なぜホットペッパーに掲載しても繁盛しないのか?

house vision 2016

どうも近所でやってた「HOUSE VISION2016」に行ってきた仁藤です。

「HOUSE VISION2016」とは、
隈研吾さんら超有名な建築家やクリエイターが創造し、
原寸大で具現化した”未来の家”の展覧会です。

率直な感想・・・すごく楽しかったです。
将来、本当にこんな家ができたらいいな〜と、ワクワクしちゃいました。笑

ここで「自分は建築業界の人じゃないから」と言って
興味を持たないのは超絶ナンセンスですよ?

私的には、
他業界の、しかも超一流のクリエイターの作品に触れる、創造力に触れることで、
自分の「センスの引き出しが増える」ようなイメージあるから。

個々のセンスって

「なにに、どれだけ触れてきたか?」

で随分と左右されると思うんですよね。

その「質と量」の積み重ねが、
自分のセンスの引き出しにストックとして溜まって行く気がしてて。
もちろん何も考えずに触れててもダメですが。笑

で、その引き出しにあるストックを、自分がなにかを発想する際に取り出して、
他のストックとを組み合わせたりして、新しいモノを生み出してるんですよね。

私の場合は、ですが。

だって普通人は「ゼロからイチ」を発想する事なんてできないから、
そうするしかないと思うんですよ。
私たちは残念ながら天才じゃないんだから。

そうですよね?

しかも、今回の「HOUSE VISION2016」なんて、
超一流たちが考える近未来のハイセンスな”空間作り”が一挙に見れるわけで。

”空間作り”って店舗の世界観、ブランドを築き上げるために必要不可欠な要素でしょ?
店舗ビジネスをやってる人にとっては超重要だと私は思うんですよね。

だから行かない理由がないんですよ。
ま、残念ながら今度の日曜日で終わりですが。苦笑
行けそうな人は行ってみてくださいねー。

あと、こういう情報もチェックしといた方がいいですよ?
ファッション誌、カルチャー誌だったり、
そういう系のスマホアプリなんかにも情報が流れてたりするので。

ぜひ。

では今日の本題。

今日は金曜日ということで、新音声を配信します。

今日の内容は、

『なぜホットペッパーに掲載しても繁盛しないのか?』

です。

本日18時頃に配信しますので、こちらから登録しといてねん。

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

podcastのリスナーから来た、

「ホットペッパーに登録したのですが、集客が増えません。
契約したプランは最も安いものです。
割引クーポンを発行すれば集客できますか?」

という質問にお答えしています。

「ホットペッパー」って理美容業界だと超有名な集客サイトなんですが。

(飲食店なら「食べログ」とか旅館なら「じゃらん」とかありますよね?)

私は、この質問を聞いた瞬間に

「ヤバイな」

って思うわけですよ。

まー良くある質問ランキングでも最上位の内容なんですが。笑

正直、私のような『店舗系マーケター』からすると、

・ありえないマーケティング
・ありえない発想

なんですよね。

詳しくは、音声を聴いて欲しいのですが、

結局は、

「店舗系マーケターじゃないから、
こういうありえないマーケティング、ありえない発想をしてしまう」

んですよ。。。

現在進行中の『店舗系マーケター養成プロジェクト』も大反響で、

「もっともっと教えて!」「もっともっと知りたい!」

という声が後を絶ちません。

それだけ、

「自分の店も、他人の店も繁盛させ続けることができる
店舗系マーケターとしての情報・ノウハウ」

が求められているんだなーと思いながらも、

逆に、これだけ求められているという事は、

「店舗ビジネス界全般で、全く知られていない情報」

だという事でもあります。

そうですよね?

ということはですよ?

今あなたも店舗系マーケターになってさえしまえば、
競合から抜きん出れる、簡単に繁盛できる

ということなんです。

私や、私のクライアントのようにね。

ってことで、ぜひ今日の新音声

なぜホットペッパーに掲載しても繁盛しないのか?

で、その辺りも詳しく話してるんで、聴いてください。

もちろん、ホットペッパーに掲載しても集客できない理由も解説しているので、

・このリスナーのように、ホットペッパーに掲載してても集客できてない人
・もっと割引した方がいいのかなーなんて迷ってる人

も、必ず聴いてくださいねん。

本日18時頃に配信のpodcastチャンネルに登録を。

iphoneユーザーじゃない方は、YouTubeチャンネルに登録を。

では。

仁藤。

yohe-blog-footer10

相談

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。