スタッフが辞めるのは『経営者が100%悪い』

chillchair-nito

「スタッフが言うこと聞いてくれないんだけど、どうすればいいの?」

と、実店舗経営者さんから相談を受けることがスゴく多い。

そこから、

「スタッフが成長しないんです・・・」
「スタッフがやる気がないんです・・・」
「スタッフがスグ辞めちゃうんです・・・」

とかって話に繋がって行くわけですが、

私が思うスタッフとの関係をより良く保つ秘訣は、

『”背中と結果”でどれだけ魅せられるか?』

ってコト。

その辺りについて新しい音声を録ったので、コチラから聴いて欲しいのですが、笑→goo.gl/kepwXl

よく思うのは、多くの経営者さんが、ほんっっっとに

“自分を棚に上げる”

んですね。笑

というか、そんなヤバイ事を犯していることにも気付いていない。

「スタッフが・・・」って言う前に、
「お前(自分)はどうなんだよ?」と自分に問いかけて欲しいんです。

その上で、スタッフの前でもそうだし、見えない所でも、
自分がどれだけ必死に取り組んでいるか?

そして、それをコレ見よがしではなく、どれだけ”背中で魅せられているか?”

そして、”結果で魅せられているか?”ってコトが最も重要なんです。

結局コドモの世界じゃなく、オトナの世界、ビジネスの世界なので。
背中で魅せるだけでなく、現実的に結果でも魅せなきゃいけない。

別に結果って”大きな結果”だけじゃなく、

・技術を洗練させたことで、お客様のリピート率が上がった
・接客術を学んだことで、客単価が上がった
・YouTube動画を勉強して配信したことで、集客できた

とか、そんな”小さな結果”でもいいんですね。

そんなことを言うと、「俺は頑張ってるよ!」って人が結構いますが、笑

ただ単に、”足らないだけ”なんですね。
もっともっとヤらなきゃいけない。
背中でも結果でも、もっともっと魅せなきゃいけない。

ぜひ、スタッフ(相手)のせいにしてる暇があったら、自分を見改めてくださいねん。

コレって夫婦関係も同じなんじゃないですかね?
奥さんに、もっと敬って欲しいと思えば、魅せなきゃいけない。

仕事場でのアナタは見せられないわけなので、昇給・昇格などの大きな結果だけでなく、
スタイル維持をしたり、ファッションに気を配ったり、家事などのサポートをしたり。
そんな風に背中と結果で魅せなきゃいけないですよね?

結婚してないんで、よく分かりませんが。笑

ってことで、スタッフとの関係をより良く保つ秘訣から夫婦円満の秘訣(笑)を伝えてる新音声
「部下の心をつかむコミュニケーション術」を聴いてくださいねん→goo.gl/kepwXl

(購読・ダウンロードもしてくれたら飛んで喜びます。)

シェアもよろす。

p.s.
おっさんオフスタイるで自撮る。キモす。

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。