地方の靴の修理屋が一気に売り上げを【2.7倍】に引き上げた方法

どうも仁藤です。

 

最近
小さなお店の経営者の方に
相談されることが増えてる中で、

 

「今だに、的ハズレなこと
をやっている人が多いな」

 

と思ったので、

 

その辺り
詳しくお伝えしたいなと。

 

 

まず確認したいのは、

 

店を潰さないためにはどうするか?って

 

売り上げを上げ続ける

 

ということですよね?

 

 

ということは、

 

売り上げ=集客×単価×リピート

 

なわけだから、

 

 

集客と単価とリピート、

 

この3つを上げ続ければいい

 

 

わけです。

 

 

そんなことは分かっていますよね?

 

 

ですが、

 

この3つを上げようとせず

 

的ハズレなことばかりしている

 

人が多い。

 

 

例えば、

 

理美容業界なら

 

・カットなどの技術力を上げる。
・高いパーマ機材を購入する。
・高級店販商品を仕入れる。

 

 

飲食店なら

 

・料理を極める。
・高い調理器具を購入する。
・高級食材を仕入れる。

 

みたいなこと。

 

一見

「やってんじゃん」

って思いきや、

 

 

実はこれは、

 

集客と単価とリピートアップには繋がらない

 

んですね。

 

 

常に高いレベルを追求することは
大事なこと

 

ですが、

 

 

ある一定水準のレベルを超えたら、

 

もうそこからは

 

プロにしかわからない

 

自己満領域だから。

 

 

そんなの、お客様はわからないよ。
だって、お客様は素人だもの。

 

 

お客様をバカにしてるとかじゃなくてね。

 

 

だって、

 

芸能人を格付けするテレビ番組

 

を見てもそうじゃないですか?

 

 

一流芸能人が、

 

目隠しをして、

 

料理を、食べ比べたり、
楽器を、聴き比べたりして、

 

安いモノか、高いモノかを
判別する番組ですが、

 

 

面白いことに、

 

普段から、

 

良いモノを食べたり、

一級品のモノ使ってる

一流芸能人

 

にも関わらず、

 

目隠しされたら、

 

判別ができなくなる

 

んですよ。

 

 

例えば、

 

100円の回転寿司と、
10万円の高級寿司が、

 

目隠しされただけで、

 

判別できなくなったり。

 

 

10万円のバイオリンと、
1000万円のバイオリンの音が、

 

目隠しされただけで、

 

判別できなかったり。

 

 

オレなんか余裕で
わからない自信があります。笑

 

 

そういう風に、

 

人間っていうのは、

 

いい加減にできてる生き物であり、

 

《前提情報で
物事を判断するようにできてる》

 

わけです。

 

 

じゃあ、

 

《集客と単価とリピートの3つを上げる
=的を外さない》

 

ためにはどうすればいいか?

 

ってことですが、

 

 

今言った通り、

 

人間は、
前提情報で
物事を判断するようにできてる

 

わけなので、

 

前提情報を作り出せばいい。

 

 

要は、

 

《唯一無二の面白いコンセプトとウリ
を作り出せばいい》

 

ってことです。

 

 

あなたのお店だけの

 

《唯一無二の面白いコンセプトとウリ》

 

を作ってさえしまえば、

 

 

集客と単価とリピートという、

 

・3つの的を一気に射抜き、
・売り上げを一気に上げること

 

が、できちゃうんです。

 

 

オレのクライアントさんに、

 

ただの町の
靴・カバンの修理屋さん

 

が、いました。

 

 

今では、

 

パリジェンヌ御用達
高級靴専門リペア職人

 

と、コンセプトを謳うようになり、

 

 

約4ヶ月ほどで、

 

集客・単価・リピートが

 

それぞれ約1.4倍

 

に引き上がりました。

 

 

ってことは、全部かけ算すると、

 

売り上げは、

 

約2.7倍

 

に引き上がった

 

 

ということです。

 

 

そのお店は地方なんですが、

 

元々
パリジェンヌ風なお客様が何人かいた、笑

 

ということと、

 

知り合いのツテで、
パリの職人さんに
教えてもらった経験があった、

 

ということと、

 

パリはやっぱり、
靴を大事にしている場所
として有名なので、

 

 

そのコンセプトにしました。

 

 

今では、口コミが広がり、

 

靴愛好家の女性がメイン客層で、

 

県外からも
郵送されるようになり、

 

繁盛し続けている

 

ようです。

 

 

そんなオレのクライアントさんのように、

 

唯一無二の面白いコンセプトやウリがある店

 

っていうのは、

 

 

《THE IMMORTAL》=「一生潰れない繁盛店」

 

 

になれるわけです。

 

※IMMORTALっていうのは、
『不朽の、死なない、永久不滅』みたいな意味。

 

 

陰毛みたいでアレだけど。笑

 

 

ぜひあなたの小さなお店も、

 

《THE IMMORTAL》を目指して、

 

唯一無二の面白いコンセプト

 

を作ってみてくださいね。

 

 

逆にソレを作らないのは、

 

店を潰そうとしているようなもん

 

ですから。

 

 

共感したらシェアを。

 

 

p.s.

《THE IMMORTAL》になるためのコンセプト作り、

について、

 

メルマガで詳しく伝えていますので、

ぜひ登録してください。

→http://yohenito.com/lp/576-2/

 

 

メルマガ読者さんの感想を載せときます。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓

 

コンセプトを作る上で、仁藤さんから言われた通りに、
自分の過去を深掘りし、洗い出してみたら、
こんなのもある!あんなのもある!みたいな感じで、
ポロポロ面白いように素材が出てきました。
その素材を、コンセプトに変換することで、
満足行く負けないコンセプトが作れて良かったです!

 

↑↑↑↑↑↑↑↑

 

こんな感想をもらえる感動モノのメルマガに登録を。笑
こちらからどうぞ。
→http://yohenito.com/lp/576-2/

 

 

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

 

仁藤洋平

 

 

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。