すべては「他人に任せる」けど「自分のせい」にする事

BHCP

どうも仁藤です。

 

昨日は、ある理美容専門学校で
講演をさせていただきました。

 

そのため、日時が被っていた、

他の理美容専門学校の職業説明会
に参加できなかった

んです。

 

今後も、どんどん店舗展開を目論んでいる
当社としては、
求人活動は、“超重要任務”。

 

スタッフがいないと、
店舗展開はできませんからね。

 

ですから当然、
僕が行きたかったのですが、

 

今回は、

『スタッフに任せる』

ことにしました。

 

これも前回伝えた

『他人に任せる』

ということです。

 

いつまでも僕が
求人活動をするわけにも
いきません。

 

今後も
スケジュールが合わない事なんて
ザラにあるでしょうから。

 

ここから今日の本題に
入っていきますが、

 

そうなった時に、

「スタッフ(他人)に任せたら、失敗するんじゃないか?」

と心配になる人もいるかもしれません。

 

ホームページやコンサルを依頼するにしても

「この人(他人)に任せて、大丈夫かな?」
「この人(他人)に任せて、失敗しないかな?」

と心配になることがありますよね?

 

そういった心配を解消する方法が

1つだけ

あります。

 

それは、あなたはあなたで

『最善を尽くすこと』

です。

 

どういうことか分かりますか?

 

今回のスタッフに任せた
職業説明会を例で言えば、

 

僕ができる事は、

・しっかりスライドを作成する
・入念に打ち合わせをする

ということ。

 

そうやって、
スタッフが上手くいくように

『最善を尽くすこと』

が重要なんです。

 

コンサルでもそうです。

 

あなたが思い描いている
成果を出したければ、

 

あなた(クライアント)が

・言われたことをスグに改善する
・言われたことを徹底的に取り組む
・新たな問題点に気づき質問する

といった

 

『最善を尽くすこと』

が重要なんです。

 

分かりますよね?

 

つい他人に任せると、
“丸投げしてしまう”人がいます。

 

だから成果が出ないんです。
だから上手く行かないんです。

 

他人に任せても丸投げしないこと。
二人三脚で協力し合うこと。

 

要するに、

「他人に任せても、他人のせい(責任)にしない」
「他人に任せた以上、自分のせい(責任)にする」

ということ。

 

それこそが何においても

【最速で最大の成果を出す唯一の方法】

だと僕は考えます。

 

例えば、
ダイエットで有名なライザップ
だって同じです。

 

どんなにトレーナーが
正しく指導をしても、

 

隠れてハンバーガーとかラーメンを
たらふく食べてたら
思い描いた成果は出ないでしょう。

 

そうですよね?

 

もし現状、上手く行っていない人は
できる限り”他人に任せる”
ようにしましょう。

 

そして、
他人に任せるのであれば、
あなたはあなたで”最善を尽くすこと”。

 

他人に任せようが、
成果が出なかったら
“自分のせい”です。

 

「あなたは最善を尽くしてますか?」

 

他人のせいにするなら
それからでも遅くないですよ?笑

 

では、
今日の内容を参考にしてみてくださいねー。

 

あ、ついさっき

「職業説明会を受けた生徒から
求人の問い合わせがありました」

と、スタッフから連絡がありました。

 

早速成果がでました!
良かったー!!

 

でわ。

 

仁藤

 

P.S.
いよいよ新企画の発表があります!「集客・収入を増やしたい人」
にオススメです!

 

こんなに勧めたい企画は久しぶりです。笑
ほんと楽しみ。

 

限定人数のみの情報公開になりますので、
見逃したくない人は、こちらからLINE@登録を!
(もしくは @yohenito でID検索してください)

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。