広告費をかけずにできる!地方プライベートサロンの具体的な集客方法とは?

local-private-salon

どうも仁藤です。
やっと物件が決まりそうで、
本格的に新店舗の計画が進みそうです!
あー時間かかったなー・・・
ほんと良い立地の物件が無くてねー・・・

 

本決まりしたら
その裏側をお見せしようと思いますので
ぜひ楽しみにしていて下さい。
さて、あなたは店を出すときに
どんなことを重視しますか?

 

私が多くのクライアントを見ている中で

「そもそも出店の仕方が間違っている」

というパターンってすごく多いです。

 

それによって
せっかく素晴らしい技術があるのに
繁盛していなかったり

 

良いウリがあるのに
儲かっていなかったり・・・。

 

間違っているパターンとしては
例えば
なかなか良い立地の物件が
無いからって
焦ってビルの3階の物件を
契約しちゃったり・・・

 

駅から程遠い、
人通りが皆無の場所に
出店しちゃったり・・・
といったことがあります。

 

要は

「立地が微妙」

ということです。

 

これってすごくもったいないんですよね。

 

なぜなら、立地が微妙だと
あらゆる面でうまくいかないからです。
例えば

 

”通りがかり客”という大事な集客ルートが無くなるので
集客数が減ってしまうし

 

店の世界観を表現しきれないので
魅力的な店作りができないし

 

魅力的な店にならなければ
話題にならないし
魅力のない店では
求人が難しくなるからです。

 

あらゆる面で損。笑

 

では、どんな立地ならいいのか?
どこに店を出せば繁盛するのか?

 

ということについて
今週のPodcastで解説しました。

 

ぜひお聞きください。

 

iPhoneユーザーは、
こちらからpodcastを聴いてくださいませ。

 

iPhoneユーザーじゃない方は
こちらからYouTubeチャンネルで聴いてくださいませ。

 

今週のリスナーの質問はこちら

 

「鹿児島で、今年(2016年)の7月から
プライベートサロンをオープンしました。

 

集客の方法として、
ブログの更新や、インスタグラム、
フェイスブックなどの更新もしつつ、
チラシ配りや、当店の立てかけ看板に
チラシを置いて自由に取れるようにしています。

 

また、地域のフリーペーパーにも広告を載せました。

 

ですが、なかなか新規のお客様ができません。
オープン当初から来てくださっているお客様は、
今でも毎月来て下さっているのですが、

 

元々の人数が少ないため、
売り上げが上がらず苦しい状態です。
(売り上げが月10万以下です…)

 

しばらくは、アルバイトもしようかなと考えています。
(本当はネイル一本でご飯食べたいのですが…)

 

ネイルブックのサロン登録も
もうすぐ完了出来そうなのですが、
それからお客様が増えるのかがとても不安です。

 

色々考えてやっているつもりなのですが、
これ以上どのようなやり方で宣伝していけば、
新規のお客様が増えるのかが分からない状態です。

 

そこまで高い値段設定もしていないのですが、
ネイルしたことがない方からすれば、
高いらしいのです。

 

(10本やり放題で6000円など。
ちなみに6000円以上のメニューはありません。)

 

地域性にもよるのでしょうか…。

 

勉強不足でお恥ずかしいですが、
集客方法を教えて下さると嬉しいです。

 

長くなり申し訳ありません。
宜しくお願い致します」

 

という質問です。

この質問に対して音声で答えています。

 

ですので

 

・ネイリストの方
・これから新規出店を考えている方
・次の店舗を出そうと考えている方
・店をオープンしたばかりの方
・地方でお店をしている方
・集客&売上アップしたい方

 

は聞いてくださいね。

 

iPhoneユーザーは、こちらからpodcastを聴いてくださいませ。

iPhoneユーザーじゃない方は、こちらからYouTubeチャンネルで聴いてくださいませ。

 

それでは、Podcastでお会いしましょう。

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。