いつまで「イタチごっこ」を続けるのか?

IMG_5943-e1486090507830

どうも仁藤です。

今日はホームページ制作をさせて頂いた方から嬉しい報告が・・・

「急に集客効果が出てきて、3日間で5名もの新規予約が入りました!」

とのこと。

報告をくれた松岡さんは、
北九州市の決して立地が良いとは言えない(むしろ悪い。笑)場所で、
1人でヘッドスパ店を切り盛りされています。

まだホームページが完成してから2ヶ月ほどですが、
さっそく結果が出たということで、ほんと嬉しい限り。

あらゆる体の不調を解決する「睡眠の質を上げる」ヘッドマッサージ
をウリにしてるサロンです。

ぜひお近くの方は、行ってみてくださいね。

松岡さんのお店switchのホームページはこちら:

また、今週も金曜日になりましたので、Podcastを配信します。

今日は

NYの日本人マッサージ師が勝てる理由

について話しています。

前にも話しましたが、NYにいる日本人マッサージ師の方から
ホームページ制作依頼を受けました。

もちろん海外のホームページ制作は初めてなので、やってみなきゃ分からないのですが、
“勝てる算段が立った”から請け負ったわけです。

なぜ、勝てると思ったのか?その辺りについて話しています。
ぜひ下記リンクから聴いてみてくださいね。

【Podcast】海外でも集客できる!?NYのホームページで日本語を使うワケ:
(完全無料。YouTubeでも聴けます)

ーーーーーーーーーーーー

アートに触れよう!

ーーーーーーーーーーーー

では本題です。

最近思うのは、

店作りに「美学」がない

人が多いということ。

美学とは、それぞれの考え方なので何とも簡単には説明できないのですが、
要は「もっと店の”ブランディング”を考えようよ」ってことです。

もっと自分の世界観を表現したり、妥協せず1つ1つに拘り、よりカッコ良く見せること。

そうすることで他店との差別化を図り
「だれにもマネできない領域」に達して欲しいと思っています。

そんな”独自のスタイルを持つ店”が増えることが、
暗い日本を元気にさせるとさえ思っています。

なぜ、こんなことを言うのか?

今後、あらゆる技術や商品のレベルは上がり続けると思っています。

世の中の多くの店では、その技術力や商品力で勝負してしまっているので
“イタチごっこ”になってしまうからです。(現状でも、そうなっています)

そして、最後は”マーケティング勝負”に・・・。

マーケティングが上手な店は勝ち続け、マーケティンが下手な店はドンドン苦しくなるでしょう。

でも、先に伝えた「美学」を持ち、「ブランディング」ができた店は
イタチごっこを避け、マーケティングに左右されることなく、繁盛し続けることができます。

だってそうですよね?

ブランドといえば、ルイヴィトンやエルメスなどですが、
“過剰なマーケティング”や”セコいマーケティング”なんて必要ないですから。

ですから、私はあなたの店も

ブランディング

を考えて欲しいと勧めているわけです。

とはいえ、自分に美学なんてないよ。そもそも、ブランディングできる素材がないよ。
と言う方も多いと思います。

そんな方はどうすればいいのか?

もっと音楽を聴いたり、映画を観たり、本を読んだりと
ある意味「アート」に触れるといいと思います。

それぞれ一流のアート性を感じることで、
こんな世界観の店を作りたい、こんなクールな店をやりたい、
とインスピーレションを受けることができるはずです。

例えば、うちのスタッフで「アベンジャーズ」系の映画が大好きなスタッフがいます。笑

そこから”アベンジャーズの秘密基地”のような店作りをしてもOKなわけです。
アメコミチックなホームページやチラシなんかを作ってみても面白いでしょう。

そんな風に1つのアート性からインスピレーションを受け、
一貫した店作りをする。

そうするだけで、他店との差別化になり、
あなたの店だけのブランディングになり、勝ち続けられるんです。

だってそんな店、他にないですよね?笑

そもそもそんな「抽象=アート」なモノを店作りに取り入れる人なんて
中々いませんから。

だから集客が上手くいくんです。だから求人が困らなくなるんです。

分かりますかね?

繰り返しになりますが、今後あらゆる技術や商品のレベルは上がり続けるでしょう。

その技術力や商品力的なところで勝負してしまうと、
間違いなく“イタチごっこ”や”マーケティング勝負”になってしまいます。

そこから脱出したい、競合せずにラクに勝ち続けたい人は
ブランディングに目を向け、アートに触れる機会を増やしてみてはいかがでしょうか?

一流ファッションブランドらも、毎回コレクションのたびに
「アートとのコラボ」をして業界を賑わせています。

最近であれば、
プラダならジェームスジーンと。
ディオールオムならフランソワパールと。
サカイならローレンスウェイナーと。

中でもステラマッカートニーは、ピーター佐藤というアーティストとの作品とコラボしました。
でも実は、ピーター佐藤は亡くなっているんですね。

けどアート界ではよく言われそうです。

「アーティストは死んでも、アートは死なない」と。

私もそんな”後世に残る店作り”をして行きたいと思っています。

とはいえ、そんな難しく考える必要はありませんからね。笑
あなたが好きな・興味がわく世界観を、映画や音楽や本などなどから見つけてみてください。

結局、面白い店が作れる人というのは、面白い人です。
面白い人とは「経験・教養=センス」がある人です。

そこを一緒に身につけて行きましょう。

ではまた。

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。