既存客が半減!?お客様を呼び戻す正しいアプローチと対策方法

スクリーンショット 2017-10-06 19.03.25

どうも仁藤です。

 

今週の月・火は湯河原で

「爆速繁盛クラブの合宿」

をしていました!

 

まずは

・「正しい広告の使い方」を学ぶために
・「副業」をやってもらっている

のですが

 

続々と
副収入(報酬)が発生する人が
出てきました!

 

その中には

「半自己流でやってた時は
まったく報酬が発生しなかったのに」

と、嘆いていた人も・・・

 

前にブログで書きましたが

専門外のことは、プロに任せる

ことです。

 

“餅は餅屋”ですから
その道のプロに任せる。
その道のプロから学ぶ。

 

そうすることで

スピーディーに成果が出せる

のです。

 

それを自己流でやるから

・時間もかかり
・成果もでない

という最悪な事態に陥るのです。

 

ぜひ、あなたも

専門外のことは
その道のプロに任せる
その道のプロから学ぶ

ようにしてくださいね!

 

では今日の本題です。

 

今日は金曜日なので
podcastの配信日です!

 

今回のテーマは

【既存客が半減!?
お客様を呼び戻す
正しいアプローチと対策方法】

です。

 

“無料の音声”ですので、
興味のある方は
ぜひ聴いてみてくださいね!

 

iPhoneユーザーはこちらから

 

iPhoneじゃない方は、
こちらから聴いてください。

 

あなたは今まで

「突然、お客様が減ってしまった」

ことってありませんでしたか?

 

例えば

・近くにライバル店ができた
・既存客が引越してしまった
・改装してる間に別の店に行ってしまった

などなど。

 

なにかしたらの理由で
お客様が来店しなくなること
ってありますよね?

 

最近もLINE@から
こんな質問を
いただきました。

 

「1ヶ月半ほど
体調を崩し
入院してしまいました。

 

お店を再開したのですが、
元々居たお客様(月80人)の半分位
になってしまい

 

経営が困難になり
どうしたら良いのか分からず
の状態です。

 

もう一度お客様に
来店してもらえるようにするには
どうしたら良いですか?

 

教えてください。
よろしくお願い致します。」

 

とのこと。

 

(LINE@で店舗の相談を受付中
必ず返信しますので気軽にどうぞ!)

 

まずお客様というのは

ひょんな事で
来店しなくなるもの

という

 

認識を持たなければ
なりません。

 

じゃあそういった
失客を食い止めるには、
どうすればいいのか?

 

それは

「お客様のファン化」

です。

 

あなたや、あなたの店の
ファンになってもらうこと。

 

それはどうすればできるのか?

「交流を増やすこと」

です。

 

オンラインでも
オフラインでも
交流を増やすこと。

 

結局、ファンになってもらうには

「人間力=人柄」

なんです。

 

スキルや商品じゃない
んです。

 

あなたやスタッフの

「人間力=人柄」

を知ってもらうこと。

 

そのためには、ある意味

お客様との
交流を増やせばいいだけ

なんです。

 

分かりますかね?

 

アウトドアブランドの
スノーピークや
ノースフェイスも

 

イベントを開き
頻繁にお客様と交流
しています。

 

芸能人だってそうですよね?

 

テレビや雑誌に
出演するだけでなく

 

ディナーショーなどの
ファンとの交流イベント
を開催しています。

 

そうやって

自分のお客様を失わないよう
ファン化に努めている

わけです。

 

また、質問者のように
突然、お客様が激減した場合も

 

もう一度

「交流の機会を作る」

ことが必要です。

 

じゃあ

「どうやって
交流の機会を作れば
いいのか?」

について

 

今日のPodcastで
解説しました。

 

・お客様が激減してしまった
・既存客を減らしたくない
・口コミ、紹介客を増やしたい

 

そんな人は今日のPodcast

【第93回 既存客が半減!?
休業中の客を呼び戻す
正しいアプローチと対策方法】

を聴いて

 

参考にしてくださいね!

 

iPhoneユーザーはこちらから

 

iPhoneじゃない方は、
こちらから聴いてください。

 

でわ。

 

仁藤

相談

yohe-blog-footer10

fb

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

ABOUTこの記事をかいた人

【仁藤洋平プロフィール】 1983年11月1日生まれ 埼玉県川口市出身 都内4店舗の代表。繁盛店請負人。 【店舗経営者として】理容師になり5年目に、突然月商105万円の赤字店を任され、その後わずか2年で新規客数を40倍以上に増やし繁盛店に生まれ変わらせ、その後続々と新店舗を出店中。2015年4月に杉並区高円寺に出店した「Chill Chair」はオープン初月で256人の新規客を集めた。たった5席の店に新規客が毎月200人、リピート含め1000人が訪れるなどその実力は業界内外共に高い評価を受け、雑誌掲載や講演会の依頼など多数。 【コンサルタントとして】 現在では、他店舗・他業種のコンサルティングに力を入れており、クライアントは飲食店、 整体院、歯科医院、旅館、ホテル、温泉宿、マッサージ店、スポーツジム、美容室、ネット 通販、不動産、テニススクール、パン屋など様々。 たった60日で新規客数が3倍になった店、4ヶ月間で売上が260%アップした店など、あらゆ るもれなく繁盛させてきた成功事例多数。 「多くのコンサルタントは集客、リピート、客単価、SEOなど小手先の手法しか伝えることはで きません。ですが、そもそも魅力が無い店、そもそもつまらない店がどれだけ小細工をしたと ころで繁盛することはできません。これからの時代は独自のウリを最大限に押し出す必要があ る」と語り、店舗の根本的な部分から生まれ変わらせる経営支援に力を入れている。 【著者として】 2015年8月に出版した著書「小さな床屋繁盛の法則」は芥川賞の「火花」を抜き、Amazon 総合ランキング1位となった。「こんなにもノウハウを大胆に公開していいのでしょうか?」 「床屋以外のあらゆる実店舗にも使える繁盛方法だ」「全ての経営者に読んでほしい」など レビュー欄には著書を絶賛する声が多数寄せられている。