【ホームページ集客3.0④】ホームページ3.0お客様の声

次世代ホームページ集客法の秘密を明かす「ホームページ集客3.0」連載企画第4弾。
前回の記事では、ホームページ制作時のポイントについて明らかにした。今回は、実際に「ホームページ3.0」を導入した3名のクライアントに話を伺う。

動画はこちら

ホームページ3.0で繁盛した3名の店舗経営者さんをご紹介!

仁藤洋平
こんにちは。仁藤です。
鎌田真弥
こんにちは。鎌田です。

仁藤洋平
今日も「ホームページ集客3.0」について話していきたいと思います。

今日は今まで僕と鎌田さんに、ホームページ制作を依頼していただいたクライアントさんにお越しいただいてお話を聞いていきたいと思います。

大阪府中央区(心斎橋)で餃子バルを経営 浅野様

ホームページ集客3.0大阪府大阪市中央区の餃子専門店 541+ 浅野様
ホームページはこちら

仁藤洋平
まず1人目は、浅野さんに来ていただいてます。よろしくお願いします。

浅野さん
お願いします。

仁藤洋平
浅野さんも動画とか慣れてはないとは思うんですけども、リラックスしてお話いただけたらなと思います。

まず、浅野さんがどんなお店をどこでされてるかを話して頂けますか?

浅野さん
大阪で餃子専門バルという餃子屋を女性に向けた形でやっています。

仁藤洋平
そうですね。

餃子屋さんということで、大阪の心斎橋だったりとか、大阪本町が一番近いエリアかなあと思うんですけど、そういったところでやられてる方ということですね。

僕らに依頼していただいたのが、もう1年半前ぐらいですね。

浅野さん
そうですね。

前年比130%の売上アップを継続中

仁藤洋平
制作後に、一番実績として出たのはどれぐらいですか?

理容室とは違って、新規さんを細かく数えることがないと思うんで、具体的な数字は難しいと思うんですけど。

浅野さん
でも、やっぱり前年から比べると130%ぐらいは上がってるかなあと。

もうずっと130%ぐらい来ているような感じで。

メディア取材殺到中!1年間でテレビ取材6本!

ホームページ集客3.0「テレビや雑誌の取材も多いそうですね?」

仁藤洋平
あとは、メディアとかでも結構出演されてると思うんですけども。

浅野さん
そうですね。テレビが去年と今年で5本…6本ぐらいは取材を受けて。

鎌田真弥
すごいですね。(笑)

仁藤洋平
ほぼ1年で5~6本ってことですね。全国テレビもあったりとか。

浅野さん
全国テレビから関西のローカルまでというところで。

鎌田真弥
すごいですよね。

仁藤洋平
やっぱりそこからの集客っていうのも?

浅野さん
そうですね。

やっぱり某アイドルグループというか、今話題のグループの方の番組では、1年通してファンの方が「その料理を食べたい」という形で、遠い人だと台湾から来ていただいたり。

仁藤洋平
へー(笑)

鎌田真弥
へー(笑)

浅野さん
やっぱり大阪というところもあって、京セラドームからも近いんで、そういうドームコンサートのあとに一気に来店していただくことがありますね。

仁藤洋平
なるほど。

まず1つ目として、ホームページを見て実際に来て頂いているお客さんがいるということですよね。

これは今までの動画でもお伝えしてきてるんですけども、「大阪 餃子」っていう2キーワードでも1ページ目に来てたりとか、「心斎橋 餃子」とか、「大阪本町 餃子」っていう、2キーワードで割と多いキーワードだと思うんですけど、そこでも1ページ目に来てるから直接的に集客もできている。

そして、メディア。

ホームページを見たメディアに取り上げられて、そこから間接的にお客さんが来店してる。

やっぱりホームページを主要なキーワードで1ページ目に挙げることによって、直接的に新規のお客様も集まるし、メディアに取り上げられる可能性も高くなってくるんで、非常に重要なのかなあと思います。

「女性向けの餃子屋」というウリにした理由

ホームページ集客3.0ホームページでもしっかりと女性向けに訴求

仁藤洋平
ウリの部分では、浅野さんの店はもともとは女性向けのウリではなかったと思うんですね。

浅野さん
そうですね。

仁藤さんのセミナーを受けてというのもありつつ、ちょうどインターネットのホームページを作る前ぐらいに、ようやくウリっていう部分で餃子のアイテムがそろったと。

で、打ち出していく方向性も決まった。

そこを一緒にホームページを作る中で仁藤さんにもアドバイスを頂いて、「女性に向けて」という、餃子という業態の中では思い切った形の打ち出し方を一番初めのワードで入れるっていう、これはやっぱり勇気が要ったんです。

仁藤洋平
そうでしょうね(笑)

浅野さん
一気に絞り込んだことで爆発したんかなあと。

仁藤洋平
それがお客さんを集めることにもつながったし、メディアからも声が掛かった理由になるのかなあと思うんです。

もともとは色々な餃子とか、すごいウリになる要素っていうのはいっぱいあったんですけど、その中からやっぱり「ニンニクなし餃子」がすごく人気で、餃子の種類も豊富じゃないすか。

それで「女性向けの餃子の店でいいんじゃないですか」というところを基に、ホームページを作っていったんですけど、それがうまく功を奏したというか、いい結果になったのかなと思うんですね。

売上を1ランク上げたかった

仁藤洋平
ホームページを作って売上が上がっていったりとか、メディアに取り上げられるようになったと思うんですけど、それ以前はどういった状態だったかというのを聞きたいなと思うんですけど。

浅野さん
そうですね。

自分自身でホームページとかも作ったりしながら「テレビとかメディアに取り上げられると逆に常連さんが逃げるかなあ」とか、飲食店だとやっぱりよく考えるんですけど。

そこでも一気にいけるかなという余力も持てたぐらいの時にオファーがあったんで、行くか行かないかっていうのをやっぱり覚悟を決めて、全国放送のテレビのオファーを受けたんです。

で、そこまでずっと上がってはきてたんですけど、もう1ランク上に上げるっていう…

仁藤洋平
さらに爆発的に。

浅野さん
そうですね。

そこの起爆剤に(ホームページが)キッチリなったのかなあという実感はあります。

このホームページを「大阪 餃子」っていうキーワードで上げてもらえたことで、うちのブランドが一気に認知されたのかなと思います。

仁藤洋平
そうなんですよね。

やっぱりタイミングも重要だったのかなと思うんですよね。

今までの動画でも話してますけども、「爆発的に伸びるタイミングでそこのチャンスに飛び込めるか」がすごく重要。

浅野さんの場合は、そのタイミングでうまく僕らにホームページも依頼できた。

人やメディアとかもそういう情報を求めてるタイミングだったのかもしれないんですけど、そこがうまくかみ合ってうまくいってるのかなと思うんですよね。

ホームページ制作時に気をつけたことは?

ホームページ集客3.0「大阪 本町 餃子」で1ページ目に表示。
店舗のホームページでは1位。

仁藤洋平
鎌田さん的にはやっぱり「大阪 餃子」とか、「心斎橋 餃子」って結構難しいキーワードだったと思うんですね。競合が多いから。

何か意識したというか、気をつけたSEO対策的なことはありますか?

鎌田真弥
まず基本的なところはきっちり押さえて、大阪と餃子とあとは近辺の情報だったりとかもすごく網羅されてたので、

「大阪本町 餃子」「大阪の餃子バル」など集客できるキーワードをしっかりと押さえて作りました。

あとは、ホームページを見た時に、「豊富な餃子の種類」「女性向け」「1円キャンペーン餃子」というウリをしっかりと提示したことが、ご来店のところまでしっかりと繋げられた1つの理由なのかなとは思いますけどね。

仁藤洋平
SEO対策を細かくやりつつ、実際に見てくれた人が来てもらえるようになる文章だったり構成だったりとか、ウリをどう打ち出すかというところに気をつけたっていうことですね。

鎌田真弥
そうですね。

店舗経営の視野が広がった

ホームページ集客3.0「次の展開を考えられるようになりました」

仁藤洋平
なんか、それによって浅野さん自身変わったこととか、良くなったことってありますか?

浅野さん
また次のステップとして、次の展開を考えたりっていうのはやっぱりあるので、

人を育てるとか、次のお店を出すとかっていうところを念頭に入れやすくなりましたね。

仁藤洋平
実はあれなんですよね。

あんまり言っちゃういけないのかもしれないんですけど、

「スマステ」ですよね、出た番組はね(笑)

「スマステ」、もう終わっちゃってるから言っちゃってもいいかなと思うんですけど、それに出て、そこからそういった色々な集客だったりがかみ合ってうまくいって。

で、今奥さんが美容師。元美容師さん?

浅野さん
いや、今もです。

仁藤洋平
今も美容師さん?

浅野さん
やってるんです。

仁藤洋平
それで今、餃子屋さんがうまくいってるから、美容室も開業しようかっていう話になってるっていうところで、どんどん未来も広がってるという状態なんですね。

餃子屋さんがうまくいったノウハウを美容室にもすごく活かせると思うので、美容室も頑張っていただきたいと思います。

浅野さん
はい、ありがとうございます。

これを読んでいるあなたへのメッセージ

仁藤洋平
これを見てる方が、僕らにホームページをお願いしたいだったりとか、色々アドバイスしてもらいたいっていう方が見てらっしゃるんで、その方たちにちょっとメッセージを頂けたらなと思うんですけども。

浅野さん
そうですね。

僕自身もホームページを作っている業者さんであったりとか、集客サイトの情報というのは、以前会社に勤めてお世話になっていたので、結構知ってるほうだとは思うんですけど、

比較的安い値段できっちりフォローして頂けるところは、ほんとに僕自身ありがたかったなあと。

「まだフォローしていただけるんだなあ」とか「まだまだいろんなことをしていただけるんだなあ」と思う部分もあるし。

で、「これからもまたしていただけるかなあ」と思うんで、そういうアフターフォローの部分であっても、

長い目で見てランニングで考えると比較的安い値段で受けていただけるし、クオリティもしっかり出るし、結果も残るんで良いのかなと思います。

鎌田真弥
ありがとうございます。

仁藤洋平
ということで本当に嬉しい、ありがたい……

鎌田真弥
本当ですよね。

仁藤洋平
鎌田さんにとっては涙が出ちゃうようなね(笑)

本当に嬉しいなってところで、今回は浅野さんにいらしていただきました。今日はほんとにありがとうございました。

浅野さん
いえいえ、こちらこそありがとうございます。

鎌田真弥
ありがとうございました。

愛知県一宮市で美容室を経営 早川様

ホームページ集客3.0愛知県一宮市の美容室 seven+ 早川様
ホームページはこちら

仁藤洋平
続いては、早川さんにお越しいただいて話を聞きたいと思います。よろしくお願いします。

早川さん
よろしくお願いします。

仁藤洋平
じゃあ、早川さんから、今どこで何のお店をやられてるかっていうのを話して頂いてよろしいですか?

早川さん
愛知県の一宮市で「ビューティーアンドヘルスセブン(beauty&health seven+)」という美容室をさせて頂いてます。

早川と申します。よろしくお願いします。

わずか3ヶ月で売上170万円アップ達成!

ホームページ集客3.0「ホームページが完成してから絶好調です」

仁藤洋平
ホームページができたのがいつ頃でしたっけ?

早川さん
6月の末ぐらいですね。

仁藤洋平
そうですよね。

2017年の6月だったと思うので、完成してからあまり時間が経ってないんですけども。

早川さん
2~3カ月ぐらいですかね。

仁藤洋平
ですよね。その中でどういった実績が出たかっていお話をちょっと。

早川さん
一応昨日、9月が終わったんで、調べてみたんですけども、

新規の客数としては7月、8月、9月の3カ月で、前年比191%。

で、売上的には118%という感じで、金額的には170万ぐらいですかね、3カ月で、前年比。

仁藤洋平
3ヶ月で売上170万円アップした?

早川さん
アップさせて頂きまして、もう本当に仁藤さんのおかげ、鎌田さんのおかげと、本当にもう感謝、感謝です。

鎌田真弥
いえ、とんでもないです(笑)

「一宮 美容室」の2キーワードで1ページ目に表示

ホームページ集客3.0「一宮 美容室」で1ページ目に表示。
こちらも店舗のホームページでは1位。

仁藤洋平
一番メインのキーワードとして「一宮 美容室」というキーワードが、一番月間のボリューム数もあるしというところで、SEO対策して1ページ目に来ててるところだと思うんですけど。

2キーワードとなると、それなりに競合もいるんですけども、その中で1ページ目に上がってきて、そこから新規のお客さんが増えてるっていうところで、すごい良い流れなのかなって。

早川さん
そうですね。

ホームページ制作時に気をつけたことは?

ホームページ集客3.0「実は、ホームページはもともとあったんです」

仁藤洋平
まだ3カ月という、相当早い段階で結果が出てるのかなあと思うんですけども、

鎌田さん的には早川さんのお店のホームページを作る上で何か気をつけたところとかあります?SEO対策とか?

鎌田真弥
そうですね。

先ほども直接お話させても頂いたんですけども、もともとのホームページのリニューアルというところも含めて対応させていただいたんですよね。

もともと色々な動画の制作などもしっかりされていて、集客に関してすごく打ち込んでらっしゃるなというので、ホームページの運営をしっかりされているのはもう分かってたので…

早川さん
それも仁藤さんにお世話になりました。

仁藤洋平
いえいえ(笑)

鎌田真弥
(笑)

そこを軸に、仁藤さんのウリの力もプラスして、いかに「一宮 美容室」で上げるかという内部対策をしました。

もともとのホームページがあって、運用をしっかりされてたので、ドメインの力はすごく溜まってたんですね。

そのパワーをしっかりと内部対策で「一宮 美容室」をGoogleに分からせるためにベーシックな対策をさせて頂きました。

あとは構成ですよね。

実際にホームページをご覧になって頂いた方に、セブンさんのウリがしっかり伝わるような構成でお手伝いさせて頂いたのと、ボタンのコンバージョンがしやすい流れというのを意識して作らせて頂きました。

どうやってウリを作ったのか?

ホームページ集客3.0「読者の方の参考にもなると思うんですけど…」

仁藤洋平
お客さんに対して優しい技術を届けてるというのも1つウリだったと思いますし、

「30代以上の女性のお客さん」とターゲットを絞ったりして、ウリを作っていきました。

早川さんのお店って色々な武器があるんですよ。

いっぱいあるんだけども、早川さん自身もそこをまとめ切れてないというか、調整しきれてなくて、

逆にお客さんがホームページを見たときに分かりづらくなっていた。

なので、カウンセリングをしながら、伝わりやすい形にしていきました。

ここら辺は見てる方も僕は参考になるんじゃないかなと思っていて、
美容室のホームページって3通りあるんですよ。

1つは、本当に薄っぺらい何を伝えたいか分からないホームページと、もう1つはカッコつけだけのホームページ。もう1つは、言いたいことがありすぎて何を言いたいのかわからないホームページ。

早川さんは3つ目だったんですね。

そこをウリとしてまとめて、鎌田さんが上手く具現化して、さらにSEO対策をした。

そこが成功要因というか、良かった点なのかなと思ってます。

ポータルサイトからの集客が落ち込んでいた

ホームページ集客3.0「去年から集客に危機感を持ち始めたんです」

仁藤洋平
早川さん自身は、うちでホームページを作って、この3カ月順調に来てると思うんですけど、それまではどういった状態でしたか?

早川さん
ぶっちゃけて言うと、売上的にはそんなに困ってなかったです。

順調には来ていて、切羽詰まって集客的に困ってる感じではなかった。

でも、それで満足することはあれなんで「やっぱりもっと上を目指していこう」っていうことでやってました。

ただ、去年ぐらいから新規のお客さんが以前と比べて集まらなくなって、「これはちょっとまずいな」ということで、何か模索をしてたときに、仁藤さんのYouTubeの講座に出会いました。

そこに参加させていただいたのがキッカケで、ウリの重要性を痛感した。

ホームページも、今まで数社の業者さんとお付き合いをしてきたんですけども、

正直こんなに早く結果が出たというのは本当に初めてで、すごいびっくりしてるんですけど。

仁藤洋平
集客がそれなりに来てた時期っていうのは何で?

早川さん
やっぱりインターネットが中心ですね。ポータルサイトっていうんですかね。

仁藤洋平
ホットペッパーとか。

早川さん
そうです。楽天さんとか、エキテンとか、ホットペッパーですね。

仁藤洋平
そういうとこから割と来てた?

早川さん
そうですね。

ホームページもあったんですけど、今と比べると全然集客数は少なくて、

SEO的にも全然…3~4ページ目っていうところにあったので、ほとんどポータルサイトが中心という感じでしたかね。

仁藤洋平
ポータルサイトの集客って、流行り廃りがあるんですよね。

ホットペッパー集客がすごく上手くいってた時ってあると思うんですよ、何年前か。

それが終わって、競合店がどんどん増えたり、掲載料金も上がって、どんどん難しくなってる。

僕らのやるホームページ制作は、そういったことがないように、継続的かつ安定的な集客を目指しているので、それが良かったのかなあと。

早川さん
そうですね。

あと、思い出したんですけど、ウリを仁藤さんにいろいろ精査してもらって、それをご指導いただいて、全部ホットペッパーから何から作り替えたんですよね。

そのウリの効果もあって、ポータルサイトからの集客も増えているのは実感してますね。

仁藤洋平
ホームページを作らせて頂く方は、全部ウリから作らせて頂くので、

そのウリをもとに集客サイト(ポータルサイト)の文章を書き換えたり、色々なものに応用が利くんですよね。

早川さん
そうですね。

集客が急増し、スタッフに驚かれる毎日

仁藤洋平
まだ3カ月ぐらいなんであれかもしれないんですけども、これまでの変化や今後の展望をお聞きしたいんですが。

早川さん
スタッフは当然それだけ新規のお客さんが増えてるんで「何でこんな急に増えたんですか」みたいな話もしてきてるんですけど、「僕の力やで」って(笑)

それは嘘ですけど、「良い業者さんに当たったんやわ」っていう話をしてます。

今後ももっと集客を高めていきたいなっていうのと、スタッフに還元をしていきたいなということですかね。

仁藤洋平
集客が1個うまくいくと、売上も上がって余剰資金もできるじゃないですか。

それを使ってまた違う広告を出したりとか、違う収入を得るために知識を得るとか、それの連続だと思うんですよね。

なんで、本当に集客ができるツールを1個持っておくというのは大事なのかなと思います。

早川さん
そうですね。

これを読んでいるあなたへのメッセージ

仁藤洋平
じゃあ、これを見ている方々にちょっとメッセージがあればお願いします。

早川さん
今までに何社かホームページを依頼した業者さんがいたんですけども、普通こちら側がクライアントになるわけじゃないですか。

そうすると、こちら側の言う通りに、あまり苦言を言われずに、そのまま進められて出来上がるわけですけど、

今回仁藤さんにお願いして、結構厳しいことを色々言われて……

仁藤洋平
(笑)

早川さん
その時はちょっとムッとしたりとかも、ぶっちゃけと言うとあったんですけど。

自分はどっちかというと文章が下手なので、ダラダラ書いてしまうんですけども、それをはっきりと言っていただいて、

「もうちょっと上手くまとめないと伝わらないですよ」とか、そういうアドバイスも頂いたりとかして、結局、最終的にはこういう良い結果につながったわけで。

何て言ったらいいんですかね。

一言で言うと、自分がガンを宣告されて、医者にああでもない、こうでもないって、いろいろ苦言も言われたけども、ガンを治してもらったみたいな……

仁藤洋平
(笑)

早川さん
そんな感じですかね。

素材を出す部分は、大変な部分が正直ありましたけど。

でも、今までの自分の店を見直すっていう意味でもすごく勉強になりましたし、やっぱり非常に良かったなと思います。

仁藤洋平
ありがとうございます。

早川さん
普通の業者さんでは、たぶんそういうことはないと思うんで、ぜひ仁藤さんにホームページを頼んでほしいなと僕は心から思います。

鎌田真弥
ありがとうございます。

早川さん
絶対結果が出ますんで。

仁藤洋平
ということで一宮の美容室の早川さんに今日はお越しいただいてお話を聞いてきました。

今日はありがとうございました。

早川さん
ありがとうございました。

鎌田真弥
ありがとうございました。

東京都渋谷区(初台)で床屋を経営 中山様

ホームページ集客3.0東京都渋谷区の理容室 匠和 中山様
ホームページはこちら

仁藤洋平
続きまして、中山さんにお越しいただいて話を聞いていきたいと思います。よろしくお願いします。

中山さん
よろしくお願いします。

仁藤洋平
中山さんは僕のコミュニティに入って、すごい結果を出して頂いた方なので、色々なところで紹介させていただいてるので、知ってる方もいらっしゃるかと思うんですけども、

改めて中山さんから自己紹介をお願いします。

中山さん
僕は東京都の渋谷区で床屋さんをさせていただいてます。

仁藤洋平
もともと大阪で修業をされて、そこから全然顧客もいない状態で東京に。

大阪の仲間からはすごい否定されたとか…

中山さん
そうですね。

仁藤洋平
「東京に出すの大丈夫か」みたいな。

「絶対うまくいかないだろう」とか言われながらも東京でお店を出されたんですけども、

その中で僕と鎌田さんのホームページ作成を依頼して頂いた。

新規は月70名以上!予約お断り状態!

ホームページ集客3.0「ホームページが出来てから右肩上がりです」

仁藤洋平
2017年の1月にホームページを作成させていただいたと思うんですけども、これまでの成果を教えて頂けますか?

中山さん
そうですね。

1カ月で新規は70人以上来て頂いてますね。

仁藤洋平
ずーっと右肩上がりだとか。

中山さん
右肩上がりですね、

もう、下がることなく、上がりっぱなしみたいな。

仁藤洋平
しかも中山さんって1人でお店をやられてるから、ぶっちゃけ断っちゃってる新規のお客さんも多いんじゃないですか?

中山さん
そうですね、

たぶん機会損失っていう部分で、本当にもう測るのもどうなのかなと思うぐらい、いっぱいお問い合わせ頂いていて、もう頭痛いような。

仁藤洋平
(笑)良い悩みというかね。

中山さん
いや、ほんとに良い悩みな感じですね。

仁藤洋平
本当だったら80人とか、もしかしたら90人とか。

中山さん
そうですね。

もっと来てるような感じはしますね、体感的な部分では。

人通りのない立地の悪い店でも集客できる

ホームページ集客3.0「渋谷と言っても色々ありまして…」

仁藤洋平
決して立地の良くない場所でオープンされちゃったんですけど。

中山さん
僕はオープンする前は「本当に立地が良い」と思ったんですけども。

仁藤洋平
(笑)

中山さん
仁藤さんに色々と話を聞く限りでは、すごい立地の悪い場所でさせて頂いてるなというような感じですね。

仁藤洋平
すごく駅近でもないし、商店街沿いでもない、人通りが無いところなんですよね。

住宅地なんで視認性も良くないんですよ。

周りから「ここに床屋さんがある」って分からない場所ですもんね。

中山さん
そうですね。

仁藤洋平
なんで、たぶん集客に苦しんでたと思うんですけど、本当に良いホームページを作っただけで、それだけ集客ができてるっていうところがある。

これを見てる方も、立地が悪い場所にお店を出してる方だったりとか、地方の方もいらっしゃると思うんですけど、東京だからとかじゃなくて、全然地方もいける。

立地とか関係なくホームページ集客でお客さんを増やせるっていうのが中山さんの結果から分かると思います。

顧客ゼロで開業し、客数は月15人以下・・・

ホームページ集客3.0「思い切って東京に出たんですけど…」

仁藤洋平
僕の講座に入ったり、ホームページを作る前まではどんな状態でしたか?

中山さん
ホームページを作る前の話ですね。

前は、本当に時間があれば「理容室 集客」とか検索エンジンで調べて、書いてある記事に例えば「チラシ」だとか「集客サイト」だとかっていうのを見て「あー、そういうもんなんだ」というようなレベルだったんで、僕自身が。

仁藤洋平
新規のお客さんでいうと、あんまり来てなかったんですか。

中山さん
いや、本当にもうお客さんゼロの状態でスタートしたので、10人とか、15人とか。

それでもやはり「最初だから」「オープンしたてだし」というような感じだったんですけど、でも、「いよいよまずいな」というような感じでしたね。

仁藤洋平
オープンして初月、2カ月とかはしょうがないかなと思うけど、でも半年とか、1年弱とか進んできたときにちょっと不安になってきて……

中山さん
そうですね。

仁藤洋平
そこで僕の所へお越しし頂いて、ホームページ作成に至った。

本当に今、全然集客できてない人、月10人しか来てない方でも全然問題なく、ちゃんとしたホームページというものを作れば集客は望めるということなんですね。

ホームページ制作時に気をつけたこと

ホームページ集客3.0「初台 美容室 メンズ」で1ページ目に表示。
店舗のホームページでは1位。
右側にも大きく表示される。

仁藤洋平
鎌田さん自身、「初台 美容室」とか「初台 床屋」でSEO対策されたと思うんですけど、

中山さんのお店のホームページで気をつけたことってありますか。

鎌田真弥
そうですね。

中山さんは、もともとホームページを作ってらっしゃったんですよね?

中山さん
軽くです。

鎌田真弥
もともと、ホームページ自体を自力で作れるようなCMSというか、そういったツールみたいなのを使って作られてたんですよね。

そういうものを使って作られてる方ほど、やっぱり何て言うんですかね…色々なところにゴチャゴチャ置けたりしちゃうんですよね。

それで、ちょっと見たときに、タイトルだったりとか、キャッチコピーだったりとか、キーワードを入れるべきところに入れられてなかったりとか、そういったところが見受けられたので、内部対策をさせて頂きました。

あとは、メンズ専門で床屋で、結構硬派な感じのスタイルをすごく頂いてたので、それをしっかりと出せるように、こちらの方でイメージを提案させていただいたという感じですね。

仁藤洋平
そうですね。

これを見てる方も、自分で作ってる方っていらっしゃると思うんですけど、自分でできればできるほど、色々なことを配置しちゃったりとか、やりたいことをやっちゃったりとかして、逆効果になっちゃってる可能性が結構高い。

それをプロから見ると「ここは必要ないよね」とか「ここは必要だよね」「こうやったほうが見やすいよね」「ここにキーワードを入れたほうがいいよね」っていうのが実は細かいノウハウがあるわけですよね。

お金的にも精神的にも余裕ができた

ホームページ集客3.0「ジリ貧だったからこそ賭けました」

仁藤洋平
中山さんは家族がいらっしゃると思うんですけど、家族の反応だったりとか、もしくは今後の展望だったりとか、何かあれば教えていただきたいんですけど。

中山さん
一番大きく変わったというのは、自分自身の余裕の部分ですね。

本当にもう家族がどうとかの前に、売上が上がって余裕が出てきて、それだからこそ見えてくるものがありました。

少し余裕が出たから「何かしようか」とかっていう話は、すごい出てくるようになりましたね。

それまでは、別に喧嘩してるわけじゃないですけど、自分に余裕がないんで、ツンケンした日々があったんですね。

仁藤洋平
先はあまり見えなかった?

中山さん
もう正直本当にこの、現時点の売上っていうのは、全く見えてなかった。

本当にもう「ジリ貧だったら賭けていこう」っていうような感じでした。

今の売上が出てるという想像が全く無かった。

全く無かった、本当に。

鎌田真弥
そうですよね。

仁藤洋平
そこからお客さんも増えて売り上げも上がって、スタッフさんを雇おうと考える余裕もできた。

来年入る子が決まったんですよね?

中山さん
来年の春に入ることになりまして。

仁藤洋平
今の店の近くの笹塚とかにも店舗を増やしたいなっていう気持ちもあるとか。

中山さん
そうですね。

本当に多店舗展開も視野に入るぐらい、お金的にも気持ち的にも余裕が出てきたっていうような感じはありますね。

仁藤洋平
そう、やっぱり集客が上手くいってない状態だったり、売上が上がってない状態だと、今どうするかで一杯一杯になっちゃうと思うんで。

中山さん
いや、本当に(笑)

仁藤洋平
中山さんの家族は仲良い家族だから、そこまでないと思うんだけど、本当に家族によっては、そこで喧嘩になっちゃったりとか、気まずい雰囲気になっちゃったりとか。

それこそ本当に、「将来どうしていきたいか」とか「多店舗展開しようか」「スタッフを増やそうか」というのは絶対見えてこないことだと思うので、本当に集客ってすごく重要だと思うんですよ。

これを読んでいるあなたへのメッセージ

仁藤洋平
この動画を見ている方に、最後にメッセージがあればお願いします。

中山さん
本当に、ホームページを作ってからお客さんの質も上がりましたし、自分自身がやりたいなというお客さんが毎日来るような状態になりました。

何となくやってるお客さんじゃなくて、自分が本当にやりたいお客さんが毎日来る状態になって、毎日が本当に楽しい営業になったというのは本当に大きいかなという感じはしますね。

仁藤洋平
数字だけじゃない。

中山さん
そうですね。お金だけじゃなくて、本当に毎日が楽しくなったというような感じですね。

仁藤洋平
僕らっていうのはそこも気をつけてる部分があるので。

鎌田真弥
そうですね。

仁藤洋平
数だけ取るんじゃなくて質の高いお客さんを集めるためのホームページ作りを意識してる。

その方がリピートも必然上がりますし、単価も上がる。中山さんの店も高いですよね。カット5,400円とかですもんね。

決して安売りしてない店でもそれだけ集客ができています。

今日の話の中でも参考になるところもあったと思いますので、ぜひ自分のホームページに置き換えて考えてみてほしいなと思います。

ということで中山さんにお話をお聞きしました。

今日はありがとうございました。

中山さん
ありがとうございました。

鎌田真弥
ありがとうございました。

ここまで読んだあなたに朗報!次回は、仁藤と鎌田による「ホームページ3.0制作サービス」についてご案内します。次回記事は1月12日に公開予定。楽しみにお待ちください。

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内6店舗の理美容室代表 【店舗経営者として】 理容師になり5年目に、前店長の突然の退職をキッカケに自身が店長に就任。5席で月商105万円、新規客ほぼゼロ、スタッフ3名の赤字床屋の経営を任される。その後2年間で、1席当たり70万円売り上げれば優秀とされる理美容業界で、月商500万円を売り上げる繁盛店になる。怒涛の衰退産業である理美容業界でこの数字は圧倒的。2018年9月には「Chill Chair 高円寺北口店」をオープンするなど新店舗を続々出店中。 【コンサルタントとして】 現在では他店舗のコンサルティングにも力を入れている。店の「ウリ」を発掘し、独自の「スタイル」を軸に売上アップを実現する手法で実績多数。クライアント数は累計350店舗以上(2018年10月現在)。業種は理美容室、飲食店、ネイルサロン、エステサロン、治療院、製菓店、ワインショップ、眼鏡店、スポーツスクール、ダンススタジオ、通販など様々。エリアは北海道から沖縄まで日本全国、海外ではニューヨークなど各地にクライアントがいる。SEO対策に特化したホームページ制作も行なっており、制作実績は70店舗以上。全くのゼロベースからの新規出店プロデュースも手掛ける。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は、当時絶大な人気を得ていた芥川賞受賞作「火花」を抜き、Amazon総合ランキング1位を獲得。さらに同年の「Amazon2015年大賞」を受賞した。2016年9月には4冊目となる著書「店舗系マーケター」を出版。 【メディア掲載実績】 ・メンズプレッピー2016年3月号掲載(表紙) ・メンズプレッピー2016年4月号掲載 ・テレビ東京経済情報番組「モーニングチャージ」2016年8月出演 ・・・など多数。