業界を良くしたいなら「今すぐ現場を離れよう」

header-bg

どうも仁藤です。

 

今日は理美容業界の話になるんですが、

ちがう業界の方も

ご自身の業界に当てはめて読んでいただければと思います。

 

さて、

 

私がいる理美容業界って

「もっと業界を良くしよう」

という気持ちを持ってる人が多いんですね。

 

「もっと美容師(理容師)の価値を上げよう」とか

「このままじゃ業界がやばい」とか

「業界の未来を真剣に考えよう」とか。

 

まあ、たぶん理美容業界だけじゃないとは思うんですが。

 

飲食だったり、ネイルだったり、エステだったり

他の実店舗の業界でも同じだとは思いますけどね。

 

で、

 

私は特別、”特に熱い人たち”と比べて

理美容業界に思いがあるわけではないです。

 

もちろん好きですけど、

理美容業界にあえてこだわる理由もないので

全ての店舗経営者のために

情報発信しています。

 

そりゃ、理美容業界が良くなるなら、

それに越したことはないと思います。

 

もっと盛り上がったらいいと思うし

そのポテンシャルは十分にあると思います。

 

ただ、今のままでは変わらないと思っていて。

 

それはなぜかというと

「みんな現場に残りたがり」

だからです。

 

経営者の方や

業界で有名な美容師の方が

ずっと現場に残り続けていて

経営専門に回ろうとしない。

 

多くの時間を、お客様の接客対応に使う。

 

もちろんサロンワークが大好きで

「自分は一生、技術者でいたい」

というならそれでいいと思います。

 

でも、「業界を良くしよう」と思うなら

現場は離れたほうがいいんじゃないかなー

と思うわけです。

 

結局、「業界を良くしたい」っていう話は

「金が無い」から出てくるわけですよ。

 

お客さんが来なくて、売上が立たなくて

潰れる店が増えている。

 

誰しも

「いつか自分の店もやばいんじゃないか」

っていう不安がある。

 

だから

「業界をもっと良くしよう」

っていう人が生まれるわけです。

 

ようは

「もっと業界を良くしよう」

っていう話は

 

「もっと金を稼げる業界になろう」

ってことじゃないですか。

 

もちろん金が全てではないです。

ただ、多くの店が儲かってなくて、

金が無くてヤバイから業界が揺らいでいるわけです。

 

 

業界自体が

「どうやって利益を生み出すのか?」

「どうすれば理美容室はもっと繁盛できるのか?」

という問題に直面しているわけです。

 

それなのに、経営者(店長)が

ずっと現場に居続けるって

本末転倒もいいとこです。

 

数千円〜数万円の売り上げのために

1時間も2時間も使っていたらダメです。

 

もっと、集客&売上アップできるように

時間と労力を使うべきです。

 

それが

「経営者の仕事」

です。

 

賛否両論あるとは思いますが、私は

経営者はいち早く現場から離れるべきだし

 

真剣に経営に取り組んで

店をより大きくすることを考えるべき

だと考えています。

 

それが結果的に、自分の店が

繁盛するのはもちろん

 

繁盛する理美容室が増えて

業界が良くなって盛り上がる

唯一の方法です。

 

私もサロンワークは好きですけど

今はスタッフに完全に任せています。

 

おかげさまで、どんどん店を拡大できたり

(今年は3店舗出そうと考えています)

 

普通の床屋では想像できない

売上を出せるようになったり

 

求人で困らなくなったり

こうしてコンサル活動ができたり

 

理美容室経営者や理美容師はもちろん

全ての実店舗の方々にとって

新しい形を見せられているんじゃないかと思っているわけです。

 

「経営者が現場を離れる」

これが私の考える

業界を良くする1つの方法です。

 

もちろん、今すぐ現場を離れられる人は少ないでしょう。

 

お金だったり、スタッフを育てることだったり

現場から離れるためには

やること多いですからね。

 

だから、この前もブログに書きましたが

「いつか現場を離れて、経営に注力する」

という気持ちだけでも持ってください。

 

経営側に回り、どんどん集客&売上アップして

続々と新規出店して、全て繁盛させる。

 

他業界の方々に

「理美容業界最近勢いあるな」

って思ってもらえるような業界にする。

 

その方法を他店にもどんどんシェアすることで

業界を良くして、盛り上げていく。

 

そんな存在を一緒に目指すんだという

気持ちを持って欲しいと思いますし

 

そういう人とだけ関わりたいと

私は考えています。

 

そのための方法は私が教えるので。

是非一緒に頑張っていきましょう。

 

というわけで、2月6日(月)にセミナーを企画しています。

yohe-rebuild-header

 

私が、月商105万円の赤字店を任されて

お金も知識も経験もなかったところから

どうやって月商500万円にまで増やせたのか?

 

どうすれば4店舗を繁盛させ続け

さらに新規出店を続けられるのか?

 

どうすればあなたも

今すぐ売上&集客アップして

繁盛できるのか?

 

という部分について丸1日かけてお伝えします。

 

理美容室はもちろん

飲食店・エステ・ネイルサロン・整体など

あらゆる業種に使える方法です。

 

「店をもっと繁盛させたい」

「自分の業界をもっと良くしたい」

という方はぜひ楽しみにしていてください。

 

告知は明日18時から。

まずはメルマガでお知らせします。

 

限定50名なのですぐに埋まってしまうかもしれません。

 

参加したい方、詳細を見てみたい方は

メルマガに登録しておいてくださいね。

 

登録はこちらからどうぞ

 

それでは、明日18時にお会いしましょう。

 

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。