クソプライドを捨てろ!人間は「〇〇的に」見れなくなる生き物だから

仁藤セミナー

どうも仁藤です。

まず先日発売された第4弾電子書籍

店舗系マーケター
〜お金とやりがいで満たされる7つの方法〜

《タイムセールが本日まで》となっています。

「99円」で購入されたい方は、こちらから早めにどうぞ。
(明日以降は通常価格「500円」になります。)

本の詳細を確認したい方はこちらから。

「○○的に」物事を見よ!

では本題です。

今日も金曜日ということでpodcastを配信します。

リスナーから、

「福島県でプライベートネイルサロンをしております。
自宅ではなく、店舗を借り一人で営業しております。
売上的には家賃を払って、残るお金はおこずかい程度がが現状です。
今回ヨモギ蒸しを始めようと思ってます。
ネイルもヨモギ蒸しも健康思考の方にと思ってます。
どうアピールしていくべきか?
面白い発想ができる仁藤さんのお力を借りてみたいと思い
相談させて頂きます。」

という質問をいただきました。

ズバリ今日のpodcastの内容は、

ほとんどの方が悩まれている

「ウリの作り方」

ですね。

https://itunes.apple.com/jp/podcast/ren-teng-yang-pingno-ren-shengha/id1070893381?mt=2&i=365963814
(よかったら登録もよろしく。)

つい数日前、大阪、福岡と
店舗系マーケターになる方法をお伝えするセミナー
を開催してきましたが、

参加されたほとんどの店舗経営者が

「ウリが作れない」

と悩んでいました。

まあ、本当にこう言った方って多いんですよね。

しかし、私に積極的に質問してくれた方や、
その場でコンサルを依頼してくれ、セミナー後にお話しさせて頂いた方などは、

「ウリを作ることができた」

のです。

なぜ、私はそんな事ができるのか?って
私は今まで数百店舗のウリを作ってきた
という事もありますが、

それよりも何よりも、

「客観的に物事を見れるから」

です。

極端に言えば

ウリ作りの重要ポインドは”そこだけ”

なんですね。

要するに、ウリを作れないあなたは

「客観的に物事を見れなくなってしまっている」

のです。

ソレって”大問題”なんですよ?

ウリ作りはもちろん、

例えば、見込客って

・どういう風にお店を調べるのか?探しているのか?
・普段、どういう所から情報を取っているのか?
・どういうお店やサービスを求めているのか?

といったような、

集客や売り上げに直接関わることさえも
見れなく(考えられなく)なってしまっている

ということだから。

だからあなたの店は繁盛してないのです。

・・・と言っても過言ではありません。

分かりますかね?

今回のリスナーもそうですが、

「客観的に考えられなくなってしまうと陥ってしまう
ウリの作り方(考え方)」

をしてしまっています・・・致命的です・・・

その辺りについても、

【本日18時に配信されたばかりのpodcast】

で詳しく語りましたので、ぜひ聴いてくださいませ。

では、こちらからどうぞ。
(登録・ダウンロードもしてねん)

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

編集後記:プロに聞け!

今日のメルマガの内容はいかがでしたか?

大阪・福岡のセミナーでもそうでしたが、

「ウリは自分で考えてみます!」

と言って質問してこない人がいました。

今までの経験上、そういった人は、

「絶対にウリは作れない」

と断言できます。

作れたとしても

「見当違いのウリ」

にしている”可能性100%”です。

それは今日の本題にもあった

「人は、客観的に物事を見れなくなって行ってしまう生き物」

だからです。

それも””知らず知らずに無意識に”です。

私も油断してしまうと、ついそうなってしまうんですよね。。。
だから気持ちはスゴく良く分かります。

ですから、ウリ作りであれば、私のような

「プロに聞く」

繁盛させたいなら、繁盛の

「プロに聞く」

ことが”超重要”なんです。

客観的に物事を見て、
間違いがあれば指摘してくれるからです。

わかりますよね?

だから私も実際に会う場(セミナーや講座など)を作っていますので、
そういった所で積極的に質問してくれたらと思います。

プライドか何なのか?は分かりませんが、
何も恥ずかしい事はありません。

私も未だに色んな人に助言を求めています。

ぜひあなたも、私にぶちまけてくださいね!

感想ありましたらこのメルマガに登録し、メールに返信してください!
また、podcastへの質問もお待ちしてます!

では。

にとー。

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。