ホテル業界に革命を起こしたイアンシュレーガーから学ぶ「ムーブメントの起こし方」

berners_tavern_r1

どうも仁藤です。

やっとです。やっと物件が決まりそうです。笑

今年の3月に5店舗目の吉祥寺店を出店する前から、
すぐに6店舗目を出そうと
かれこれ1年くらい物件を探していました。

が、見つからず。
見つからなさすぎて、京都にお参りにも行ったほど。
(訪問コンサルのついででしたが。笑)

その6店舗目の物件が、やっと見つかりました。

まぁ正直、今本当にやりたい店をやれる物件ではないのですが、
スタッフも増えるので、とりあえず1店舗出しとくか、といった感じです。

とはいえ、今までにないカッコ良い床屋にしたいと思います。
また、色々決まったら報告しますね!

ーーーーーーーーーーーーー

では本題です。

昔と違い、会社や国が守ってくれる
保証が無くなったせいもあると思いますが、

あまりに

・安定志向、保守的

な人が増えてしまっていると感じます。

それを証拠に、ここ数年の理美容室の形として、
スタッフを雇わず、一人で店を切り盛りする人が多くなっています。

もちろん、それはそれで否定するつもりもありませんし、
色々な形があっていいと思います。

ただ、一人で店を切り盛りする理由として、
「人を雇って失敗したくない」「地道に生活費を稼げればいい」
という理由があると思うんですね。

私は、だから

・繁盛しない
・経営が上手くいかない
・倒産する

と言えると思っています。

それはなぜか?

やはりそういった安定志向、保守的な考え方だと

なんとなく物件を選び、なんとなく良くある内外装にして、
なんとなくチラシを撒き、なんとなく店を開業する
といったことになり、

蓋を開けてみれば、1年経っても全く売上が上がらず
経営が苦しい、という現実が待っていると思うんです。

あなたはどうでしょうか?

繰り返しになりますが、1人でお店をやるのは全然良いと思います。
むしろ、色々な形があるべきです。

ただ、1人でやるにしろどうせ開業するなら

・ムーブメントを起こす

くらいの気持ちでやって欲しいと思うんですね。

「ムーブメント」というと大それた感じがしますが、

あなたの業界の中の、小さなカテゴリーでもいいわけです。
あなたのお店のある、地域内での話でもいいわけです。

それくらいの気持ちがあれば
店の立地や内外装にもこだわり、あらゆる集客方法も取り入れるでしょう。

そうして開業した店と、”なんとなく”開業した店なら
どう考えても前者の方が上手くいくに決まってますから。

そうですよね?

だからぜひあなたも

・ムーブメントを起こす

つもりで独立開業したり、経営に取り組んで欲しいと思います。

じゃあ「ムーブメントを起こす」上で必要なことは何なのか?

それは

・derivative(派生的な、独創性のない、新しさの欠けた)な店にしない

ということです。

既成概念に囚われた店にするのではなく、”他に類を見ない店”にすることです。

例えば、理美容業界でも、
いち早くメンズオンリーサロンを取り入れた店がムーブメントを起こし、
いち早くアメリカンBARBERスタイルを取り入れた店がムーブメントを起こしました。

ただ「そんな発想できない」という人もいるかと思いますが、
そんな難しいことではありません。

だって

・業界にないものを探す

だけですから。

分かりますかね?

例えば、理美容業界でアメリカンBARBERが流行ってるなら
本格的な和モダンな床屋があってもいい。

飲食業界でおしゃれハンバーガー屋が増えてるなら
ロブスターロール屋があってもいい。
(実際ベイクルーズ社がロブスターロール屋を出店し流行りました)

エステ業界で高級エステサロンばかりなら
セルフエステがあってもいい。
(実際「ジブンデエステ」という高級エステ機器をセルフで使える店ができました)

そんな風に、あなたも自分がいる業界をつぶさに見ながら、

・業界にないものを探し当てる

ようにしてみて欲しいと思います。

そういったことが得意なのが

「伝説のディスコ54の創設者・イアンシュレーガー」

です。

1977年にOPENしたディスコ54は、
ヴェルヴェットコードという厳しい入場チェックを設け
“セレブしか入場できない”ようにしたんですね。

(それまでのディスコ業界ではあり得なかったこと)

それがセレブの間でウケて、
マイケルジャクソン、ミックジャガー、アンディーウォーホルなどの
ミュージシャンやアーティストから
映画スターや政治家などの社交場になったそうです。

その立役者であるイアンシュレーガーは
ホテル業界でもムーブメントを起こしています。

閉鎖的だった高級ホテルのラウンジを一般にも解放するという
パプリックホテルを開業し、一躍人気を博します。

地域のコミュニティハブとしてのコミュニティホテルの概念は
ここから始まったと言われているそうです。

また、Airbnbの参入で、ホテル経営が厳しくなっている昨今でも

現代人が価値をおかない無駄なサービス(ベルマンやコンシェルジュなど)を削ることで
民泊と同じ料金で泊まれるようにしたり、

高速WI-FIを無料提供したり、レストランの食事や空間にもこだわったりと
「Airbnbにはできないサービス」を徹底することで
若い世代の旅行者から予約が殺到しているんだとか。

(日本にも2020年にイアンシュレーガーのホテルが上陸するそうで楽しみ)

このように彼も、自分がいる業界をつぶさに見ながら、

・業界にないものを探し当てた

だけだと思うんですね。

ぜひ、あなたもイアンシュレーガーのように
derivativeな店にならないよう、業界にないものを探してみてくださいね!

そして、ムーブメントを起こすくらいの気持ちを持って取り組んで行きましょう。

ではまたメールします!

仁藤
yohe-present-banner

相談

yohe-blog-footer10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。