところまで出向き、握手をして敬意を持って話を聞くと言っていました。

繁盛店に成長するには、リピーターを増やすことは必須。

そのためには、お客様と対峙するスタッフの話を聞き
気持ち良く働ける環境を作ってあげることです。

その辺りについて、今日のPodcast

・繁盛店はリピートが鍵!リピーターを増やす1%の積み重ね方とは?

で解説しています。

ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね!

繁盛店はリピートが鍵!リピーターを増やす1%の積み重ね方とは?:
(PodcastでもYouTubeでも無料で聴けます)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。