ホットペッパーは集客に使うな!その3つの理由とは?

Vintage barber shop equipment on wood background with place for

どうも、仁藤洋平です。

理容室・美容室の経営者の方とお話しすると
「ホットペッパーに広告を出そうかな」
と言う方が本当に多いです。

 

きっと、他の経営者の方から
ホットペッパーの話を聞いたんでしょう。

 

「みんな使っているし、ウチも使わないとかな?」
と思っている方もいるかもしれません。

 

ですが、結論から言うと

「ホットペッパーは使うべきではない」

です。

 

3つの理由で使うべきでないです。

 

まず1つ目、それは

「競合が多い」

という理由です。

 

理容室・美容室を経営されている方は

「まずはホットペッパーを使おう」

と馬鹿の一つ覚えのように考えます。

 

というか、
ホットペッパーしか知らない
という人もいます。

 

だから、競合店がとても多いです。

 

ちなみに、私の店がある中野の場合だと
約100軒がホットペッパーに掲載されています。

 

せっかく高いお金を支払って
ホットペッパーに載せたとしても
ホットペッパー内で埋もれてしまうわけです。

 

だから、結局
誰にも見つけてもらえずに
集客できないのです。

 

これが1つ目の理由です。

 

では、2つ目の理由は何かというと

「金額が高い」

ということです。

 

前述のように、ホットペッパーは
競合店がとても多いです。

 

ですから、ホットペッパーから
たくさん集客しようと思ったら

ホットペッパー内で
上位表示させなくてはいけません。

 

そのためには追加費用がかかるのですが
それがとても高い・・・。

 

中野エリアで上位表示させようとしたら
軽く20~30万円は必要です。

 

これは数年前に友人から聞いた金額なので
今はもっと上がっていると思います。

 

小さな個人店が、月20万円支払うのは
かなりしんどいです。

 

ですから、ホットペッパーは
使うべきではないのです。

 

これが2つ目の理由でした。

 

では、最後に3つ目の理由は何かというと

「客層の質が悪い」

ということです。

 

ホットパッパー経由で来店されるお客さんは
「クーポン目当て」
である場合はほとんです。

 

つまり、割引目当ての
安いところを橋渡りする客層なので
リピート率が低いのです。

 

事実、私の友人の店は
ホットペッパー経由のお客さんは
リピート率が15%以下と話していました。

 

高い広告費を支払って
リピートしないお客さんを集めることは
とても非効率です。

 

ですから、ホットペッパーは
利用すべきではないのです。

 

というわけで、今回は
ホットペッパーを使うべきでない理由について
長々と語って見ました。笑

 

もし、これからホットペッパーを導入することを
検討されているのであれば
一度考え直してみることをオススメします。

 

たしかにホットパッパーは有名で
SEOが強く
ユーザー数も多いです。

 

「みんなも使ってるし、うちも使ったほうがいいかな?」
と思う気持ちもよくわかります。

 

もちろん大手のような
豊富な資金力がある会社であれば
ホットペッパーは有効だと思います

 

ただ、私たちのような個人店には
もっと安く、たくさん集客できる方法が
他にあります。

 

そういった方法を使って
できるだけ費用をかけずに
繁盛店に変えていきましょう。

 

その辺りの方法については、今後

じっくりとお伝えしていくので

楽しみにしていてくださいね。

 

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。