「攻め」続けることが、最大の「守り」

PORTofCALL

どうも仁藤です。

 

つい先日

”SEOホームページのプロ”
鎌田さん

と打ち合わせしました。

 

僕と鎌田さんで
店舗のホームページを専門に
制作受注しているんですが、

 

・さらに、集客を増やせる
・さらに、確実に結果を出せる

 

「ホームページを作ることは
できないか?」

 

と、意見交換してきました。

 

そこで、僕と鎌田さんと

“もう1人、「○○」のプロ”

が加わる事になり

 

『ホームページの進化版』

 

を作成できる事に・・・!!

 

準備が整い次第

“LINE@でお知らせ”

しますので、

 

「確実にホームページ集客がしたい!」
「集客できるホームページが欲しい!」

 

という方は、お楽しみに。

 

あ、そうそう。

 

今後、重要なお知らせは

LINE@

ですることにしました。

 

最新・集客ノウハウが
知りたい方は
登録しといてください。

 

LINE@登録は、こちら
(もしくは @yohenito でID検索してください)

 

では本題です。

 

最近スゴく思うのは、

 

結局、常に

『攻め続けること』
(挑戦し続けること)

が、

 

『学びを止めないこと』

 

に繋がるなと思っています。

 

ということは、

・「攻め=進化」であり
・「攻め=最大の守り」

なんですね。

 

人間って、どうしても

・守りに入る
(現状維持を求める)

と、

 

学ぼうとしなくなるから。

 

ということは、

「守り=停滞」

になってしまうわけです。

 

そうですよね?

 

僕が、ガンガン

・店舗展開
・スタッフ雇用
・コンサル活動

などをしているのも

 

そうやって

 

”攻め続けること”で、

「半強制的に、学ぼうとするから」

なんですね。

 

自分の店を、、、
僕を信じて飛び込んでくれる
クライアントの店を、、、

 

「どうすれば
もっと繁盛させられるか?」

 

と、

学び続けることができるから

なんです。

 

僕は、ほんっっっと
ナマケモノなので。苦笑

 

そうでもしないと、

スグに学びを止めてしまう

んです。苦笑

 

あなたも
そうじゃありませんか?

 

例えば、

ファッション

だってそうですよね?

 

「俺はユニクロでいいや」
と守りに入ったら

 

オシャレになろうと

・雑誌を読んだり
・流行りのブランドを調べたり
・新しい店に買い物に行ったり

しなくなるじゃないですか?

 

「もっとオシャレになりたい」
と攻め続けるから

 

もっとファッションを知ろう
と学ぼうとするわけです。

 

そうですよね?

 

しかも、ファッションであれば

 

それが

・自身のブランディングに繋がったり
・スタッフから憧れてもらえたり
・お客様とファッションの会話ができたり

と繋がります。

 

もちろんファッションだけでなく
スポーツ、写真、映画、音楽
などでもそうですし、

 

当然、

集客や経営について

も同じです。

 

仕事に
直接的に関わることも
間接的に関わることも

 

とにかく

『攻め続けること』

です。

 

「そんなの大変だよ・・・」
と感じる人もいるかと思いますが、

 

新しい技術や知識
新しい教養や見聞
が身につくことで

 

自分も、家族も
スタッフも、お客様も
幸せにしてあげられる

 

と、考えてください。

 

ぶっちゃけ僕だって
キツイですよ?笑

 

ただ僕は、

他人のためだと頑張れるタイプ

なので、

 

スタッフのため
クライアントのため
と考え、攻め続けています。

 

繰り返しになりますが、

・「攻め=進化」
・「攻め=最大の守り」

であり、

 

逆に

・「守り=停滞」

ですからね。

 

ぜひ、あなたも

”攻め意識”

を忘れないでくださいね!

 

ナマケモノ同士
頑張りましょう。笑

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。