ホームページから集客するためのSEOの上げ方とは?

f70c9c862ed6f480610e1e2ae6cb91ef_s

こんにちは。仁藤です。

 

今日は

 

「美容室を経営しているのですが、集客がうまくいっていません。

 ホームページから集客するにはSEOが重要だと思うのですが、SEOを上げるにはどうしたら良いでしょうか?」

 

というご質問に答えていきます。

 

ホームページから毎月自動でお客さんを集客することができたら良いですよね。

実際に私の店では、1ヶ月の維持費がたった500円のホームページから毎月100人を集客しています。

費用対効果は抜群です。

 

そして何より、しっかりと目的を持ってホームページを作れば

何度も何度もリピートしてくれる良質な優良顧客を集めることができます。

 

ホットペッパー等の集客サイトで集めた

クーポン目当てのお客様とは全く質が違うということです。

 

今回は具体的なテクニックまでお伝えしていきますので

ぜひこの記事を読んだ後に実際に使って成果を出してくださいね。

 

ホームページで集客するための大前提ルール

まず大前提としてお伝えしたいのが「ホームページで集客するのは、自分のお店を知らない人」だということです。

つまり、あなたのお店を既に知っている人のことは一切考えなくて良いのです。

 

これはなぜかというと「SEO対策をしなくても、あなたのお店に興味ある人はホームページに来る」からです。

 

あなたのお店を知っていて、ホームページを探している人は

あなたのお店の名前で検索をするはずです。

 

その場合わざわざSEO対策をしなくても、自然に上位表示されているので、SEOを意識する必要はないのです。

 

ホームページで集客をするのは、あなたのお店をまだ知らない人です。

 

例えば、あなたのお店が新宿の雰囲気の良いイタリアンレストランだとします。

その場合、新宿で友達の誕生日をお祝いしたいと考えている人にいかにホームページにアクセスしてもらうか?

を考えるのが大前提だということです。

 

この大前提を頭に置きながら、具体的な実店舗のホームページで集客方法をお伝えしていきますね。

 

SEOを上げて集客するために最低限すべきこととは?

一口にSEO対策といってもやることはたくさんあります。

基本的なことから、細かい部分まで本気でやろうと思ったらキリがありませんし、全てを経営者さん1人で行うことは無理です。

 

ですから今回はSEOを上げて集客するために重要な、最低限対策しておきたい2つのポイントについて解説していきます。

まずはこの2つを行ってください。

その上でさらにSEOを学びたければご自身で学ばれたり、SEO業者さんに依頼しても良いでしょう。

 

今すぐ気軽にできて、効果は抜群な方法ですので、必ず使ってみてくださいね。

 

タイトルキーワードの決め方

タイトルキーワードはSEOにおいて最も重要なポイントです。

これだけでSEOを急上昇させることができますし、「タイトルキーワードを変えたら、新規客が+20人来るようになった!」ということは全く珍しいことではありません。

ですから、ホームページの内部をいじるまえに、まずはタイトルキーワードを最適化させましょう。

では、具体的にキーワードをどう決めればいいのかを教えますね。

 

地域名、業種名、店名を最低限入れる

インターネットで集客するためには、自分の店を知らない人(店名で検索していない人)を集める必要があるということは既にお伝えしました。

そのためには地域名や業種名など、多くの人が検索するキーワードをタイトルキーワードに盛り込むことが最低条件になります。

私が多くのお店さんの経営コンサルティングをしていて、ホームページから集客できていない店は「店名がタイトルになっている」ということが原因だとよく気付かされます。

SEOにおいてタイトルキーワードが最も重要になります。

例えば私の床屋なら、ただ「Chill Chair」とキーワードを設定するのではなく「東京都高円寺にある床屋Chill Chair」というように、地域名や業種名を盛り込んだタイトルキーワードにするということです。

 

ディスクリプション・説明文の決め方

タイトルキーワードの次に重要になるのがディスクリプション(説明文)です。

ここに地域名・業種名・店名に加えて、ウリを盛り込むことがとても重要になります。

 

キーワードにするウリは「ニッチだけど需要があるキーワード」にしましょう。

 

例えば、私の床屋の場合は「メンズ」というキーワードを入れたり、得意な技術があるなら「パーマ」と入れるなどですね。

飲食店の場合であれば「個室」「ディナー」「お祝い」「サプライズ」「二次会」といったキーワードを入れたディスクリプション(説明文)を作りましょう。

 

今はどのお店もホームページを持っています。「地域名 + 店名」だけのシンプルなキーワードではSEO対策は不十分です。

ですから、ウリを反映した第3のキーワードを盛り込み、3キーワードで集客を行うことがこの時代を勝ち抜くための繁盛ルールだということです。

 

ウリがなければSEOが上がらないし、もしアクセスが増えてもコンバージョン(来店予約など)しません。

つまり、結局はウリが最も重要だということなのです。

 

というわけでぜひ、あなたのお店のウリをもう一度考え直し、

そのウリをホームページに盛り込んで、

がんがん集客しちゃってくださいね。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

仁藤

 

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。