【ウリの見つけ方】「EXILEが好き!」じゃダメなのよん。

スクリーンショット 2016-01-24 16.21.18

どうも仁藤です。

 

去年の7月頃出版した電子書籍
第1弾『小さな床屋繁盛の法則』が、

 

な、なんと・・・

《2015年amazonランキング大賞の第9位》

にノミネートされました!!!

スクリーンショット_2016-01-25_21_21_58

まさかのランクインに驚いております!

 

一昨日出版した第2弾!
【90日で売上33%アップする第4の繁盛ルール】も

スクリーンショット 2016-01-24 16.21.18

2016年amazonランキング大賞に選ばれたいので、
まだ購入されてない方はぜひ。笑
http://www.amazon.co.jp/dp/B01AZMNKJA

(もうすぐ500円→99円キャンペーン終了しますので、お早めに。)

 

では本題。

 

私は日頃から、ウリを見つけるために、

「好きなモノや趣味を反映させてください」

ということを伝えています。

 

そこで、ある美容室経営者さんに困った質問をされたのが、

「じゃあ”EXILEが好き”もウリになるんですか?」

と言われたこと。笑

 

ま〜好きなのは全然構わないんですが・・・

ソレを小さな店の”ウリ”にするとなると、
非常に難しいんですよ。

 

なぜならEXILEって、
「超マジョリティー」に愛されるモノじゃないですか。
そういった”大多数”を狙うのは”大手店の戦略”なんで。

 

実際、EXILEのメンバーをカットしてる美容室もあるだろうから、
そこに比べちゃったら、ただの”ファンのお店”って感じになっちゃうし。。。

 

それに、バカにしてるとかではないのですが、
どうしても”ミーハーな店”って思われかねない。

 

そうすると、大手チェーン店とかと一緒で、

「拘りを感じさせないお店になってしまう」
んです。

 

繰り返しますが、好きなのは全然いいんですよ?笑

 

じゃあどうすればいいかって、

「小さな店で、EXILEが好きなら、”EXILEマニア”になるべき」

でしょう。

 

どういうことか?っていうと、例えば、

「メンバーそれぞれの音楽やダンスのルーツを探る」

ってことです。

 

・ATSUSHIさんの音楽のルーツを探る
・HIROさんのダンスのルーツを探る
・MAKIDAIさんのDJのルーツを探る

などです。

 

ATSUSHIさんやMAKIDAIさんは、
HIPHOPやR&B、ソウルなどのブラックミュージックの造詣が深いし、
HIROさんは、たぶんハウスミュージックとかなのかな・・・

 

そうであれば、例えば、
うちのお店の西海岸HIPHOPと床屋を組み合わせた
西海岸スタイルBARBERや、

 

古いソウルがレコードで聴けるBARにして、

お酒や食事が武器ではなく、
武器を音楽へとズラすパターンも考えられます。

 

そういう風に、EXILEが好きなのであれば、

EXILEメンバーのルーツを調べ、ソコを好きになり、
EXILEの「深い部分をウリにしろ」ってことです。

 

要は

【好きなモノの根幹部分まで掘り、そこをウリにする】

ってこと。

 

EXILEに限らず、
どうしてもマスメディアなどの上っ面の情報から、
「なんとなく好き」ってだけな方が多い気がするし・・・

 

だからそういう人って、
「ウリにできる、好きなモノも、趣味もない」
とか言っちゃうんだと思うんですよ。

 

ぜひそういう人は、
「なんとなく好き」の深い部分まで掘る癖をつけ、
その根幹部分を知り、そこも愛せるようになってください。

 

そして愛せたら、そこを”ウリ”にする。
だってもはや、マニアの領域ですよ。笑
超マイノリティー。

 

もし、その根幹部分を愛せなかったら、それは大して好きじゃないんでしょう。笑

 

そしたら、また違う”なんとなく好きなモノ”を見つけ、

その深い部分まで掘ってみてください。

 

根幹部分に行き着き、そこが愛せたら、それがあなたの、
あなたの店の”ウリ”になります。

 

ぜひやってみてくださいね。

 

「もっと詳しくウリの作り方を教えて!」って方は、

 

電子書籍

【90日で売上33%アップする第4の繁盛ルール】
を購入し読んでみてくださいマセ。
http://www.amazon.co.jp/dp/B01AZMNKJA

(セミナー動画(28分28秒)無料プレゼント付き!)

 

※売上金の全額をネパールの少女を人身売買から救う活動の支援に充てさせていただきます。

 

では
今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

仁藤洋平

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。