新規客×リピート客×常連客=「繁盛の仕組み」を作ろう

cafe

どうも仁藤です。

ただいま全貌公開中の

『ホームページ集客3.0』ですが
「本日23時59分で受付終了」

となります。

ぜひ

・googleの新ルールに対応したい
・毎日ブログやSNSを更新したくない
・月30人~100人を安定的に集客したい

と思っている方は、下記リンクから無料登録し
動画プログラムをご覧くださいね!

【本日終了】ホームページ集客3.0:

ーーーーーーーーーー

では本題です。

繁盛店にするには、新規客を集めなければいけません。
どうしたって何らかの理由で既存客は減ってしまうからです。

そうですよね?

では新規客を集めるために、まずやるべきことは何なのか?というと

・見込み客に知ってもらうこと

です。

あなたが新規集客できていない最大の原因は
「見込み客に知ってもらえてないから」です。

あなたやスタッフの素晴らしい技術や知識や人柄も
実際に来店してもらわないと伝える事ができません。

そのためにも、まずはあなたの店を知ってもらう必要があります。

当然のことですよね?

では、見込み客に知ってもらうためには、どうすればいいのか?

1つのやり方として、

・人通りがたくさんある立地に出店し、拘った内外装

にする方法があります。

しかし、それには相当な資金が必要になりますので、
今から簡単に変える事はできませんよね?

じゃあ他のやり方は?というと

・ウリ作りとホームページ制作

になるわけです。

他店と差別化できる「ウリ」を作り
googleの新ルールに対応した「ホームページ」を作ること。

つまり、今全貌公開中の

『ホームページ集客3.0』と
「ウリ」を組み合わせること

で、

誰もがお店を探す際に利用するgoogleやyahoo上に
独自のウリが記載されているホームページを上位表示する事ができる
わけです。

そうすれば、見込み客に知ってもらえる可能性が高くなります。
そうすれば、新規客が増え店の良さを存分に伝えることができます。
そうすれば、新規客×リピート客×常連客=繁盛店になるわけです。

イメージできますよね?

そこで、その

「ホームページ制作」のことはもちろん
「ウリ作り」についても具体的に解説

しているのが

現在公開中の

『ホームページ集客3.0』動画プログラム

になります。

ですから、ぜひ

・独自のウリを作れなくて悩んでる人
・立地が悪くて認知されづらい店

は、必ず『ホームページ集客3.0』動画プログラムを参考にして欲しいと思います。

本日で完全に受付終了しますので、今すぐ下記リンクから無料登録し、
配信される動画プログラムをご覧くださいね!

【本日終了】ホームページ集客3.0:

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。