実店舗・集客・ブランディングの”鍵”は『情報発信クオリティー』

ERIC_B_&_RAKIM

どうも仁藤です。

最近よく

「仁藤さんって床屋もやりながら、コンサルもして大変ですね」
「メルマガだのブログだと良く書いてる暇ありますね」
「寝る時間あるんですか?」

とかって言われるんですが。

全然、寝てますよ。笑
相変わらず、朝は弱いですが。笑

気になってる人も多そうなので、
ちょっと私仁藤の普段の生活をお伝えしておきますと、

(興味ないかもしれないけど。笑)

私は、ほぼ店には出ていません。
信頼できるスタッフ達に任せています。

もちろん、どうしても私がイイっていうお客様や、
撮影に協力してもらっているモデルさんのカットなどはしますが、
それ以外は、ほぼ店に出てないですね。

スタッフとはその時に話したり、
LINEでやり取りをしたり
月1回のミーティングをするだけ。

もちろんスタッフに相談したいと言われた時は、
なによりも優先して、その日のうちに会いに行くようにしてますけどね。

(けっこうココ大事だと思ってます。)

割合的には、1割は店に出向き、9割はコンサルとしての活動って感じです。

コンサルとしての活動っていうのは、

・クライアントさんと連絡取り合ったり、
・メルマガなどの情報発信をしたり、
・情報収集のために異業種コミュニティーに参加したり、
・気になるお店や話題の商業施設に行ったり

してますが、

セミリタイヤ生活とまでは言いませんが、
かーーーなり自由ですよ。笑
毎日自分の好きな様にスケジュール組んでます。

(ほんとスタッフに感謝しかない。)

そう聞くと、なんか良さそうだなー、楽しそうだなーって思いません?

しかもそういった活動の中で、
自分の床屋に役立つ情報や気付きがあるので、
ソレをスタッフと共有し、店の向上に活かすことができてるんですよね。

なので、こういったコンサルとしての活動って凄くオススメですよ?

「ただのコンサル会社のコンサルタントより、
実際に店舗経営をして繁盛させているコンサルタント」

の方が段違いで信頼感ありますしね。

きっと私の情報発信を見てる人やクライアントさんも、
ソコを評価してくれてるんじゃないかな?

また新しいコミュニティー作ってそういった事も伝えて行こうかなーと思ってるので、
興味ある人はチェックしてくださいねん。

==============================

実店舗系の人って、「言語化がヘタクソ」

==============================

では本題。

とはいえ、まずは自分のお店を繁盛させなきゃいけないわけですよね。
繁盛してない人のコンサルなんて聞きたいと思いませんからね。苦笑

そこで私は繁盛店にするためには、

「独自のウリを作れ」だの、最近だと
「SWAG(自分だけのスタイル)を築け」

だの言ってます。

ソコで重要になってくるのが

「情報発信のクオリティー」

です。

だって「独自のウリを作るための要素」があっても、

・キャッチーな表現力
・ライティング力
・言語化力

がなければ、

要素を活かし切れず、
見込み客に見向きもされない。
つまり、集客できないからです。

そうですよね?

また、SWAG(自分だけのスタイル)を築いて行くにしても、

「異世界と触れ、異世界のカルチャーと組み合わせる事が必要」

という話を前回のブログでもしましたが、

それにはどうしても時間がかかってしまいます。

なので、その間は

・キャッチーな表現力
・ライティング力
・言語化力

を使って、

見込み客が気になって気になって仕方ない状態にし、
集客するしかない。

例えば、私のプロデューサー坂井が見つけた

「行列嫌いなイタリア人が並ぶ絶品ピザ」

のようにキャッチーに打ち出したりして。

コレだけでも”普通のピザ屋”なんかより、
コッチのピザ屋の方が圧倒的に行きたくなりますよね?

でもね。

実店舗経営者ってほんと苦手な人が多い。
クライアントさんも苦手な人ばかりです。
私もそうでしたし。笑

それはなぜか?って、私は2つあると思ってて。

それは、

・情報発信が足りない
・視点がない

からだと思うんですね。

結局、キャッチーな表現とか上手な文章だったりって、

どうしても「慣れが必要」

なんです。

なので、

「情報発信の量を増やす」

ってことが一つ。

プラス、情報発信をする事で、

「視点が生まれる」

んですよね。

わかりますかね?

例えば、今やってるYouTube集客講座の受講生もそうですが、

「YouTubeで動画発信しているから、
他の人気YouTube動画のタイトルを参考にする」

という視点が生まれる。

私なんかは、
メルマガやブログやpodcastやYouTubeや電子書籍などでも情報発信をしているので、
あらゆるモノに目が行きます。

電車の中吊り広告、ネット上の広告、
テレビのワイプ、通販番組の宣伝文句、映画の宣伝文句、
雑誌の表紙の文言、本のカバー、小説などなど。

ぜひアナタも今言ったようなモノを真似しながら情報発信をしまくって

・キャッチーな表現力
・ライティング力
・言語化力

を身につけて行ってください。

あとは”行列嫌いなイタリア人が並ぶ絶品ピザ”のように、

「言葉と言葉を組み合わせて”ギャップ”を生む」

という手法は今スグできることなので、試してみて欲しいですね。

例えば

・カレーに飽きたインド人が毎日通い詰める和風カレー屋
・パリジェンヌ御用達”高級靴専門”リペア屋
・痛みに弱いゆとり世代も通う小顔整体院

とかって気になるでしょ?

私みたいな強面な人間が、電車でおばあちゃんに席譲ったりすると、
めっちゃ良い人!って感じるのと一緒で。笑

“ギャップ”に弱いんですよ。人間って。笑

ウリ作りや情報発信の参考にしてねん。

でわ。

仁藤

yohe-blog-footer10

相談

fb

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。