優良顧客・優良スタッフが集まる「ペルソナ」の創り方

b18668bebacaf38bfd54e2da3b4f7ddb

どうも仁藤です。

実は先週末から体調を崩してます。
もう若くない証拠なのか、なかなか治りません。笑
日頃から体調管理はしっかりしなきゃですね・・・

そんな中。笑

今週は、月曜日にブログセミナーと、火曜日にPodcast収録会と、
少人数制のイベントを開催していました。

やっぱり店舗業をされてる方って
「実際に会いたい」「口頭で質問した方が伝えやすい」
という方が多いんですよね。

私も会いたいって言って頂ける方とはどんどん会いたいし、
質問に対しても口頭の方が回答しやすいので、

今後もこういった「店舗経営者・店舗業従事者の出会いの場」
を作っていきたいなと思いました。

いつもこういうイベントを開催して嬉しいことは、
参加者同士が情報交換したり、切磋琢磨してくれること。

得てして同業界の集まりとかって、なんの生産性もなく、
ただの足の引っ張り合いなんて事もあるみたいなので。

今回もそういう姿を参加者に見られて、初の試みだったけど、
やって良かったなぁと心から思いました。

ぜひ、また何かしら企画するので、ぜひ会いに来てくださいね!
(体調万全にしときます!笑)

ーーーーーーーーーーー

では本題です。

今日は金曜日ということでPodcastの配信日です。

今回のテーマは

・もう求人に困らない!優秀な人材が自動で集まる「ペルソナ」の創り方

です。

「求人の方法を知りたい」と質問をいただいたので
回答しました。

興味がある方は、ぜひ下記リンクから聴いてくださいね!

もう求人に困らない!優秀な人材が自動で集まる「ペルソナ」の創り方:

店舗の相談・質問はLINE@へ。
完全無料ですので気軽にどうぞ。

LINE@登録してない方はこちら:
(仁藤の最新書籍プレゼント中!)

Podcastの中でも話していますが、

・求人も、集客も、原理原則は一緒

だと思っています。

ウリを作ること。認知させること。

この2つが重要です。

まずウリがなければ他店と同質化してしまうし、
知ってもらえなければ何も始まりません。

そうですよね?

でも多くの店が、この2つが上手くできていない。

そもそも、自分の強みや武器は何なのか?よくわからない。
広告やSNSをやってもイマイチ上手くいかない。

そんな方が多いはずです。

じゃあどうすればいいのか?

まず

・ペルソナを創る

ことをオススメします。

ペルソナを創るというのは、簡単に言えば
「あなたが求めているお客様像を具体的にイメージする」
ことです。

あなたが、どんなお客様を相手にしたいのか?
どんなお客様に、どんな技術を提供したいのか?
細かく1人のお客様像をイメージしてください。

例えば、トレンドを追う若者じゃなくて30代後半の女性。
白髪も気になるけど、頭皮や髪の傷みも気になる女性。
そんな女性に、傷みも最小限に艶髪になる自社だけの白髪染めを提供したい。

(よくある商材を使ってようが、商材×独自の理論や技術があれば=ウリになるわけですよね?)

そんな風にウリが見えてくるはずです。

じゃあ例えばそこから

・白髪も傷みも解消する「エイジレス艶カラー」

なんてウリが作れたとします。

そしたらそのウリを、創ったペルソナをターゲットに
集客サイトやPPC広告やSNS広告を使って拡散する。

そうすれば、ウリに共感した見込み客に認知してもらい、集客に繋がっていきます。

求人も同じです。

あなたが求めているスタッフのペルソナを創ること。
そのペルソナをターゲットに、ウリを求人広告(SNS広告など)で拡散することです。

そうすれば、ウリに共感した見込みスタッフに認知してもらえ、求人に繋がっていきます。

とんでもない種類のあるファッション雑誌だって、
それぞれの雑誌でしっかりペルソナを創り、そのペルソナをターゲットに
情報発信や広告を出しているわけです。

(「otona MUSE」という女性誌なら、37歳・自分らしく上質におしゃれを楽しむ女性、と書いてありましたね)

そうですよね?

さらにそこから認知だけで終わらせず、
「実際に働きたい!」と思ってもらうためにも、
ペルソナを創ることが、メリットに働くことがあります。

それは何のなのか・・・?

その辺りについて、今日のPodcast

・もう求人に困らない!優秀な人材が自動で集まる「ペルソナ」の創り方

で解説しています。

ぜひ、求人や集客に困っている方は聴いてみてくださいね!

もう求人に困らない!優秀な人材が自動で集まる「ペルソナ」の創り方:
(PodcastでもYouTubeでも無料で聴けます)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。