「絶対」なんてない!だからこそ身につけるべき「○○力」とは?

どうも仁藤です。

私の中で「来年に勝負をかけたい」と思っていて
今その情報収集と資金繰りに勤しんでいます。

先を見据えて融資を得ようと、銀行や金融公庫と連絡を取っているのですが、
かなりの額を借りれそうとのことで、うまく資金繰りができそうです。

来年くらいまでは国の施策として融資してもらえる可能性は高いので
借りれる方は、どんどん借りるといいでしょう。

「借金は怖い」と言う方も多いのですが、
しっかりと返済できる計算がたつのであれば、そんな事はありません。
地道にお金を貯めたら10年かかる所を、一気に短縮できるのですから。

今年は新店舗、改装、異業種の出店もと考えていますが、
来年こそは、、、、、、

長くなりそうなので、詳しい話はまた今度にしますね!
私の未来設計に興味がある方(笑)、資金繰りで相談がある方は、気軽にLINEください。

LINE友達追加がまだの方はこちら:
(店舗のことなら、なんの相談でも構いませんよー)

ーーーーーーーーーーーー

では本題です。

今週も金曜18時になりましたのでPodcastを配信します。
今日も引き続き『Podcast収録回』の模様をお届けします。

今回のお相手は、愛知県・大府市の井村さん。

井村さんは、私の店舗系マーケター講座に参加された方で
『泊まれる居酒屋』というウリで、居酒屋&民泊業をされているのですが、

・コンサルタントとして活動する上での悩み
・居酒屋のみでのウリ作り

について質問を頂きました。

これからコンサル業もしたいと考えている方、
ウリ作りに悩んでいるという方には、参考になると思います。

ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね!

【収録会Vol.4】アイデアの源泉とコンサルタントの心得とは?:
(PodcastでもYouTubeでも聴けます)

Podcastの中でも話していますが、
店舗業もコンサル業も、やってみなければ分からないんですね。
物事には”絶対”なんてないわけですから。

でも、だからこそ

「今できることを全力でやる」

それだけなんです。

ウリ、ホームページ、PPC広告、SNS、ポータルサイト、チラシなどなど、
できることを全力でやる。
私に相談にくる多くの方が、ソレさえできていない人が多いなと感じています。

あなたはどうでしょうか?

とはいえ、それでも新店舗を出店するときは、不安でいっぱいです。
超ドキドキしてます。笑

どんなにノウハウがあっても、出店してみなければどうなるか分からないので。
当然、思ったより上手くいかないこともあります。

そこで重要になってくるのが

・対応力

です。

店舗業もコンサル業も、問題が起きたときに、いかに対応できるか?
そこがイチバン重要だと思っています。

繰り返しになりますが、物事には”絶対”なんてことはないからです。

逆にソレができないから、思ったより売上が伸びないときに、上手くいかない時に、
なにも対応策を講じれない。

それが重なり、店を閉めるという最悪の状態を免れる事ができないわけです。

そうですよね?

じゃあどうすれば「対応力」が身につくのか?と言ったら

・経験

です。

経験とは、
「今できることを全力でやる」→「問題が起きる」→「対策する(今できることを全力でやる)」→「問題が起きる」・・・
の繰り返しで、培うものです。

ですから、まずは私の情報でも、他の情報でも構いません。
あなたが得た情報をもとに、できることを全力でやってみてください。

そうすれば、上手く行っても、行かなかったとしても、
それがあなただけの「経験」になり「対応力」となるからです。

生けるレジェンドラッパーであり、スーパービジネスマンのJAY-Zも言ってました。
「成功したければ、ハスラーになれ」と。

ハスラーとは、どんなにヤバい環境・状態だろうが関係なく稼げる力を持つものという意味があります。
(ギャング的な悪い意味だけじゃなくね。笑)

JAY-Zも、今まで数多くの問題に直面してきたと思いますが、その時々に「対応力」を発揮し、今の成功があるんだと思います。
だからこそ、「成功したければ、ハスラーになれ」と言っているんでしょう。

ぜひ、あなたもJAY-Zのように対応力を持ったハスラーになれるよう
まずは、「今できることを全力でやる」ようにして欲しいと思います。

ということで、その辺りについて今日のPodcast

【収録会Vol.4】アイデアの源泉とコンサルタントの心得とは?

で話しています。

ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね!

【収録会Vol.4】アイデアの源泉とコンサルタントの心得とは?:

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内6店舗の理美容室代表 【店舗経営者として】 理容師になり5年目に、前店長の突然の退職をキッカケに自身が店長に就任。5席で月商105万円、新規客ほぼゼロ、スタッフ3名の赤字床屋の経営を任される。その後2年間で、1席当たり70万円売り上げれば優秀とされる理美容業界で、月商500万円を売り上げる繁盛店になる。怒涛の衰退産業である理美容業界でこの数字は圧倒的。2018年9月には「Chill Chair 高円寺北口店」をオープンするなど新店舗を続々出店中。 【コンサルタントとして】 現在では他店舗のコンサルティングにも力を入れている。店の「ウリ」を発掘し、独自の「スタイル」を軸に売上アップを実現する手法で実績多数。クライアント数は累計350店舗以上(2018年10月現在)。業種は理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロン、治療院、製菓店、ワインショップ、眼鏡店、スポーツスクール、ダンススタジオ、通販など様々。エリアは北海道から沖縄まで日本全国、海外ではニューヨークなど各地にクライアントがいる。SEO対策に特化したホームページ制作も行なっており、制作実績は70店舗以上。全くのゼロベースからの新規出店プロデュースも手掛ける。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は、当時絶大な人気を得ていた芥川賞受賞作「火花」を抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得。さらに同年の「Amazon2015年大賞」を受賞した。2016年9月には4冊目となる著書「店舗系マーケター」を出版。 【メディア掲載実績】 ・メンズプレッピー2016年3月号掲載(表紙) ・メンズプレッピー2016年4月号掲載 ・テレビ東京経済情報番組「モーニングチャージ」2016年8月出演 ・・・など多数。