繁盛の秘訣は「個」でなく「集」で捉えること

どうも仁藤です。

つい先日、仕事で三重に行ったので、
ついでに伊勢神宮に行ってきました。(初・伊勢神宮です)

伊勢神宮が素晴らしいのは勿論なんですが、
すぐ近くにある「おかげ横丁」を含め
町としてしっかりブランディングできてるなぁと感じました。

なにか強力なシンボル的なものがある町というのは強いですよね。

それに伴った「町ブランディング」さえできれば、町全体が廃れにくい。
また、それに伴った形(業種や内外装)で新規出店すれば、繁盛しやすい。

そういった視点で、新規出店や店作りを考えてみるのもイイかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーー

【Podcast】新店舗を出店する際の注意点

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

昨日配信された新Podcastは聴いて頂けましたか?

まだ聴いてない方は、ぜひ聴いて頂けたらと思います。

今回は、Podcast収録会にお越し頂いた
群馬県・伊勢崎市で美容室を経営されている
高山さんの質問にお答えしております。

今回は

・新店舗を出店する際の注意点

についてアドバイスさせて頂いています。

これから独立開業を考えている方
2店舗目、3店舗目と店舗展開を目論んでいる方
は、ぜひ下記リンクから聴いてみてください。

【収録会Vol.11】定石が通用しない!?新規出店する際の注意点
(PodcastとYouTubeのどちらでも聴けます)

ーーーーーーーーーーーーー

「16000円高単価の新規客」を5倍増やす方法

ーーーーーーーーーーーーー

今回の質問者の高山さんは、
広告のプロ長妻さんと私のコミュニティに参加していて、

ホームページ、ブログ、ポータルサイト、PPC広告などを駆使し
「16000円高単価の新規客」を5倍以上増やすことに成功

している方です。

しかも、群馬県の伊勢崎市という地方エリアで。
(バカにしてるわけではありませんからね。笑)

では、なぜこんなことが可能なのか?

それは高山さんが、集客の仕組みを

「個」でなく「集」で捉えているから

なんですね。

どういうことか?というと、多くの方が

「ホットペッパーに載せたから、それだけで集客できる」
「ホームページを作ったから、それだけで集客できる」

といった具合で

なにか1つの「個」に頼り切ってしまう”依存傾向”や、
その先を見据えない”近視眼的”なところがあります。

経営者であれば、
もしホットペッパーやホームページで集客できなかったら
というネガティブシュミレーションを常にすること

そして何より、集客の仕組みというのは

いくつもの「個」を繋ぎ合せた「集」にすることで
何倍、何十倍もの集客力を発揮をすること

を、頭に入れておいて欲しいんです。

例えば

独自のウリを作る→SEOキーワードを抽出する→SEO対策を施したホームページを作る
→検索上位にある集客サイトに掲載する→ホームページをPPC広告やSNS広告に出す
→戦略的にブログを更新しホームページのSEO効果を引き上げる

などといった具合に

「個」を繋ぎ「集」にすることが、
本当の意味で「集客の仕組みの構築」

と言えます。

(ちなみに高山さんが全てやっていることです)

分かりますよね?

そうすることで、1つの集客方法に頼るよりも、何倍、何十倍もの集客力を発揮しますし、

もし、なにか1つの集客方法が上手く行かなかったとしても
新客数が激減することは無く、店への悪影響を少なくすることもできます。

さらに、リアルの立地やチラシも繋ぎ合わせたら、どうでしょうか?
繁盛すると思いませんか?

その辺りについて今日配信のPodcastの中でも解説しています。

ぜひ、新規出店・店舗展開を考えている方や
集客の仕組みについて詳しく知りたい方は、
下記リンクから聴いてみてくださいね!

【収録会Vol.11】定石が通用しない!?新規出店する際の注意点
(PodcastとYouTubeのどちらでも聴けます)

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内6店舗の理美容室代表 【店舗経営者として】 理容師になり5年目に、前店長の突然の退職をキッカケに自身が店長に就任。5席で月商105万円、新規客ほぼゼロ、スタッフ3名の赤字床屋の経営を任される。その後2年間で、1席当たり70万円売り上げれば優秀とされる理美容業界で、月商500万円を売り上げる繁盛店になる。怒涛の衰退産業である理美容業界でこの数字は圧倒的。2018年9月には「Chill Chair 高円寺北口店」をオープンするなど新店舗を続々出店中。 【コンサルタントとして】 現在では他店舗のコンサルティングにも力を入れている。店の「ウリ」を発掘し、独自の「スタイル」を軸に売上アップを実現する手法で実績多数。クライアント数は累計350店舗以上(2018年10月現在)。業種は理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロン、治療院、製菓店、ワインショップ、眼鏡店、スポーツスクール、ダンススタジオ、通販など様々。エリアは北海道から沖縄まで日本全国、海外ではニューヨークなど各地にクライアントがいる。SEO対策に特化したホームページ制作も行なっており、制作実績は70店舗以上。全くのゼロベースからの新規出店プロデュースも手掛ける。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は、当時絶大な人気を得ていた芥川賞受賞作「火花」を抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得。さらに同年の「Amazon2015年大賞」を受賞した。2016年9月には4冊目となる著書「店舗系マーケター」を出版。 【メディア掲載実績】 ・メンズプレッピー2016年3月号掲載(表紙) ・メンズプレッピー2016年4月号掲載 ・テレビ東京経済情報番組「モーニングチャージ」2016年8月出演 ・・・など多数。