【本日終了】効率化・量産型のチェーン店に負けない小さな店作りを

008_ChillChair吉祥寺

どうも仁藤です。

一昨日から募集している

私仁藤による『新規出店プロデュース』

ですが、本日で受付終了になります。

すでに登録してくださった方は、本当にありがとうございます。
繁盛戦略について語った無料音声を、ぜひ役立ててください。

また、まだ登録してない方は、ぜひ詳細だけでも確認してみてください。

登録ページには「1年以内に出店予定の方」と書いてありますが、
2年後とか、3年後とか、いつか出店予定、とかの方でも構いません。

せっかくなので、登録者限定でプレゼントしている
繁盛戦略の音声を、今後のタメに参考にして頂けたらと思います。

あと数時間で受付終了なので、すぐ下記リンクから登録してくださいね!

【新規出店プロデュース】詳細はこちら:
(本日受付終了)

ーーーーーーーーーーーーー

チェーン店より「小さな店」が繁盛すべき

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

昨日、パン屋「わざわざ」を例に出し

時代に合った繁盛戦略を構築しよう

という話をしました。

パン屋「わざわざ」の繁盛戦略は、

・ブログ→SNSなど時代に合ったプラットフォームで発信し、ファン集めた
・それぞれのプラットフォームの特性を理解し、文章や写真にも力を入れた
・20種類あったパンを、最終的に2種類まで減らした

などなどです。
(もっとたくさんあるので、今度Podcastで紹介しますね)

こういったことを1人でやろうと思っても、店舗の実務もありますので、
忙しくて手が回らないのが実情じゃないでしょうか?

もしくは、店舗業で凝り固まった脳ミソでは、思いつきもしないかもしれません。
(「わざわざ」の繁盛戦略は、経験ゼロの主婦だからこそ思いついたのかも)

だからこそ今回、私といっしょに繁盛店を作り上げる

新規出店プロデュース

を企画したんですね。

昨日もお伝えしましたが、大手チェーン店だって
それなりのサービスや品質を提供している時代です。
実務的な向上だけでは、繁盛できない時代なんです。

そういったことではなく、パン屋「わざわざ」のような

ウリ作り
WEBマーケティングの活用

この2つが、今の時代に合った繁盛戦略となります。

実は大手チェーン店だって、上手にできてないんですよ?
というより、大手チェーン店が通れない”抜け道”があるんです。

その小さな店しか通ることができない”抜け道”を構築することができれば、
一気に繁盛店へと突き進むことができます。

本日受付終了となる『新規出店プロデュース』では、

「抜け道=繁盛戦略」を私といっしょに構築し
最短最速で繁盛店になろう

という企画になります。

地方だから、、、田舎だから、、、とか関係ありません。
むしろそういったエリアのほうが、できていない店ばかりなので
チャンスしかありません。

もう効率化・量産型の大手チェーン店に負けて欲しくない。
お客様のこと想いサービスを提供している小さなお店に繁盛して欲しい。

心からそう願っています。

正直『新規出店プロデュース』は、各地域まで何度も足を運ばなければならないので大変さはあります。笑

ただ、日本全国の小さなお店が元気になることが、暗いニュースしかない日本を元気にすると信じていますし、
実は私自身、過去に倒産寸前の大赤字店を経営してきた辛い経験があります。

そういった思いをする経営者を1人でも多く減らしたい、日本社会に貢献したいといった思いがあり、
『新規出店プロデュース』をやる決断をしました。

手前味噌ですが、私の店だけでなく、今まで倒産寸前の大赤字店を繁盛店に変えてきた数多くの経験がありますので、
出店前から関われる『新規出店プロデュース』であれば、必ず繁盛店にできるという自信があります。

ぜひ、私と「最短最速で繁盛店にしたい」と思っていただける方は、二人三脚で頑張りましょう。

ということで、

『新規出店プロデュース』の詳細を知りたい方
「繁盛戦略」の音声が欲しい方

は、ぜひ下記リンクから登録してくださいね!

【新規出店プロデュース】詳細はこちら:
(本日受付・完全終了)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。