【新動画】脱プレイヤー宣言!スタッフが育たない最大のネック

image

どうも仁藤です。

今回で3本目になりますが、
鎌田さんと私とで作成したホームページの紹介動画
を配信します。

今回は「愛知県一宮市seven+」のホームページです。

この紹介動画では、
鎌田さんと私が、どんな所に気をつけてホームページを作ってるのか?
を解説しております。

ですので、

・集客できるホームページは、どう作ればいいのか?
・既存のホームページの、どこをテコ入れすればいいのか?

という辺りについて参考になると思います。

実際に「一宮 美容室」「一宮市 美容院」などで1ページ目上位にランクインし、
新規集客が「前年比191%」増えているという報告も受けております。

ぜひ、この紹介動画を見て、あなたのホームページ制作に活かしてくださいね!
ではご覧ください。

【新動画】愛知県一宮市seven+のホームページ紹介・解説:

また、他にも40店舗以上のホームページを制作しており
その一部を公開させていただきました。こちらも参考にして頂けたら幸いです。

鎌田×仁藤によるホームページ制作実績:

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

店舗業界では

・オーナーになっても、プレイヤーから抜け出せない

という実態があります。

理美容業界でも

自分(オーナー)がお客様をたくさん持っているから、
現場に立ち続けなければ、売上が落ちてしまう

という方が、たくさんいらっしゃるんですね。。。

あなたはいかがでしょうか?

もちろん現場が好きで、死ぬまでお客様を相手にサービスを提供し続けたい
という方も多いでしょう。

ただやはり『ビジネス』という観点でいえば

・オーナーがプレイヤーのままだと、デメリットだらけ

なんです。

その中でも1番のデメリットは

「オーナーがいつまでも現場にいると、スタッフが育たない」

ということ。

スタッフはどうしても雇われてる身ですから、
経営者思考には中々なれないものです。

ということは、あなたが現場にいることで、あなたに依存してしまい、
自分で店を変えようと思うスタッフなんて、まぁいません。

その『スタッフの意識改革』を起こさせるためにも
手っ取り早いのが、

・オーナーがプレイヤーを卒業すること(現場に出ないこと)

になるわけです。

そうすることによって、
「スタッフは依存する対象がいなくなる」ので
スタッフが自分でやるしかなくなるからです。

そうですよね?

もちろんあなたがプレイヤーを卒業したからと言って
すぐ上手くいくか?といったら、そんな簡単ではありません。

ただ、少しでも早くその体制に変えていかないと

・オーナーが現場仕事が忙し過ぎて
・やるべきマーケティングができない
・マーケティングができないから新規集客ができない
・様々な理由から顧客も減少する
・スタッフも育たない、モチベーションも下がる
・そんな状態だから単価もリピートも下がる
・売上が落ちる
・スタッフがやめる
・倒産する

という負のスパイラルに陥ってしまいます。

じゃあそうならないようにするには、まず何をすればいいのか?

それは

・振りやすいお客様から、スタッフに振る
・マーケティングをして、新規集客を増やす

ことです。

当たり前のことと思うかもしれませんが
できてないオーナーが圧倒的に多いんですね。

だからプレイヤーから抜け出せてないわけですから。
だからスタッフが育たないわけですから。

ぜひ少しずつでいいので、始めてみてください。

そうやってオーナーから頼られたスタッフは責任感もつくし、
個人の売上も上がるので、モチベーションもアップします。
ということは、スタッフの成長に繋がります。

また、新規集客を増やせれば、たとえスタッフが失客させても
その損失を補うことができます。

とはいえ、そんなことできないよ。怖いよ。と思うかもしれません。
でもやらないと、先にお伝えした通り
もっと大変な負のスパイラルに陥ってしまうので。

ぜひ、スタッフを抱えてる方は、先を見据えて

・オーナーはプレイヤーを卒業する(現場に出ない)

よう準備を進めてくださいね!

ちなみに冒頭で紹介した愛知県一宮市seven+のオーナーの早川さんは、
現場には出ていません。

現場はスタッフに任せ、早川さんは主にマーケティングを担当し、
その核として、鎌田さんと私にホームページ作成を依頼してくれました。

オーナーの仕事と、現場スタッフの仕事を、きっちり分担し、お互いが結果を出せている。

だからこそ、早川さんの店seven+は上手く行ってるんだと思うんですね。
スタッフとの関係性も良好だそうです。

ぜひ、そんな早川さんの美容室のホームページの紹介動画を、ご覧いただけたら幸いです。

【新動画】愛知県一宮市seven+のホームページ紹介・解説:

なかなかプレイヤーを卒業できない方、ホームページ集客について質問がある方は、
LINEからご相談くださいね!

まだLINE友達追加をしてない方はこちら:
(仁藤の最新書籍プレゼント中!)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。