小さなお店だからこそ【持論を唱えろ

クライアントさんを見てて思うのは、
《持論を唱えてない店が多い》
ってこと。
それはオレに、ではなく、
お客様やスタッフ,求人に対して。
だから
「お客様やスタッフ,求人への
悩みが絶えないんだ」
と思うわけです。
《お客様,スタッフ,求人への悩み
を解消する方法》
として、
一番大事なことは
《持論を唱えること》
=自分がどうしたいかを伝えること

なのに。
ただなぜか、
小さなお店の
職人気質な人たちは、
そんなとこには
目を向けない
んです。
スキルに囚われて。

プライドが邪魔して。

はたまた周りの目を気にして。

はたまた、

そもそもソコを、

《軽視してる》

のか。
お客様やスタッフ,求人への
悩みを抱えているのに。
持論を唱えること
によって、
良い意味でも悪い意味でも、
お客様やスタッフ,求人の心に
ダイレクトに突き刺さる。
それにより、
共感した人は濃いファン
になる。
または
反対派のアンチ
になる。
それが
ハッキリ判別できる
ようになります。
でもその方が
いいに決まってる
んですよ。
だって
持論を唱えない
と、
ただでさえ、
ちっちゃな存在のあなたが、
透けてボケて、
余計に存在感が薄くなってしまう
からです。
そうなると、
濃いファン、アンチ
どころか、
あなたのお店を
その他大勢と見られる
要は
あなたのお店が
腐る程ある競合店と共に埋もれる
わけです。
そうなったら、
名が通ってるチェーン店が選ばれてしまう
のは
あなたも想像できますよね?
あの
スティーブジョブズだって
持論を唱えて、
お客様やスタッフ,求人の心に
ダイレクトに突き刺し、
濃いファンとアンチ
を判別したわけです。
それまで自分自信が
IT業界を見てきて、
感じたことに対し、

 

 

もっと革新的であるべきだ!
もっとスタイリッシュであるべきだ!
もっと一般人の武器になるべきだ!
そうやって、

ちっちゃな存在の時から、

持論を唱えていた。

そしてその通りの、

IT機器を作り、発表し、

形として、言葉として

魅せて行った。

それにより

お客様やスタッフ,求人を

hypnotize(魅了)して行き、

濃いファンへと変えて行った。
もちろん
反対派、アンチapple
も生み出しながら。
けどだからこそ、
絶大な存在感を発揮し、
腐る程ある競合会社に
埋もれずに済んだ
わけです。
これはあなたのお店でも

全く同じこと

が言えるんですよ。

だからこそ、
俺はこういう人間だ!
うちの店はこういう店だ!
と、
あなたの持論を唱えるしかない
んです。
でも
持論を唱えるほどのネタを
自分は持っていない

 

と思う方も多いはず。
そんな人は、ある意味、
《本性を呼び起こす》
しか方法はありません。

 

 

自分の過去〜現在にかけて、
自分自身に問いかけ、
正直に、素直に、
・好き嫌い
・得意不得意
・趣味
・昔ハマったモノ
を掘り返す。
例えば、オレなら、

 

チャラ系美容室が嫌い
無骨なbarberが好き
短髪が得意
ロン毛が不得意
朝が弱い
夜が強い
HIPHOPが好き
ミーハーポップスが嫌い
NYよりLAのが好き
普通が嫌い
異端が好き
バスケにハマり
スケボーにハマった
などなど。
こう見ただけでも
オレの本性
が垣間見えますよね?笑
そうするだけで、

オレの床屋としての

《持論を唱えるネタ》

としては、

十分すぎるほどです。
うちのお店は、
そのネタを統合して、
大人ストリートヘアスタイルを提唱する
「西海岸スタイルBARBER」
として、
ヘアスタイル、
内装,外装、
ユニフォーム,小物
などを使って、
または、
ホームページやSNSなどの情報発信で
《持論を唱えた》
わけです。
そして、
お客様やスタッフ,求人の心に
ダイレクトに突き刺し、
共感を呼び、
hypnotize(魅了)し、
濃いファンへと変えた
わけです。
もちろんその分
アンチもいるでしょうけどね。笑
そうやって
Appleまでとは当然行きませんが(笑)、
5席の床屋が500万円を売り上げる
繁盛店となり、
お客様やスタッフ,求人の悩みは
皆無です。
ぜひあなたのお店も
「お客様やスタッフ,求人の悩み」
があるのなら、
過去〜現在を掘り返すことで、
本性を呼び起こし、
スティーブジョブズのように
「持論」を唱えよう。
共感したらシェアを。
p.s.
小さなお店の持論を唱えて【優良顧客をガッツリ集客する方法】を伝えています。無料メルマガにぜひ登録を。強制で。笑
→http://yohenito.com/lp/576-2/

 

 

今日も

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

仁藤洋平

 

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。