「優先順位」を間違えてる人が多い件について

どうも仁藤です。

昨日から

・第2回Podcast収録会の募集を開始
(募集・詳細ページはこちら)

しております。

前回参加してくれた方々が

「各地域の出逢えることのない方と繋がることができ
情報交換したり、高め合える経営者仲間ができたことが
すごく嬉しかった」

と仰ってました。

経営者って孤独ですよね。
歩む道筋を正してもらえたり、指摘してもらえることって
中々ありません。

私はそれこそが、

・繁盛店へと突き進めない要因

だと思っています。

だって自分で、自分のやってることの間違いに気付くことって
そうとう難しいことですから。

そう思いませんか?

ですから私も、情報交換したり高め合える「仲間」を作り
進む道を間違えないよう、繁盛の道を見誤らないようにしています。

そうするためには、

・自ら「仲間」を作る努力

をしなければなりません。

しかも、足の引っ張り合いをするような低レベルな関係性ではなく、
お互いを高め合える高レベルな関係性です。

私のセミナーなどに参加してくれる方は、
皆さんほんと意識の高い方ばかりですので

ぜひPodcast収録会に「仲間作り」に
来ていただけたらと思います。

10名限定と少数制になっているので
より深い関係になれると思いますよ。

ただそのPodcast収録会も
「残り3席」となりました。
今日中に満席となるでしょう。

興味がある方は
今すぐ下記リンクからお申込みくださいませ。

【第2回Podcast収録会】詳細・申込ページはこちら:
(前回の参加者の感想も載ってます)

ーーーーーーーーーーー

では本題です。

私に相談にくる方の多くが

・「優先順位」を間違えている

と感じています。

例えば、チラシやWEB広告を出す前に
まずウリを作らなければいけません。

だって、チラシやWEB広告に何を書くんでしょうか?

他店と同じような在り来たりな内容では、
見ても読んでももらえません。

他にも、ブログやらSNSやらをやる前に、
まずホームページや集客サイトのページを作らなければいけません。

だって、お客様は最終的にどこから予約してくれるのでしょうか?

ブログやSNSの記事を見ても、最終的にホームページや集客サイトがなければ、
予約できません。

もっと細かいことを言えば、PPC広告を出す前に
まずgoogleやyahooのキーワード選定をしなくてはいけません。

だって、なんてキーワードでPPC広告を出すんでしょうか?

広告文や広告費をどうするかよりも、
実際に検索されてるニッチなキーワードを選定しなければ、
集客できません。

他にもたくさんありますが、こういった大きなことから細かいことまで

・「優先順位」を間違えている

方が多いんですね。

それは前にもお伝えしましたが、店舗業界には
「繁盛戦略やマーケティングを教えてくれる人がいない」
ことが大きな原因でしょう。

じゃあどうすればいいのか?

それは

・「実績」がある人から学ぶ

しかありません。

どうしても独学で学ぶには限界があります。
なにが正しいのかも分かりませんし、間違ったことを学び、
遠回りしてしまうこともあります。

ですから私の場合なら、
日本でトップクラスのマーケッターのセミナーやコミュニティで学び、
自分の店を大赤字店から繁盛店へと変えました。

たぶんどの業界でも

・上手く行ってる人と、上手く行ってない人との差

は、ここにあると思います。

というか、

・「実績」がある人から学んでいるか、学んでいないか

ここだけだと思います。

ヒューストン出身のマイクジョーンズというラッパーも
ビジネスノウハウを持った祖母から教えを請い、
一躍トップスターの仲間入りをしました。

彼は、ラップスキルがある方ではなかったのですが、
HIPHOP業界と接点の多い、ストリップクラブに着目し
そこのストリッパー(ダンサー)達に、無料で曲を作ってあげたんだとか。

そうすることで、常にストリップクラブで彼の曲がかかるようになり
HIPHOP業界から声がかかって、レーベル契約に至ったそうです。
(STILL TIPPIN’って曲はバカ売れし、ヒューストンもラップの地として名を馳せました)

面白いですよね?

これも、自分がラップスキルが足りないのが原因だと思って、
ラップの練習をしたり、ライブばかりしてたら、
他のラッパーと同じように埋もれていたかもしれません。

これは店舗業界にも言えることで、
技術を磨けば、お客様に来てもらえると勘違いしてる方が多い。

もちろん技術を磨くことは大事なことですが、
それはどこの店でもやっていることです。

ですから、マイクジョーンズのように

・「実績」がある人から学び
・「優先順位」を間違えない

ようにすること。

それこそが、繁盛への最短ルートだと思います。

ぜひ、現状うまく行ってない人、優先順位を間違えてるかもと感じる人は、
参考にしてみてくださいね!

ということで、私も実績を出せたノウハウをお伝えすることで
少しでもあなたに貢献できればと思っていますので、
もし興味があれば、Podcast収録会に来て相談いただけたら幸いです。

【第2回Podcast収録会】詳細・申込ページはこちら:
(残り3席・早めにお申込みを)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内6店舗の理美容室代表 【店舗経営者として】 理容師になり5年目に、前店長の突然の退職をキッカケに自身が店長に就任。5席で月商105万円、新規客ほぼゼロ、スタッフ3名の赤字床屋の経営を任される。その後2年間で、1席当たり70万円売り上げれば優秀とされる理美容業界で、月商500万円を売り上げる繁盛店になる。怒涛の衰退産業である理美容業界でこの数字は圧倒的。2018年9月には「Chill Chair 高円寺北口店」をオープンするなど新店舗を続々出店中。 【コンサルタントとして】 現在では他店舗のコンサルティングにも力を入れている。店の「ウリ」を発掘し、独自の「スタイル」を軸に売上アップを実現する手法で実績多数。クライアント数は累計350店舗以上(2018年10月現在)。業種は理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロン、治療院、製菓店、ワインショップ、眼鏡店、スポーツスクール、ダンススタジオ、通販など様々。エリアは北海道から沖縄まで日本全国、海外ではニューヨークなど各地にクライアントがいる。SEO対策に特化したホームページ制作も行なっており、制作実績は70店舗以上。全くのゼロベースからの新規出店プロデュースも手掛ける。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は、当時絶大な人気を得ていた芥川賞受賞作「火花」を抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得。さらに同年の「Amazon2015年大賞」を受賞した。2016年9月には4冊目となる著書「店舗系マーケター」を出版。 【メディア掲載実績】 ・メンズプレッピー2016年3月号掲載(表紙) ・メンズプレッピー2016年4月号掲載 ・テレビ東京経済情報番組「モーニングチャージ」2016年8月出演 ・・・など多数。