口コミを増やして新規客を集客するたった1つの条件とは?

5177122fa9d95ec387e85ee92611641f_s

こんにちは。仁藤です。

 

今回は

「口コミを増やすにはどうしたらいいですか?」

という質問に回答していきます。

 

集客に関連付けて解説していこうと思っていますので

ぜひ店舗経営者さんは参考にしてくださいね。

 

口コミ客の重要性

新規客を集める上で意識していただきたいのが「優良顧客を集客する」ということです。

ただ人数が増えるだけではダメだという事です。

あなたのお店に何度も何度も来店してくれて、オプションメニューもどんどん利用してくれる。

そんな優良顧客を集める事が重要だという事です。

 

口コミ客は最高の優良顧客です。

まず、口コミ客はクーポン客よりもリピート率が高いです。

 

理美容業界では、ホットペッパーのクーポン利用で来店される方の

リピート率はわずか15%程度と言われています。

 

7人集めてやっと1人再来店してくれるということです。

クーポンで安くしているのだから、何度も来てもらえ無いと元が取れ無いのに、

たった15%では商売上がったりですよね。

 

対して、私の店は口コミのお客様が多く、リピート率は60%以上あります。

月200人の新規客を集めていることから考えると、この数字はかなり以上だと思います。

さらに、口コミ客のリピート率は80%以上です。

 

だからしっかりと毎月お客様の数が積み上がり

安定した基盤になっているわけです。

 

また、口コミのお客様の場合

初回来店にも関わらず担当者を指名してくれたり、

接客していて気持ち良いというメリットもあります。

 

これらの理由から、あなたにも口コミ客をどんどん集めてほしいと思います。

それでは、具体的にどうすれば口コミ客が集まるのかについて解説していきますね。

 

口コミで紹介される店の条件

口コミは自然に起こす。だけれども意図的に。

「口コミを増やそう」と考えた時に多くの方は「初回カードを作ろう」「Twitterでシェアしてもらおう」と考えます。

ですが、これは無理やり口コミを起こしているだけであり、本当の口コミではありません。

偽物の口コミですから、集客にはつながりません。

 

本当に効果があるのは、自然な口コミです。

例えば、お店から何も渡されていないし、割引も無いのに「この床屋いいよ」「このカフェ行こうよ」と自然に紹介されて初めて、集客につながるわけです。

 

しかし、何もしなくても口コミが起きることはありません。

「口コミが自然に巻き起こるように意図的に仕掛けをする」ここが最大のポイントです。

 

紹介”されにくい”お店になっていないか?

ここで「人の紹介」を例にとって考えていきましょう。

人に紹介されやすい人・あなたが紹介しやすい人はどんな人でしょうか?

 

何も特徴が無い人よりも、特徴がある人の方が紹介しやすいのではないでしょうか?

 

例えば「顔がかっこいい」「自分の親友だ」「柔道チャンピオンだ」「バンドをやっている」「仕事ができる」など、紹介者のウリがなければ紹介しづらいと思うんですね。

 

お店もこれと全く同じで、「この店はここが素晴らしい」「こんな特徴がある」というポイントがなければ口コミは起きません。

 

「ただの床屋」「ただのパスタ屋」では誰も紹介しようと思います。

でも特徴があれば「西海岸バーバーって知ってる?」「男のイタリアンって聞いたことある?」というように話のネタになるわけです。

つまり口コミされるということです。

 

ウリを明確にして、思わず口コミしてしまう店に

つまり「ウリ」を明確にすれば、話のネタになる(=紹介される・口コミされる)ということです。

特徴の無い店から脱却して、思わず誰かに話したくなる面白い店を作っていきましょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。