「地方」で「閑散地」の店が、新規客を8倍増やす方法

スクリーンショット 2017-11-11 18.41.24

どうも仁藤です。

最近ありがたい事に、クライアント様から結果報告を頂くのですが、
中でも驚異的な結果を出されたのが

福島県 会津若松の美容室「D-PATH」さん
滋賀県 彦根市の床屋「DRESS HAIR」さん
群馬県 伊勢崎市の美容室「TOKOHANA」さん

です。

なんと
「先月3月の売上が、超繁忙期の12月の売上を超えた」
とのこと。

素晴らしいですよね。
仲間(クライアント)が結果を出す事が、何より嬉しいです。

それぞれ出店されてる場所が、栄えてる地とは言い難く、

地方の閑散地なのに(こんな風に言ってはなんですが苦笑)
新規客を月20〜50名集め
売上も前年比120〜140%アップ

したとのこと。

そのメインの集客媒体が、

HP制作のプロ鎌田さんと私で制作したホームページ

になっているんですね。

実は、、、ここだけの話、、、笑

ホームページ集客って「地方ほど狙い目」なんです。

それは、なぜか?というと「ライバル店が、不在」だからです。

偏見に聞こえてしまったら申し訳ないのですが、
何百店舗とコンサルをしてきた中で

地方の店ほど、ネット集客の対策ができていない

んですね。

ですから、その”ネット集客の核”となる

ホームページ集客の対策ができてるライバル店も、本当に少ない

んです。

地方の人なら、分かりますよね?

ですから

地方ほどホームページ集客の対策をしっかりすれば
新規集客を何倍にも増やせる

んです。

上記に挙げた3社も、元々は
毎月の新規数が0〜5人とかでしたからね、、、

ですから、ぜひあなたには
「全国どこでも」「どの業種でも」「毎月30人~100人を新規集客」を望める

『ホームページ集客3.0』の詳細ページ

を今スグ確認して頂きたいと思っています。

詳細ページから登録してくれた方限定で、

・HP制作のプロ鎌田さんと私による
・ホームページ集客のノウハウを暴露した
・動画プログラムを配信

しますので、ぜひそちらを参考にして頂けたら幸いです。

明日で完全終了になりますので、まだの方は
今すぐ下記リンクから無料登録を済ませてくださいね!

【ホームページ集客3.0】無料登録はこちら:

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。